ニキビや美肌に効くおすすめのビタミンC誘導体化粧水を紹介する

   

AI_IMG_7694500

「ビタミンC誘導体は、ニキビに効果的」と言うのは、もはやニキビ界の常識となっていますが、実際にどのビタミンC誘導体の化粧水を選べばよいのか、分からない人も多いでしょう。

そこで今回は、ニキビケアに効果的で、美肌にも良い影響を与える、ビタミンC誘導体化粧水を選ぶコツとおすすめの化粧水を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

ビタミンC誘導体のニキビ・美肌効果とは

まずは、ビタミンC誘導体化粧水に関しての基本をおさらいします。

なぜ、ビタミンC誘導体の化粧水が、ニキビや美肌に効果があるのかと言うと、以下の3つの効果を満たしているからです。

  • 皮脂の量を抑える
  • 炎症(ニキビ)を抑える
  • メラニンを除去する

参考記事:「美白成分の効果と特徴(3)ビタミンC誘導体|スキンケア大学

ニキビは、皮脂が毛穴に詰まって毛穴が炎症を起こすことが原因とされているので、皮脂の量を少なくすることで、ニキビを根本的な原因から治すことができます。

どんなビタミンC誘導体化粧水が優秀なのか

「ビタミンC誘導体が、ニキビケアや美容に効果がある」と世間に認知され始めてから、数多くの化粧水が発売されてきました。

確かにビタミンC誘導体自体は、優秀な成分なのですが、化粧水にどの成分がどのくらい含まれているかによって、ビタミンC誘導体のニキビ・美容効果は違ってきます

では、どのようなビタミンC誘導体化粧水が、一番効果が出やすいのかと言うと、以下の2つのポイントを抑えた化粧水です。

  • ビタミンC誘導体の配合率が3~4%
  • 保湿成分が含まれている

以下は、詳しく説明していきます。

ビタミンC誘導体の配合率が3~4%

ビタミンC誘導体が効果を発揮するために、理想の配合率は、3~4%とされています。

もっと多くのビタミンCが含まれていた方が、より効果を発揮しそうですが、5%以上になると、肌への刺激が強くなるので、乾燥肌や肌荒れの原因となり、逆効果になりやすいです。

逆に3%より少ないと、ビタミンC誘導体の効果が薄れて、ニキビ・美肌効果をあまり実感できなくなります。

保湿成分が含まれている

ビタミンC誘導体は、皮脂の量を少なくしてニキビを根本から治す働きがありますが、逆に皮脂の量が少なくなりすぎて、肌の保湿ができなくなるデメリットがあります。

肌が十分に保湿できていないと、紫外線を直に受けることとなって、シミやしわの原因になりますし、皮脂の不足を補うために、体が無理やり皮脂を多く出そうとして、余計にニキビが悪化したりします。

そのビタミンC誘導体の欠点を補うためにも、ヒアルロン酸アミノ酸などの保湿成分がたっぷりと含まれている化粧水を使う必要があるのです。

 おすすめのビタミンC誘導体化粧水とは

上記の2つのポイントを抑えているビタミンC誘導体は、「【VCシリーズ】VCスターターセット」という化粧水です。これまで数多くの雑誌にも掲載されて、その効果は実証されています。

ビタミンC誘導体の配合率は3%で、ヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分も、きちんと含まれています。

ニキビの治療が遅れると、その分だけ治った時にニキビ跡が残るリスクが増えていきます。なので、早めに自分に合ったビタミンC誘導体化粧水を、見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク