コンシャスとコンサイスの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


意識と良心の主な違いは、意識は自分の存在、感覚、思考、周囲の環境などに対する自分の意識を指す形容詞だが、良心は善悪に対する自分の意識を指す名詞であることである

ConsciousとConscienceは、心に関わる2つの言葉です。

見た目や意味は似ていても、コンシャスとコンシャスには明確な違いがあります。

スポンサーリンク

意識高い系 – 定義、意味、特徴、例題

Consciousは形容詞で、”自分の周囲を認識し、反応する “という意味です。

  具体的には、自分自身の存在、感覚、思考、周囲の環境などに対する意識のことを指します。

さらに、consciousという形容詞は、「気づいている」「知っている」という意味を持つラテン語に由来しています。

意識があれば、自分の周りで何が起きているのかがわかる。

例えば、眠っているときは、意識がありません。

 無意識とは、コンシャスの反対で、周囲の状況に気づかないという意味です。

なお、consciousの名詞形はconsciousnessです。

では、この形容詞を含む例文をいくつか見てみましょう。

彼は病院に収容されたとき、意識があり、警戒していた。

その患者は意識はあったが、体を動かすことができなかった。

彼女は道を歩いている途中で、自分が尾行されていることを意識した。

ロアークは自分の欠点を自覚していたが、自分のやり方を変えようとはしなかった。

彼らが部屋に入ってきたとき、ナディアはほとんど意識がなかった。

Conscience – 定義、意味、特徴、例題

良心とは、善悪に関する人の道徳的な感覚を指す名詞で、個人の行動の指針として機能する。

言い換えれば、善と悪の違いを教えてくれるのはあなたの良心です。

良心は、ある状況下で正しいことをするのを助けてくれる内なる声です。

また、自分の道徳規範に反することをしたときに、罪悪感や自責の念を抱かせるものでもあります。

子供の頃に見たアニメで、天使と悪魔のペアがある人の耳元でささやくのを覚えている人もいるかもしれません。

あれは、実は良心の呵責、つまり善と悪を描いているのです。

Main Difference - Conscious vs Conscience

例文

彼女はまだ自分の行為に罪の意識を抱いている。

自分の良心に従って何をすべきかを決めるべきだ。

良心の呵責により、私はこの状況を続けることができなかった。

良心の呵責に耐えかねて、私は彼らに真実を告げた。

何か行動を起こす前に、自分の良心に耳を傾けなければならない。

良心の呵責がないからこそ、彼は非常に優れた暗殺者になれたのだ。

Conscious と Conscience の間の類似点

  • コンシャスとコンサイスは、どちらも心に関係する言葉です。
  • また、consciousは自分の周囲に対する意識、conscienceは善悪に対する意識であり、どちらも意識を示す言葉です。
  • さらに、これらの単語は発音が似ているため、多くの人がこれらを同じように使う傾向があります。

意識と良心の違い

定義

意識的とは、周囲の環境に気づき、反応することである

一方、良心とは、善悪に関する人の道徳的感覚であり、個人の行動の指針として機能するものです。

認知度

意識(consciousの名詞形)は、自分自身の存在、感覚、思考、周囲の環境などに対する認識であるのに対し、良心は善悪に対する認識であり、道徳的な羅針盤として機能するものです。

文法カテゴリー

Consciousは形容詞であるのに対し、conscienceは名詞です。

結論

consciousとconscienceは、どちらも自分の心に関係するものです。

タイトルとURLをコピーしました