腎血漿流量と腎血流量の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


腎血漿流量と腎血流量の大きな違いは、腎血漿流量が単位時間あたりに腎臓に送られる血漿の量であるのに対し、腎血流量は単位時間あたりに腎臓に送られる血液の量であることである

さらに、腎血漿流量は腎臓を通過する血漿の量のみを測定するのに対し、腎血流量は腎臓を通過する血漿とヘマトクリットの両方を測定する。

腎血漿流量(RPF)と腎血流量(RBF)は、腎臓に送られる動脈血に対して適用される2つの測定法です。

主な対象分野

  1. 腎血漿流量とは
         – 定義、測定法、重要性
  2. 腎血流とは
         – 定義、測定法、重要性
  3. 腎血漿流量と腎血流量の類似点とは
         – 共通点の概要
  4. 腎血漿流量と腎血流量の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

動脈血、eRPF、Hct、腎臓、PAHクリアランス、腎血流(RBF)、腎血漿流(RPF)

スポンサーリンク

腎臓血流とは

腎血漿流量(RPF)とは、単位時間あたりに腎臓に送られる血漿の体積のことである

腎臓から出る静脈血の体積を定量的に把握することが重要です。

しかし、フィックの原理により、腎臓に入る血液量(動脈血)は、腎臓から存在する血液量(静脈血)と等しくなる。

図1:腎臓の血液供給量

実際には、血漿量の測定は困難です。

そこで、有効腎血漿量(eRPF)を用いて、この値を推定する。

ここで、eRPFとは、単位時間あたりにp-aminohippuric acid(PAH)が排出される血漿量のことである

重要なことは、PAHは腎臓で自由に濾過され、その再吸収はネフロンのどの部分でも起こらないということである

 しかし、上皮細胞は血液中の毛細血管からろ過されないPAHを取り込み、近位輸液細管に分泌する。

つまり、血液が腎臓を一回通過する間に、ほとんどすべてのPAHが血液から排除されるのです。

腎臓の血流とは

腎血流量(RBF)とは、単位時間あたりに腎臓に送られる血液量のことである

一般に、心臓から送り出された血液の約25%が腎臓に送られる。

重要なことは、腎血流量は、腎臓に入る血液量を占めるので、血漿量とヘマトクリットの両方を含むということである

ここで、ヘマトクリット(Hct)とは、血液のうち赤血球が占める割合のことである

その分、血漿の分数は1-Hctとなる。

したがって、RBF×(1-Hct)はeRPFと等しくなるはずです。

図2:RPFとRBFの測定方法

腎血流と腎臓血流の類似性

  • 腎血漿流量と腎血流量は、腎臓に送られる動脈血の2つの測定値です。
  • どちらも、単位時間あたりに腎臓から排出される静脈血の量を推定するのに重要です。
  • ただし、腎臓に流入する流量は、腎臓から流出する流量と等しい。

腎血漿流量と腎血流量の違い

定義

腎血漿流量は単位時間あたりに腎臓を流れる血漿の量を指し、腎血流量は単位時間あたりに腎臓を通過する血液の量を指します。

したがって、これが腎血漿流量と腎血流量の主な違いです。

測定の種類

また、腎血漿流量は腎臓を通過する血漿量のみを測定するのに対し、腎血流量は腎臓を通過する血漿量とヘマトクリット値の両方を測定する。

測定

腎血漿流量と腎血流量のもう一つの違いは、腎血漿流量が有効腎血漿流量から推定されるのに対し、腎血流量は腎血漿流量とヘマトクリットを用いて推定されることである

結論

腎血漿流量は、単位時間あたりに腎臓を通過する血漿の量を測定するものです。

p-aminohippuric acidの血漿クリアランスレートを用いて推定できる。

これに対し、腎血流量は、単位時間あたりに腎臓を通過する血漿とヘマトクリットの量です。

腎血流は、ヘマトクリットとともに腎臓の血流を測定することができます。

どちらの測定値も、腎臓を出入りする動脈血と静脈血の量を知るために重要です。

しかし、腎血漿流量と腎血流量の主な違いは、測定の種類です。

タイトルとURLをコピーしました