DropとTruncateの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


DropとTruncateの主な違いは、Dropはテーブルのすべてのレコードを削除し、テーブル構造を削除し、システムからデータベースを削除するのに役立つDDLコマンドであり、truncateはテーブルからレコードを削除するのに役立つDDLコマンドであることである

一般的に、RDBMS は関係モデルに従って設計された DBMS です。

RDBMS は関係モデルに従って設計された DBMS で、データベースのデータを簡単に保存、管理することができます。

したがって、ほとんどのビジネス組織はRDBMSを使用しています。

  RDBMS に格納されたデータを操作するには、構造化照会言語 (Structured Query Language, SQL) が役立ちます。

さらに、SQLコマンドにはさまざまな種類があります。

そのひとつがデータ定義言語(DDL)コマンドです。

これらのコマンドは、テーブルの作成、変更、削除などのタスクを実行するために使用されます。

さらに、DDLコマンドは変更をデータベースに恒久的に保存します。

全体として、Drop と Truncate の 2 つの DDL コマンドがあります。

スポンサーリンク

ドロップとは

Dropコマンドは、データベースからすべてのレコードを削除します。

さらに、テーブル構造も破壊されます。

構文はDrop table table_nameです。

例は次のとおり。

社員テーブルを削除します。

上記の文は、employeeテーブルのすべてのレコードを削除し、データベースからテーブル構造も削除します。

さらに、RDBMSからデータベース全体を削除することも可能である

例を挙げると、以下のようになります。

データベースtestingを削除する。

上記の文は、testingというデータベースをRDBMSから削除します。

Truncateとは

truncateコマンドは、テーブルの構造に影響を与えることなく、テーブルからすべてのレコードを削除します。

さらに、主キーはテーブルの truncate コマンドを適用した後に初期化されます。

  構文は truncate table table_name です。

例えば、以下の文を参照してください。

従業員テーブルを切り捨てます。

これは、employeeというテーブルからすべてのレコードを削除する。

DropとTruncateの違い

定義

Dropは、テーブル構造とそこに格納されているデータを破壊するDDLコマンドです。

しかし、truncateはテーブルのレコードを削除するのに役立つDDLコマンドです。

機能性

また、Dropはテーブルのレコード、テーブル構造を削除し、システムからデータベースを削除するのに役立ち、Truncateはテーブルからレコードを削除するのに役立ちます。

表で適用される構文

また、Dropの構文は、Drop table table_name; Truncateの構文は、Truncate table table_name です。

結論

簡単に説明すると、SQLはRDBMSのデータベースのデータを操作するためのプログラミング言語です。

また、SQLのコマンドには様々な種類があり、その中の一つにデータ定義言語(DDL)があります。

DDLコマンドには、DropとTruncateの2つがあります。

ここで、DropとTruncateの主な違いは、Dropはテーブルのすべてのレコードを削除し、テーブル構造を削除し、システムからデータベースを削除するのに役立つDDLコマンドであり、Truncateはテーブルからレコードを削除するのに役立つDDLコマンドであることである

さらに、DDLコマンドの他に、データを操作したり、データを制御するためのDMLコマンドやDCLコマンドもあります。

タイトルとURLをコピーしました