将棋の攻め方|初心者がクラスや職場で一番強くなる攻め方

   

将棋 初心者 攻め方

 どうすれば、将棋で上手く攻めて、相手を倒すことができるのか?

華麗な攻めを魅せて、学校や職場の友達をアッと驚かせてみたい。

そのように思っていても、実際にどのように将棋の攻め方を覚えていけば良いのか、分からないのではないでしょうか?

そこで今回は、初心者が今すぐにでも使える将棋の攻め方、攻めて攻めて攻めまくる戦法を紹介したいと思います。

将棋の専門知識などが一切ない人でも分かりやすく説明しているので、ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

おすすめの攻め方は「棒銀戦法」

将棋の攻め方の中で、一番覚えるのが簡単で、しかも攻撃力があるのは「棒銀戦法(ぼうぎん‐せんぽう)」と呼ばれるものです。

棒銀戦法には、初心者が知っておきたい攻めのテクニックや、スマートな勝ち方、将棋の魅力が多く詰まった戦法でもあります。

以下は、具体的にどのようにして、棒銀戦法を指していけば良いのかを、対戦相手が初心者という設定で紹介していきましょう。

棒銀戦法の使い方:VS初心者の時

将棋は、対戦が始まった時は、自分と相手の駒の枚数は同じで、駒の配置も全く同じであるゲームなので、いかに自分の駒を上手く使うかが勝敗のカギを握ります。

特に初心者の頃は、最強の駒である「飛車」を上手く使いこなせるかどうかで勝負が決まります。なので、「飛車」と「銀」で攻めまくる棒銀戦法は、初心者にうってつけの攻め方と言えるでしょう。

また、今回の解説では棒銀の基礎中の基礎を解説していますが、専門知識なしで読めるので安心してください。

最初は飛車の前にある「歩」を動かそう

「飛車」を有効活用するためには、飛車の前にある「歩」が邪魔になりますよね。と言うわけで、最初は飛車の前の「歩」を前進させます。

bougin1

上図の様に、飛車の前の歩をどんどん突いていきます。そこで相手は、守りの体勢を整えるために、角の近くに金を寄らせてきたとしましょう。

とにかく歩を突いて飛車の活用を図ろう

bougin2

相手が金で守ろうとしてきたとしても、構わず歩を突いていきます。

次のこちらの狙いは、歩を成らせて「と金」を作ることです。ただの「歩」が金と同じ能力を持つようになるので、それだけで優勢になります。

なので、相手は、こちらが突いた歩を、逆に歩を突き返してきて、こちらの歩を取ってしまいますが、飛車で相手の歩を取ります。

そして、下の図のようになります。

bougin3

もし、相手が何もしてこなければ、図のように相手の角の頭に歩を打つことで有利になります。

次に歩で角を取ることができますし、もし、相手がこちらが打った歩を金で取ってきたら、逆に飛車で相手の金を取りつつ、飛車が相手陣地に成ることができます。

このように、歩を犠牲にして相手の金や銀、角などの強い駒を取るテクニックは、大いに使えるので、ぜひ覚えてほしいです。

bougin4

角の頭に歩を打たれては不味いので、相手は角の頭に歩を打って、守りを固めてきますが、ここは無理に攻めずに、大人しく飛車を引いて、次の攻撃の準備に入ります。

銀を攻めに参加させよう

bougin5

図の様に、銀を飛車の前にどんどん進めさせて、銀を攻めに参加させるようにしましょう

もし、相手もこちらと同じように、飛車の前の歩を突いてきた時には、一旦攻めを中断して、金で角の頭を守るようにします。

bougin6

そして、相手の攻撃をきちんと守った後は、上図のように、銀の前に先ほど取った歩を打ちこみます。そうすると、相手はこの歩を取るしかないですが、それを銀で取り返します。

bougin7

相手は、こちらの銀を追い返すために、また角の頭に歩を打ってきますが、今度は銀で相手が打った歩を取っても大丈夫です。

もし、相手から金でこちらの銀を取られても、飛車で金を取り返えしつつ、飛車を成ることができます

bougin8

ここまで進むと、上図のようになります。後は、竜で相手の角や桂馬、香車を取ってもいいですし、金で王手して、相手の王様を追いかけ回すのもありです。

ここまで出来ると、かなりの差を付けることができます。

棒銀の要点・まとめ

棒銀戦法の流れとしては、

  1. 飛車の前にある歩を前進させて
  2. 飛車を一旦引いて
  3. 銀を前に出して、飛車と銀と歩で攻める

これだけで、初心者同士の対戦では面白いように勝てるようになるでしょう。

ただし、これは初心者同士での話であって、将棋ウォーズや将棋倶楽部24等のネット対局では、相手の方も単純な棒銀の攻めは知っているので、通用しません。
もっと、相手が守りにくい攻め方を工夫する必要があります

では、具体的にどうすれば棒銀の攻撃に磨きがかかるかと言うと、色々な将棋の本を読むことですね。
本を読むことで「相手がこう指したら、こうやるのが良い」みたいなのが体系的に身に付きますし、上達のスピードも数倍違ってきます

実際に、ボクも以下の本を読むことで、3ヶ月で全くの初心者から将棋ウォーズ4級まで上がることができました。

もし、あなたが本当に将棋が強くなりたければ、少しの勉強代は惜しまずに、いかに効率よく上達できるかを考えたほうが良いですよ。

効率よく将棋を上達したい人へ

あなたは、少しでも早く効率よく将棋が上達したい、と思っていませんか?

そんな人は、将棋の本を読むことをオススメします。 なぜなら、将棋は理論的な競技なので、ネットの断片的な知識よりも本で体系的に学んだ方が上達のスピードが速いからです。

詳しい本の紹介は以下の記事に書いているので、参考にしてください。

>>将棋初心者は読んでおきたいおすすめの本10選

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク