審査が甘い・通りやすいクレジットカードを選ぶ時に知っておいてほしいこと

   

審査が甘い クレジットカード
By: Sean MacEntee

 クレジットカードを手に入れて、毎日のお買い物をもっと便利にしたいけど、なかなか審査に通らない。このような悩みを抱えている人も、多いのではないでしょうか?

実は、審査に通りやすいカードというものは、これまで多く発行されており、今では誰でもクレジットカードが持てる時代になった、と言っても過言ではありません。

結論から先に言うと、その審査に通りやすいカードの中でも、一番おすすめなのが「楽天カード 」です。以下は、詳しく検証していきます。

スポンサーリンク

 なぜ楽天カードが一番良いのか

審査が通りやすいと評判のカードは、他にも「セブンカード」や「イオンカード」「ファミマTカード」等がありますが、それらよりも「楽天カード」の方が良い理由は、以下の3つです。

  • ポイントの還元率が1%と高い
  • 入会費・年会費は無料。手数料も実質無料
  • ポイントはどこの店でも使える

以下は、詳しく解説していきます。

1.ポイントの還元率が1%と高い

クレジットカードを使うメリットとして挙げられるのが、買い物をする度にポイントが付くことなんですが、上で挙げた3枚のカードの還元率は、どれも0.5%(200円の買い物ごとに1P)です。

 しかし、楽天カードは、還元率は1%(100円につき1P)と他カードよりも、2倍お得なのです。

たった0.5%の違いですが、カードを使い続けると、その差はより顕著に出てきます。他カードが5000P(5000円分)貯まる頃には、楽天カードは1万P(1万円分)貯まるわけです。

さらに、楽天のサービス(楽天市場)で買い物をすれば、ポイントは2倍になります。

2.入会費・年会費は無料。手数料は実質無料

楽天カードは、入会費・年会費はもちろん無料です。無料と思わせて、あとでオプション料を払う、とかはありません。

また、手数料も1、2回払いまでなら無料です。3回以上の分割払いやリボ払いであれば、手数料がかかりますが、要は1,2回払いで済む買い物だけを、クレジットカードで済ませれば、余計なお金はかかりません

他の「ファミマT」や「セブンカード」等では、支払いはリボ払いのみになっているので、手数料は必ずかかります。

3.ポイントはどこのお店でも使える

クレジットカードで貯めたポイントは、実際に使わないと何の役にも立ちません。つまり、カード選びで重要なのは、貯めたポイントを何に使えるか、です。

例えば、イオンカードならイオンだけで、ファミマTカードならファミマだけでと言う風に、ポイントが使える店舗が、そのカード会社のグループ店舗だけというのが、珍しくありません。

しかし、楽天カードでは、貯めたポイントを1P=1円として、楽天Edy(電子マネー)に換金できます。

電子マネーとは、スマホやクレジットカードに付いている機能で、スマホやカードにお金が入っている、という感覚だと思って下さい。

この電子マネーは、全国のほぼすべての店舗、サービスで使うことができます。(コンビニ全般、Amazon、マクドナルド等、挙げたらキリがない)

どの種類の楽天カードが良いか

一口に楽天カードと言っても、色々な種類があります。下の画像は、楽天のクレジットカードの一覧です。

rakutensurui-min
参照URL:http://www.rakuten-bank.co.jp/card/comparison.html

全部で5種類ありますが、一番使いやすいのが、通常の「楽天カード 」です。と言うより、他の種類のカードを使っている人は、ほとんどいません。(年会費かかるし)

還元率はたった1%ですが、馬鹿にはできません。月に3万の買い物をすれば、月300P貯まり、1年で3600P貯まります。

あなたがやることは、お金の代わりにカードを使うだけ。それだけで、1年に1度、4人家族とタダで外食できると考えれば、結構お得なカードなのです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク