3DS「ぷよぷよテトリス」の評価・レビューを書いていく

   

ぷよぷよテトリス

子供の頃を思い出して、3DSの「ぷよぷよテトリス」と言うゲームを買いましたので、早速レビューをしていきます。

ボク自身は、断然「ぷよぷよ派」(しかもスーファミ)だったのですが、何だか今作は「ぷよぷよとテトリスが合体したよ」と言うことだったので、急にガキの頃を思い出しやってみました。

スポンサーリンク

ぷよぷよとテトリスが手を組んで色々なことができた作品

puyoteto

今までのぷよぷよをググっていくと、対戦ゲームやストーリーモードがあったりと、シリーズが進むにつれて若干の変更点とかがあるものの、「マンネリ化してんだなー」と言う印象がありました。

しかし、今回はあのテトリスとのコラボと言うことで、今まででの「ぷよぷよ」では「できなかったことが、できちゃった」と言う感じがしました。

具体的には、ゲーム上のルールは、ぷよ&テトの融合ならではのルールが追加されています。

VS

定番中の定番ですが、今作では「ぷよぷよVSテトリス」とかぷよぷよ同士、テトリス同士の対戦ができます。

ごちゃ混ぜにしたら、ただのカオスゲーになりそうな予感もしますが、意外とゲームバランスは保たれています。

ぷよテトミックス

まさに初見殺し

名前の通り、ぷよぷよとテトリスが1つの画面に同時に降ってきて、しかも「ぷよは、ぷよぷよのルールでしか消せないで、テトリミノは、テトリスのルールでしか消せない」と言う鬼畜ルールです。

つまり、テトリス上のルールでは、1列にブロックが並べばその1列は消せますが、その1列にぷよが混じっていたら消せない、と言う感じです。

両方降ってくるので惑わされがちですが、テトリミノはぷよの存在を無視して配置することが出来ます。十字キーの上ボタンを押して、ぷよの上から勢い良く踏んづけるように置くと、潰されたぷよが上から降ってくる、と言うシステムになっているので、このシステムを上手く利用する必要が出てきますね。

最初の頃はCOM相手に即死していましたが、何回も練習を積んでいくと上達していくのは、今までのぷよぷよシリーズ&テトリスシリーズと同じです。

スワップ

時間が経つと、ぷよぷよとテトリスを入れ替えるよ、と言うルールです。

ぷよぷよとテトリスを一定時間ごとに交互にプレイするルールの性質上、得意な方で一気に相手を倒しにかかろうとして、時間が足りなくて逆にもう片方でやられてしまったりと、なかなかスリルを味わえます。

とは言っても、ボクは断然ぷよぷよ派なので、気付いたらこのルールで遊んでいなかったです。

他にも「ビックバン」や「パーティー」と言うルールがありますが、基本的には上で紹介した3つで遊んでいる感じです。

どの機種で買えば良いの?

今作は、WiiU、3DS、PS4、Vitaで発売されていますが、基本的にはどれも同じだし、自分の持っている機種のソフトを買えば良いです。

ただし、「オンラインでライバルを倒すぜ!」と言う人は、競技人口が多い3DS、WiiUを選ぶのがベストです。特に、3DSプレイヤーが最も多く、夜の8時とかプレイしていても対戦相手に困りません。(昼は知りません)

上の動画は、全国1位と4位の人との対戦のようです。ここまで上手いと、ただの「ぴーぴー動画」になってますが、ボクを含めた凡人の競技人口が圧倒的に多いので、楽しめますよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク