効果絶大!思春期ニキビを1ヶ月で治す治し方

   

思春期ニキビ 治し方

あなたは、思春期ニキビのせいで恋愛や部活、勉強が台無しになってしまうのを恐れているのではないでしょうか?

せっかくの思春期という人生でも大事な時期ですから、色々なことを全力でやっていきたいですよね。

そこで今回は、思春期ニキビを1ヶ月で治す治し方を紹介していきます。どの方法も、特別な道具などが全くいらなく、今すぐに実践できるので、ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

なぜ思春期ニキビになってしまうのか

思春期ニキビに限らず、ニキビ全般の原因は、「皮脂」と呼ばれる顔の油が、毛穴に詰まることで毛穴が炎症を起こす事だと言われています。

また、思春期の時期には、「成長ホルモン」が活発に分泌される時期ですよね。しかし、この成長ホルモンは、ボクたちの心身を成長させるだけでなく、ニキビの原因となる「皮脂」までも増やすものなのです。

皮脂が増えれば、その分だけ毛穴に詰まるリスクも高まっていきます。つまり、ニキビになる確率がかなり高くなると言うわけです。

思春期ニキビを治すためには

ここまでの説明から分かるように、思春期ニキビを治すためには、「皮脂」の量を減らせば良いと言うわけです。皮脂を減らせば、毛穴に詰まることもなくなります。

そして、皮脂の量を健康的に減らしていくためには、「ターンオーバー」を促進していく必要があります。

ターンオーバーとは、肌の細胞が分裂したり新しく作られることで、肌が新しく生まれ変わることを言います。つまり、ターン―オーバーをすることで、ニキビのある肌からニキビがない肌へ生まれ変わらせることが可能なのです。

ターンオーバーは、28~56日に1回起こると言われており、ターンオーバーが1回起きるのに必要な日数の間隔を狭くしていけば、思春期ニキビも治っていきます。

そして、ターンオーバーを促進していくためには、以下の4つの方法を実践していきましょう。

  • 野菜を意識して食べるようにする
  • 正しい洗顔法を身に付ける
  • お菓子を食べないようにする
  • 睡眠時間を確保する

以下は、それぞれの治し方を詳しく見ていきます。

野菜を意識して食べるようにする

野菜を食べることによって、野菜に含まれているビタミン類が、ターン―オーバーを助ける働きをしてくれるのです。

例えば、ピーマンやブロッコリーに含まれるビタミンBは、体内でコラーゲンを作りターンオーバーをスムーズに行えるようにします。

他にも、ニンジンや小松菜のビタミンAは、肌に残っている古くなった角質を取り除き、ターンオーバーの効果をさらに高める働きがあります。

正しい洗顔法を身に付ける

正しい洗顔を行うことによって、肌に不要な成分を取り除くと共に、皮脂の量も調整できるようになります。

洗顔のコツとしては、

  • ぬるま湯(32度程度)で洗う
  • ゴシゴシ洗いすぎない
  • 朝と夜に1回ずつ行う

これらのことを意識すると良いでしょう。

お菓子を食べすぎない

お菓子には、炭水化物が多く含まれていて、この炭水化物がニキビの原因となります。

炭水化物を摂取すると、体内でグルコースと呼ばれる糖類に変わり、血液中に流れていきます。しかし、体内の糖類が一定量を超えてしまうと、体が糖類を「皮脂」と言う形で外に出すようになるので、結果的にニキビになりやすくなるのです。

1日にお菓子を1口や2口食べるのは、全然問題ありませんが、1袋丸ごと食べるのが良くないのです。お菓子を食べる際は、自分の体と相談するのが重要です。

睡眠時間を確保する

ターンオーバーは、私たちが寝ている時に一番活発に起きています。そのため、睡眠時間を多く取るのは、その分だけターンオーバーも多くなっています。

理想としては、1日7時間の睡眠をすることと、夜10時~2時の時間帯には寝ていることです。10時~2時の間が、一番ターンオーバーが活発な時間帯だと言われています。

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

この記事と関連がある記事

スポンサーリンク