就活腕時計|就活に使える時計のたった2つの選び方

   

就活 時計

あなたは、就活の時にどのような時計を身に付けたら良いのか、悩んでいるのではないでしょうか?

就活は、人生に一度きりのビッグイベントですから、少しのミスも犯さずに成功を収めたいはずです。これは、時計に関しても例外ではありません。

そこで今回は、就活に使える、絶対にマイナス評価にならない就活時計とはどんなものかを説明していきます。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

就活に使える時計の特徴とは

就活に使える時計の特徴は、以下の2つの点を抑えておけば十分です。

  • 質素でスーツに合う時計
  • 3万円以下の時計

では、なぜこの2点が就活時計において、重要になるのかを詳しく説明していきましょう。

質素でスーツに合う時計

就活に使う時計は、必ず質素でスーツに合う時計を選びましょう。なぜなら、もし、色が目立つ時計やファッション的な傾向が強い時計を着けると、スーツと合わないし、面接官に非常識だと思われるからです。

質素な時計とは、男性であれば「ベルトはシルバーのステンレス、文字盤は青、黒、白」で、女性であれば、「ベルトはシルバーのステンレス、文字盤は白、黒、薄いピンク」であれば大丈夫です。

具体的に例を挙げると、男性であれば上の写真、女性であれば下の写真のような時計であれば、就活で存分に活躍してくれます。


3万円以下の時計

就活の時には、3万円以下の時計を選ぶようにしましょう。なぜなら、高価な時計を着けて面接をすると、「新人のくせに高価な物を着けてる=目上の人への敬意がない=非常識」と解釈されてしまうからです。

仮に就職したとしても、新人が高価な物を着けていては、先輩とも関わりにくくなりますし、マイナス評価に繋がりやすいです。

しかし、逆に、千円ぐらいの安い時計を身に付けていても、就活においてマイナスになることは、まずあり得ません。なぜなら、面接官たちも、大学生はお金がないことを知っているし、そもそも、大学生にそこまで求めていないからです。

ネットでも、「就活は、安い時計で十分だ」という声が多く、知恵袋でも多くの方が、声を大にして言っています。

上記の2つのポイントを満たした就活用の時計とは?

以上の2つの事から、以下の2つの時計が就活で活躍してくれる、と言うことになります。(上が男性、下が女性)

先ほども言ったように、就活で値段の安い腕時計をしたからと言って、マイナス評価になることはありません。それに、上の2つは安い割には高級感もあるので、デザイン面でも不満はないでしょう。

就活で失敗したくなければソーラー電波時計がおすすめ

上の腕時計でも十分ですが、もし、就活で後悔を残したくないのであれば、ソーラー電波の時計をすると、さらに良いです。

就活において、時計と言うのは、ただの飾りとしてだけではなく、時計の機能としての役割も担ってくれるケースが多いです。なぜなら、就職説明会や面接などでは、1分単位でスケジュール管理をする、と言う事がよくあるからです。

例えば、もし、ソーラー電波時計ではなく、普通の時計を身に付けていたとしましょう。普通の時計だと、「あと10分までに面接会場につけば良いから間に合う」と思ったら、実は時計が10分ズレていたと言う事も起こりえます。

「スマホの時間を見れば良いじゃん」と思うかもしれませんが、面接当日は意外と緊張してしまうので、普段は何も考えずにやれる事が、できないと言う事も起こりうるのです。

実際に、腕時計の針がズレていたせいで、面接に落ちてしまったと言う人は、ボクの周りでもいました。そうならないためにも、時間管理に少しでも不安のある人はソーラー電波にするのが良いです。

例えば、下の様な時計だと、値段も3万円を切っており、デザインも良いのでオススメです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こちらの記事もおすすめ!