宅浪ならやっておきたいバイト3選

   

宅浪バイト

宅浪は、膨大にフリーな時間があるので、上手く時間を使えば、勉強とバイトを両立させることができます。

そこで今回は、宅浪の人にオススメしたいバイトを3つ選んで紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

宅浪でバイトをするメリット

「受験生だから勉強に集中したい」という意見もありますが、宅浪でバイトをすることで、以下のメリットを得られます。

  • お金が貯まり、将来に役立つ
  • スケジュール管理がしやすくなりメリハリが付く
  • 社会とはどんなものかを実体験できる

宅浪で一番怖いのは、昼と夜の生活が逆転してしまったり、毎日の勉強がだらけてしまうことです。しかし、バイトをすることで、勉強時間を確保するために1時間刻みのスケジュール管理が必須になるので、勉強にメリハリを付けることができます

それに、バイトを通して少しでも、社会とはどんなものかを体験しておくことで、うっすらと将来の目指す自分像も見えてきて、勉強のモチベーションに繋がるはずです。

どんなバイトが良いのか

あくまでも、宅浪生の最優先事項は勉強で、バイトは勉強の合間にやる「サブ要員」として扱った方が良いです。

それを踏まえて、宅浪がやるべきバイトは、短時間の勤務でOK、というバイトでしょう。大体、1日2~3時間のバイトを週2~3働く程度がベストだと思います。

それでは、実際にどのようになバイトが良いのかを、具体的に見ていきます。

 

コンビニorスーパーのレジ

今現在、人見知りだったり人と接するのが苦手だと言う人は、接客業で最低限のコミュニケーション力を鍛えると良いです。社会に出ると、嫌でもコミュニケーション能力は必要になるので、今のうちに苦手を克服しておきましょう。

ボクもレジのバイトを経験したことがあるのですが、多くは常識のある礼儀正しいお客さんとの接客ばかりですが、たまに「DQN」と呼ばれる非常識なお客さんも来ます。

しかし、後でただの笑い話になるので、そこまで気にする必要はないです。

早朝の倉庫作業

早朝(5時か6時ぐらい)から、倉庫の荷物をお店に品出ししたりするバイトです。早起きもできるし、良い運動にもなって、勉強も捗るようになります。

ただ、体力に自信がない人はバイトをしただけで疲れて、勉強に身が入らないので止めておいた方が無難です。ボクは、このバイトをしている時は、全く勉強に集中できませんでした。

よく、夏のお盆シーズンや冬の正月シーズン前後から、「クロネコヤ○ト」さんが1,2ヶ月の短期バイトを募集しているので、興味がある人は募集してみると良いでしょう。

学会運営

大学教授や専門家達が集まる勉強会の様なものの運営スタッフ。勤務は1~2日だけの超短期が多く、時給が高いのが魅力的です。

ボクもこのバイトは経験済みで、1日中コーヒーを配る係をしていました。配ると言っても、わざわざ教授たちの所に持っていくのではなく、コーヒーを貰いに来た人に配っていく感じです。

他にも、案内係や受付(これは女性限定だった)、プレゼンの照明係、進行係とか色々あって、自分の希望する仕事内容を選べました。年齢は20代~40代と幅広く、男女割合も同じぐらいでした。

ただ、この手の超短期のバイトは求人雑誌に載る事があまりなく、人気も高いので、こまめに情報を収集していく必要があります。

どうやってバイトを探せば良いのか?

王道的なバイトの探し方は、「タウンワーク」などの求人情報誌で探すことでしょう。この方法が一番手っ取り早く、かつ確実な方法な気がします。

しかし、求人情報誌には、いつも同じ様なお店しか載っていない、と言う致命的なデメリットがあります。なぜ同じお店しか求人誌に載らないかと言うと、実は「タウンワーク」などに求人情報を載せるには、2万~4万ほどの掲載料がかかってしまうからなんですね。

だから、「あまり求人にお金をかけたくない」と言うお店、企業の求人は一生タウンワークに載らない可能性があります。

そういう「お金をかけたくない」と言うお店・企業はどのように求人情報を流すかと言うと、求人サイトを使うわけです。求人サイトならば、人件費等があまりかかっていない事もあり、掲載料が安かったり無料だったりするので、多くのお店が「アルバイトEX」や「バイトル」に登録しているのです。

なので、バイト探しは、基本はタウンワーク等の求人サイトで探し、珍しいバイト、1日だけの優良の短期バイトを探すのは求人サイト、と言う組み合わせが最強です。

 

効率よく成績を上げるために

大学受験で効率よく成績を上げるためには、一流講師の授業を受けるのが最も確実な方法です。なぜなら、受験に必要な知識や理解・テクニックを分かりやすく解説してくれるので、最短で成績アップに必要な情報が手に入るからです。

そこで、おすすめしたいのが「スタディサプリ」。以下の記事でスタディサプリのメリット・デメリットを書いているので、参考にしてください。

>>スタディサプリの評判|実際に使って感じた3つのメリット・デメリット

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

この記事と関連がある記事

スポンサーリンク