センター化学でおすすめの問題集&参考書5選

   

センター化学 問題集

センター化学の参考書や問題集は、たくさん出版されているから、どの問題集を買ったら良いか分からない。

そんな悩みを抱える受験生は、かなり多いです。

そこで今回は、ボクが受験生時代と家庭教師のバイトで、科学の成績を上げるのに貢献したセンター化学の問題集を紹介していきます。見やすく、化学基礎だけの人向けと「化学」を受験する人向けに分けました。

では、早速いきましょう。

スポンサーリンク

化学基礎だけの受験で7割を目指す人向けの参考書

センター出た順ヒキョーな化学

タイトルの通り「ヒキョー」とまではいきませんが、センター化学で出題されやすい項目に絞っていますので、これさえやっておけば7割はいきます。

しかし、この参考書だけ使うというのは危険なので、薄いもので良いので、他の基礎的な内容を扱っている参考書と併用することで、この「センター試験でた順ヒキョーな化学」は威力を発揮します。

岡本富夫の化学基礎 (センターはこれだけ!)

センター化学基礎を受験する人向けの問題集。問題数は約120問あり、化学が苦手な人でも取り組むことができるぐらいの、基礎問題を多く掲載しています。

上の「ヒキョーな化学」と併用することで、さらに勉強効果を高めることができるでしょう。センター化学基礎で、どうしても8割欲しいと言う人向けの問題集と言えます。

理系での受験という人向け参考書

センター試験 化学の点数が面白いほど取れる本

もはや、センター化学の参考書ではド定番のものですね。理系の人は、この参考書を最初に取り組むことをオススメします。

「面白いほど~」シリーズの良い所は、知識項目が非常によくまとめられている所です。特に、無機や有機分野は、旧帝大2次でも合格点を取れるほど、非常によくまとまっています。

この参考書の唯一の欠点は、演習問題が少なすぎることなので、本書を終えた後は、他の基礎問題集で経験を積んでいくことで9割を狙えます。

らくらくマスター化学基礎・化学

基礎的な内容を扱っており、センター化学を突破するには十分な実力をつけることができます。

使い方は、最初は自力で解いていき、分からない部分は解説と上の「面白いほど~」で理解をしていき、復習を毎日やっていくことで、実力はメキメキと付けていく事ができます。

センターだけでなく、地方国公立(偏差値50~53)の2次試験でも十分対応できるので、2次の勉強の橋掛けにも良いです。

化学基礎問題精講

上の「らくらくマスター」と同レベルの問題集です。この2冊の内、自分に合ったものを1冊仕上げると良いです。

2次にも化学を受験する人向け

2次にも化学を受験する人は、センターに特化した勉強をしてはいけません。なぜなら、2次の方がセンターよりも難しいので、センターの対策をした所で、肝心の2次の問題が解けるとは限らないからです。

なので、2次試験も受験する人は、必ず2次対策向けの問題集や参考書を使うようにして下さい。

もし、2次対策で、どの参考書を使ったら良いのか分からないのであれば、「化学勉強法|偏差値60の壁を突破する方法」の記事を参考にして下さい。

効率よく成績を上げるために

大学受験で効率よく成績を上げるためには、一流講師の授業を受けるのが最も確実な方法です。なぜなら、受験に必要な知識や理解・テクニックを分かりやすく解説してくれるので、最短で成績アップに必要な情報が手に入るからです。

そこで、おすすめしたいのが「スタディサプリ」。以下の記事でスタディサプリのメリット・デメリットを書いているので、参考にしてください。

>>スタディサプリの評判|実際に使って感じた3つのメリット・デメリット

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

この記事と関連がある記事

スポンサーリンク