同情と慈悲の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


同情と思いやりの主な違いは、同情が相手の苦境に同情することを強調するのに対し、思いやりが同情の気持ちと相手を助ける必要性を強調することです

哀れみと同情は、他人に対する優しさと思いやりを強調する人間の感情です。

したがって、これらは人間性の価値を示すものです。

この2つは似ていますが、pityには見下すという感情が含まれるのに対し、compassionにはそれがないため、ある種の否定的な意味があります。

キーワード

思いやり、気持ち、感情、憐れみ、人間性

スポンサーリンク

哀れみとは

同情とは、基本的には、誰かの不幸や苦しみを見て、気の毒に思ったり、悲しく思ったりすることを意味します

しかし、同情するためには、相手の境遇を正しく理解する必要はないはずです

ただ、相手の惨めな姿を見るだけで、同情することができる。

また、哀れみの感情には、惨めな人を自分より格下の存在として見下すような感覚があり、共感は伴わない。

したがって、同情とは対照的です。

Main Difference - Pity vs Compassion

同様に、同情もまた、自分がその人よりも上のレベルにいると感じていることを強調し、その人の不幸や悩みに同情するだけで、その人の生活状況を軽減するための一歩を踏み出さないということです。

例えば、乞食や無力な動物に同情する状況を考えてみてください。

あなたはただ同情するだけで、彼らの人生の苦境を変えるための一歩を踏み出そうとはしないのです。

思いやりの心とは

慈悲とは、他人の苦しみや不幸に同情的な感情や関心を抱くことを指します。

その結果、共感という感情とともに、相手を助けたいという欲求が生まれます。

このように、ただ同情するのとは違い、相手の生活状況を改善するために一歩踏み出し、手を貸すことになるのです。

また、同情は哀れみとは異なり、見下したり軽蔑したりする気持ちを伴うものではありません。

その結果、自分と同じレベルで、不幸と無力に苦しんでいる相手を見ることができるのです。

そのため、ただ同情するのではなく、相手が人生の不幸を乗り越えられるように手助けをしようとするのです。

このように、誰かに同情することは、他の人に共感することにつながり、その逆もまた然りです。

同様に、一度誰かに対する思いやりを持つと、その人の悲しみを自分と分かち合おうとするようになる。

したがって、思いやりには、相手を思いやる気持ちや共感する気持ちが含まれます。

同情と慈悲の類似点

  • 同情と憐憫は、相手を気遣う気持ちを強調します。
  • また、どちらも相手に対する悲しみや憂いの感情を示している。

「同情」と「憐れみ」の違い

定義

惻隠の情とは、他人の不幸や生活の困窮を嘆く気持ちのことである

同情とは、相手の生活状況を緩和するために、同情して助けようとする気持ちのことである

したがって、これらの定義は、同情と慈悲の違いの内側に少しを与える。

共感

上記をさらに拡大すると、「哀れみ」には共感という感情がないのに対し、「同情」には相手の苦しみを克服するために助けようとする共感という感情があります。

これが「同情」と「憐れみ」の大きな違いです。

意義

また、憐憫はただ同情することであるのに対し、慈愛は相手が不幸を克服できるように手助けすることである

見下している感じ

憐れみと思いやりのもう一つの大きな違いは、見下すという感覚です。

憐れみには必ず見下す気持ちが伴うが、慈悲には見下す気持ちはなく、相手を自分と同じレベルで見ることができる。

結論

同情と憐憫は、人間の価値を示す感情です。

どちらも、世の中の人間らしさを確保するために必要な感情である

しかし、憐れみは見下す感情を伴うのに対し、同情は伴わない。

したがって、同情と慈悲の主な違いは、同情が相手の苦境に同情する気持ちを強調するのに対し、慈悲は同情と相手を助ける必要性の気持ちを強調することである

タイトルとURLをコピーしました