オートムーゲの効果を120%引き出す使い方

   

オートムーゲ 使い方

オートムーゲとは、元々は消毒液として使われているものですが、実はニキビ治療にも効果があることが分かって、注目を浴びている化粧水です。

今回は、そんなオートムーゲを120%使いこなす方法を紹介していきます。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

オートムーゲにニキビ効果がある理由

オートムーゲの使い方の説明の前に、なぜ、オートムーゲがニキビに効果があるのかを説明していきます。

オートムーゲは、無着色で弱酸性の肌に優しい成分を使っており、その代表的な3つの成分が、ニキビ治療に効果を発揮しています。

  • イソプロビルメチルフェノール→消毒・殺菌・抗酸化の効果アリ。
  • エタノール→消毒液には欠かせない成分。かなり有名。
  • グリセリン→保湿効果があり、多くの化粧水に含まれている。

ニキビの原因の1つとして考えられるのが、「アクネ菌」と呼ばれる細菌は、皮膚に付着することなので、消毒・殺菌効果が強く、保湿で肌をバリアする効果もあるオートムーゲは、優秀なニキビ化粧水と言えるでしょう。

オートムーゲは拭き取り化粧水として使おう

 以上の効果を最大限に活かすためにも、オートムーゲは拭き取り化粧水として使っていきましょう。

これは、オートムーゲの製作会社でもある「六陽製薬」さんも推奨している使い方でもあります。

1.まずは丁寧に洗顔をしていく

いくらニキビに効果のあるオートムーゲを使っても、皮膚に油や汚れが付いている状態で使っては、効果が半減してしまいます。化粧水を使う前には、必ず洗顔をするように心がけましょう。

洗顔のポイントは、洗顔料を優しく顔に付けることと、ぬるま湯(32度~36度)を使うことです。熱いお湯でゴシゴシと洗った方が汚れが落ちるように感じますが、それは逆効果となるので、必ずぬるま湯を使って優しい手つきで洗顔をします。

洗い終わった後は、清潔なタオルで顔を拭いて、化粧水を使う前の準備は完了です。

2.コットンを必ず使おう

オートムーゲは手で塗る事も可能ですが、効果を最大限に高めるためにはコットンを使いましょう。コットンは、人間の手のようにデコボコしていないので、肌のどの部分にも均等に化粧水を付けることができるのです。

コットンに付けるオートムーゲの量は、コットンがべちょべちょになるぐらいが望ましいです。「もったいない!」と思うかもしれませんが、最大限の効果を得るためには少ない投資です。

3.優しく拭き取ろう

コットンで肌を拭き取る時は、優しく赤ちゃんに触れるように拭き取りましょう。なぜなら、コットンは化学繊維でもあるので、あまり乱暴に使っていては肌への負担が大きくなるからです。

「優しすぎたら、オートムーゲの効果が発揮できないのでは?」と思うかもしれませんが、コットンが少し肌に触れるだけでも、十分な効果を発揮します。

4.保湿化粧水を使って仕上げよう

オートムーゲは、あくまでも、肌の細菌を除去してニキビの治療や予防をするための化粧水です。なので、保湿成分は、微々たる量しか含まれていません。

このままだと、肌は外からの攻撃(紫外線やウイルス)に非常に弱いので、保湿化粧水を最後に塗りましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

この記事と関連がある記事

スポンサーリンク