細胞診と組織診の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

細胞学と組織学の大きな違いは、細胞学が動植物の細胞の化学的性質、構造、機能を研究するのに対し、組織学は組織や組織系の化学的組成、顕微鏡的構造、機能を研究するものであることです。

 さらに、細胞学は狭い研究領域であるのに対して、組織学は広い研究領域です。

細胞学と組織学は、生物学における2種類の領域であり、生命のさまざまな単位の化学、構造、機能を研究するものです。

主な対象分野

  1. 細胞診とは
         – 定義、研究の種類、重要性
  2. 組織学とは
         – 定義、研究分野、重要性 
  3. 細胞学と組織学の共通点
         – 共通の特徴の概要
  4. 細胞診と組織診の違いとは?
         – 主な違いの比較

Key Terms

細胞遺伝学、細胞学、細胞病理学、組織学、組織病理学

スポンサーリンク

細胞診とは

細胞学は、動物および植物の細胞試料を化学組成、構造および機能の観点から顕微鏡で観察する学問です。

一般に、細胞学は他の研究分野と関連した3つの主要な枝を持っています。

細胞生物学、細胞遺伝学、そして細胞病理学です。

細胞生物学は、基本的に細胞の構造、構成要素、生理的特徴、機能、相互作用、ライフサイクル、分裂、死について研究する。

また、細胞遺伝学と細胞病理学は、ともに細胞の病気を研究するものです。

しかし、細胞遺伝学は、細胞性疾患の遺伝的基盤を研究する。

一方、細胞病理学は、細胞性疾患の構造的・機能的特性を研究する。

図1:ホジキンリンパ腫の細胞診の様子

組織学とは

組織学は、動物および植物組織の化学組成、構造、機能を研究する学問です。

また、試料を顕微鏡で観察することでもあります。

しかし、組織学ではスライドの作製がより複雑な工程となります。

一般に、固定、処理、包埋、切片作成、染色の5つの工程があります。

 また、組織培養と呼ばれる工程で、組織の細胞を分離し、人工的な環境で維持し、さまざまな研究を行うこともあります。

さらに、組織学は医学において、病気の性質を研究するための重要な分野です。

そのため、病理組織学は、病気の組織を研究する組織学の一分野です。

細胞診と組織診の類似性

  • 細胞学と組織学は生物学の2つの分野で、異なる生物学的単位の化学組成、構造、機能を研究しています。
  • どちらも、細胞の顕微鏡的な解剖学を研究しています。
  • 病気の診断に重要です。

細胞診と組織診の違い

定義

細胞学とは、植物や動物の細胞の構造と機能を研究する生物学と医学の一分野であり、組織学とは、組織の微細な構造を研究する学問です。

スコープ

また、細胞診は狭い研究領域であり、組織診は広い研究領域です。

スライドの準備

細胞診のスライド作成は簡単ですが、組織診のスライド作成は複雑な作業です。

意義

組織学が組織の構造を研究するのに対し、細胞学は細胞の細胞領域のみを研究する。

コスト

また、細胞診の技術は安価であるが、組織診の技術は高価です。

結論

細胞学は生物学の一分野であり、動物および植物細胞の構造を研究する。

さらに、さまざまな細胞構造の機能を研究する。

一方、組織学も生物学の一分野であり、組織の化学組成、構造、機能を研究する。

しかし、細胞学よりも複雑な分野です。

したがって、細胞学と組織学の主な違いは、研究の種類にあります。

タイトルとURLをコピーしました