細胞質」と「核」の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


細胞質と核の主な違いは、細胞質は核を除いた細胞内の内容物であるのに対し、核は遺伝物質を含む細胞最大の小器官であることだ。

さらに、細胞質は細胞膜に包まれているのに対し、核は核膜に包まれている。

細胞質と核は、細胞を構成する2つの要素です。

細胞質、核は細胞の構成要素であり、細胞内で重要な働きをしている。

スポンサーリンク

細胞質とは何か

細胞質は、細胞膜と核膜の間にある物質です。

細胞質には、細胞質、細胞小器官、細胞質内封入体などが含まれる。

ここで、細胞質とは、細胞の代謝反応の多くが行われるゲル状の物質です。

一方、細胞小器官は、独自の機能を発揮する内部の小器官です。

一方、細胞質内封入体は、代謝活動に関与しない物質です。

通常、細胞質は無色透明で、90%が水分で構成されている。

図1: 動物細胞の細胞質

さらに、細胞質の内側に集中している部分は「内質」と呼ばれ、外側の層は「外質」または「細胞皮質」と呼ばれる。

さらに重要なことは、細胞活動のほとんどが細胞質内で行われていることである

例えば、原核生物では、解糖、発酵などの代謝反応はすべて細胞質内で起こっている。

しかし、真核生物では、解糖など一部の生化学反応は細胞質で起こる。

また、細胞質は細胞分裂などの細胞内プロセスを行う。

核とは何か

核は真核細胞の中で最も目立つ小器官で、遺伝物質が含まれている。

核の内部には、主にユークロマチンとヘテロクロマチンの2種類のクロマチンが存在する。

核は核膜という二重膜で囲まれている。

核周辺腔とは、核膜の外側と内側の間にある空間のことである

幅は20-40nmです。

また、外核膜は小胞体と連続している。

さらに、中間フィラメントが内核膜の内部と外核膜の外部でラミナを形成し、核の構造的な支えとなっている。

さらに、核膜に発生した水性孔を核膜孔といい、核の内外に分子を通過させることができる。

図2: 核

さらに説明すると、核マトリックスとは、核の孤立したマトリックスのことである

光学顕微鏡で見える核の黒く染まった塊が核小体です。

リボソームRNAを製造する役割を担っている。

また、核の主な機能は、遺伝子の発現を促進することである

したがって、DNAの複製、転写、リボソームの生合成は核の内部で行われる。

さらに、核は遺伝子の完全性を維持する役割も担っている。

しかし、原核生物の遺伝物質は、細胞質内のヌクレオイドという領域に存在する。

細胞質と核の類似性

  • 細胞質と核は、真核細胞の2つの構造要素です。
  • 両者は細胞膜に包まれている。
  • そのため、両者は独自の環境を維持し、その機能を発揮している。
  • また、これらの構造体の内部では、多くの重要な細胞プロセスが行われている。

細胞質と核の違い

定義

細胞質とは、核を除いた細胞内の物質または原形質を指し、核とは、ほとんどの真核細胞に存在し、通常、二重膜に囲まれた単一の丸い構造で、遺伝物質を含む高密度小器官を指す。

したがって、これが細胞質と核の主な違いです。

発生状況

細胞質はすべての生物に存在するが、多くの真核細胞には核が存在する。

意義

また、細胞質と核のもう一つの違いは、細胞質が液体に満たされた区画であるのに対し、核は細胞の制御の中心であることです。

組成

さらに、細胞質には、細胞質、核を除くオルガネラ、小胞、細胞骨格が含まれ、核にはDNA、RNA、タンパク質が含まれます。

したがって、この点も細胞質と核の違いです。

細胞膜

さらに、細胞膜も細胞質・核の違いのひとつです。

細胞質は細胞膜と核膜の間に発生し、核は核膜に囲まれている。

メンブレインシステムの意義

細胞質は単膜系、核は二重膜系に囲まれている。

構造的なサポート

さらに、細胞骨格は細胞質を、核ラミナは核を構造的に支えている。

機能

機能的には、細胞質は細胞分裂や代謝経路など多くの細胞活動の発生を促進し、核はゲノムを含み、遺伝子発現を促進するという違いがあります。

結論

細胞質は、細胞膜に囲まれた細胞内の液体で満たされた内容物です。

ただし、真核細胞の最も重要な小器官である核は含まれない。

したがって、細胞質、細胞小器官、細胞内封入物が細胞質の構成要素です。

また、細胞質の主な機能は、細胞活動を促進することである

一方、核はゲノムを保持し、核膜に囲まれている。

また、核は遺伝子の発現を可能にする

したがって、細胞質と核の主な違いは、その構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました