STINGER5のファビコンを削除・変更する方法

   

stinger5 ファビコン 削除By: Ervins Strauhmanis

STINGER5は、SEOにも強く初期デザインもカッコいいテンプレートなのですが、ファビコンのデフォルト感がハンパではない、と言う唯一の欠点があります。

そこで今回は、STINGER5のファビコンをプラグインなしで簡単に削除・変更する方法を紹介していきます。

ぜひ、今後のカスタマイズの参考にして下さい。

スポンサーリンク

ファビコンを削除する方法

まずは、「外観」→「テーマの編集」から、header.php(ヘッダー)の編集画面に行きます。

stinger-faviko2

header.phpの編集画面を開いた後に、46行目あたりにファビコンを挿入するコードがあるので、そこを削除すれば、デフォルトのファビコンは消えます。意外と楽勝ですね。

stinger-faviko3

ファビコンを変更する方法

ファビコンを変更したい場合は、最初は自前のファビコンを作りましょう。

1.オリジナルファビコンを作る

まずは、自前のファビコンを用意しましょう。GIMPやPhotoshopなどのソフトで作るのが理想ですが、Favicon Generatorと言うWEBサービスで作ると、簡単にオリジナルファビコンが作れます。

favigene

使い方は簡単で、まずは「Clear All」で下地を真っ白にした後に、好きな色をクリックしてファビコンを作るだけです。その後は「Make Favicon!」をクリックします。

favigene3

そしたら、こんな緑色の画面が出てくるので、この上で右クリックを押して「名前を付けて保存」をします。これで、オリジナルのファビコンの完成です。

2.ファビコンをSTINGERに設置

ファビコンを設置する場合は、「メディア」→「新規追加」をクリックします。その後、「ファイルを選択」から自作ファビコンをアップロードします。

favigene4

そして今度は、「メディア」→「ライブラリ」から先ほどアップロードしたファビコンをクリックして、ファビコンのURLをコピーしておきましょう。このURLは、後で使います。

stinger-faviko4

今度は、「外観」→「テーマの編集」から、header.php(ヘッダー)の編集画面に行きます。

stinger-faviko2

そしたら46行目あたりに、

<link rel="shortcut icon" href="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/logo.ico" />

と言うコードがあるので、このコードの<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/logo.icoの部分を、先ほどコピーした自作ファビコンのURLに変更しましょう。

<link rel="shortcut icon" href="自作ファビコンのURL" />

 これでファビコンが、オリジナルファビコンに変更されています。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク