アポトーシスとオートリシスの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アポトーシスと自己融解の主な違いは、アポトーシスがプログラムされた細胞死の一種であるのに対し、自己融解は細胞自身の酵素の作用による自己消化の一形態であることです

また、アポトーシスは形態変化と関連した一連の生化学的プロセスによって起こるのに対し、自己消化は酵素の作用の結果として起こる生物学的プロセスです。

アポトーシスと自己融解は、細胞死を引き起こす2種類の細胞プロセスです。

一般に、アポトーシスは多細胞生物で起こり、自己融解は多細胞生物と単細胞生物の両方で起こる。

主な対象分野

  1. アポトーシスとは
         – 定義、プロセス、重要性
  2. 自己融解とは
         – 定義、プロセス、重要性
  3. アポトーシスと自己融解の類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. アポトーシスと自己融解の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

アポトーシス、自己融解、細胞死、細胞傷害、リソソーム、プログラム細胞死(PCD)

スポンサーリンク

アポトーシスとは

アポトーシスとは、プログラムされた細胞死(PCD)のプロセスの一つで、細胞の死に至る一連のイベントから構成される。

一般に、生物の発生において重要な役割を担っている。

また、細胞の正常な老化の過程にも重要です。

したがって、プログラム細胞死は、多細胞生物の多くの健康な組織における通常の生理的活動の一部です。

プログラムされた細胞死には、他にオートファジー、フェロプトーシス、ネクロプトーシスがあります。

図1: アポトーシス

さらに、アポトーシスは、細胞の一連の特徴的な形態変化を通じて起こる。

これらの変化は、アポトーシスの過程で起こるさまざまな生化学的事象に起因する。

基本的に、これらの変化にはクロマチンの凝集、細胞質と核の凝縮、アポトーシス小体と呼ばれる膜結合小胞への細胞質と核の分割が含まれる。

一般に、これらのアポトーシス体は、無傷のリボソーム、ミトコンドリア、核物質を含んでいる。

マクロファージや隣接する上皮細胞はアポトーシス小体を認識し、貪食作用によって破壊する。

アポトーシス細胞は貪食によって効率的に除去されるため、生体の免疫系は炎症反応を引き起こさない。

オートリシスとは

自己融解とは、細胞の損傷や感染に反応して始まる、制御不能で意図的でない細胞死のプロセスです。

また、生体組織における壊死性細胞死の一因ともなっている。

さらに、ライソゾームの分解によって放出される酵素が細胞の消化を担うため、一種の自己消化である

そのため、細胞は細胞死の過程で形態的な変化を受けない。

図2:高級シャンパンの香りの多くは、ワイン醸造中の澱や死んだ酵母の自己分解に影響される。

さらに、自己融解はさまざまな分野で応用されている。

一般に、死んだ組織の分解物や液化物を創傷被覆材として沈着させる自己融解デブリードマンは、創傷治癒に役立つプロセスです。

自己融解した酵母は、食品産業において風味増強剤として使用されている。

また、酵母抽出では、塩の添加により酵母細胞が分解される。

アポトーシスと自己融解の類似性

  • アポトーシスと自己融解は、細胞死を引き起こす2種類の細胞プロセスです。
  • どちらも健全な細胞集団の維持に重要です。

アポトーシスと自己融解の違い

定義

アポトーシスとは、生物の成長や発達に伴って起こる正常かつ制御された細胞死を指し、自己消化とは、細胞や組織が自身の酵素、特にライソゾームから放出される酵素によって破壊されることを指す。

プロセスの種類

さらに、アポトーシスは制御された意図的なプロセスであるのに対し、自己分解は制御されていない非意図的なプロセスです。

プロセスの意義

アポトーシスは形態学的変化と結びついた一連の生化学的プロセスによって起こるが、自己分解は酵素作用の結果として起こる生物学的プロセスです。

プロセス

細胞は、リソソーム酵素が自己分解を担う一方で、アポトーシス時には、白化、細胞収縮、核断片化、クロマチン凝縮、染色体DNA断片化、グローバルmRNA崩壊などの変化を遂げる。

発生状況

アポトーシスは健康な組織でも起こりうるが、自己融解は健康な細胞で起こる。

時間

アポトーシスは常に体内で起こっているが、自己融解は怪我や感染症に反応して起こる。

生物種

さらに、アポトーシスは多細胞生物で起こり、自己融解は多細胞生物と単細胞生物の両方で起こる。

結論

アポトーシスはプログラムされた細胞死であり、意図的かつ高度に制御されたプロセスです。

しかも、一連の生化学的変化を通じて起こるため、細胞内にさまざまな形態的変化が生じる。

アポトーシスは、多細胞生物の体内では常に起こっている。

一方、自己分解は、制御不能で意図的でないプロセスであり、細胞死をもたらす。

一般に、傷害や感染症に反応して起こる。

ライソゾーム内の酵素も自己融解に関与している。

したがって、自己消化の一種である

したがって、アポトーシスと自己融解の主な違いは、プロセスの種類にある。

タイトルとURLをコピーしました