今日からできる!あごニキビの治し方

   

あごニキビ治し方

あなたは、あごニキビができてしまい、仕事や恋愛に自信が持てないでいるのではないでしょうか?

「ニキビは時間が経てば治るよ」と言われていますが、当の本人としては1日でも早く、あごニキビを治したいですよね。

そこで今回は、今日から始めてすぐにあごニキビを治す方法を紹介していきます。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

なぜ、あごニキビができてしまうのか?

あごニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れだと言われています。ホルモンバランスが乱れることで、ニキビの原因となる「皮脂」や「アクネ菌」が増大して、それらがニキビになるリスクを増やしているのです。

では、なぜホルモンバランスが乱れてしまうのかと言うと、生活習慣が乱れてしまっているからです。

私たちの体に存在するホルモンは、本当に繊細なものなので、少しだけでも刺激を受けてしまうと、すぐに過剰に反応してしまいます。なので、ホルモンバランスは、生活習慣が乱れただけでもすぐに乱れてしまうのです。

あごニキビを治すには生活習慣の見直しを

以上の説明から分かるように、あごニキビを治すためには、生活習慣の改善が効果的です。

生活習慣の改善法は色々ありますが、あごニキビの治療に特化するのであれば、以下の3つを実践すれば良いでしょう

  • 普段の食事で野菜を意識して食べる
  • 睡眠時間を1時間長く取る
  • 運動を少しずつやっていく

以下は、詳しく説明していきましょう。

普段の食事から野菜を意識して食べよう

私たちの体は、普段の食事でとられる栄養素によって作られていると言っても過言ではありません。そのため、バランスの悪い食事を取っていると、それが、もろに体に影響してきます。

現代人は野菜が不足していると言われているので、これからの食事は、今までの食事+野菜を食べるようにしましょう。

厚生労働省が定めている1日の摂取量目安は、350グラムです。にんじん1個が120g、玉ねぎ1玉が120g、キャベツ1/4玉が200gだと考えれば、無理な数字ではないでしょう。

睡眠時間を1時間増やそう

ニキビになる人の特徴として多く挙げられるのが、睡眠時間の短さです。体や肌の調子を整えるためには、最低6時間の睡眠が必要だと言われており、それより少ないと、ホルモンバランスは崩れやすくなります。

あごニキビを治すための理想の睡眠時間は7時間で、夜10時~2時の時間帯は必ず寝る事ですが、睡眠時間を1時間増やすだけでも全然違います。

運動を定期的に行おう

運動には、ストレスを発散させたり、肌のターンオーバーを促進したりと、あごニキビの治療に大いに貢献してくれます。

だいたい1日の合計の運動時間が20~30分以上になると、以上の効果が期待できるでしょう。

20分の運動時間を確保するためにも、近くのコンビニや駅には歩いていく、テレビを見ながら腹筋やスクワットなど、自分なりにスキマ時間を見つけて運動をしていく必要があります。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

この記事と関連がある記事

スポンサーリンク