法律と道徳の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


法律と道徳の主な違いは、法律が道徳は人間のための行動の倫理的なコードを指すのに対し、社会の中で人間の行動を規制するために状態によって強制される規則や規制のセットを指しますということです。

したがって、道徳は法律に従って生活することによって確保される一方で、道徳は法律の基礎となるものです。

法と道徳は外在的な関係にあり、古来より同じように使われてきた。

しかし、法と道徳の間には、いくつかの主要な要素に関する差異を見出すことができる。

スポンサーリンク

法律とは何か

法とは、社会/国の行政当局が、共通の利益のために人間の行動を規制する意図で作成し、施行する規則や規制の体系を指します。

従って、共同体のための公平で公正な行動規則とも言える。

さらに、規則群の施行は、管理当局を通じて行われる。

したがって、法律とは、特定の社会共同体の秩序や礼儀を維持するための社会における規則や規制のことを指す。

したがって、法律は、その社会または国に住むすべての人々によって従われ、尊重されるべきものです。

したがって、これらの法律に違反した者には罰が与えられる。

国や社会には、いくつかの側面に関する規則や法律があります。

婚姻に関する法律、インフラや交通に関する法律、生活習慣に関する法律、財政や経済に関する法律などです。

これらは、国家やその機関によって作られます。

しかし、これらの法律は、国民の大多数に受け入れられるかどうかによって施行されます。

したがって、社会によって、また国によって異なる場合があります。

法律は、州憲法、条約、法律、地方法、制定法、行政命令などの形で提供されることがあります。

全体として、法律は人が何をすべきで、何をすべきでないかを規定する。

その結果、特定の社会の大多数の人々の願望に従って支配当局によって施行される法律は、その社会の秩序を適切に維持することを規制する。

さらに、法制定におけるいくつかの必然性があります。

  • 国家の権威
  • 法律を制定する権利を持っている認可された機関
  • これらの機関は、国家からそうする権限を与えられている。
  • 法律を破ることに対して、制裁や罰が存在します。
  • 制裁は、そうする権限を国家に与えられた者によって課される。

したがって、法律は、何が守られるべきか、何が守られるべきでないか(何が正しくて公正か)を、それらの法律を破った場合の制裁や罰則とともに市民に命じているのです。

さらに重要なことは、法律はその国の政治的、社会的、経済的な生活において中心的な役割を担っているということである

道徳とは何か

道徳とは、何が道徳的に正しく、何が道徳的に間違っているかを定義した社会的原則のことです。

簡単に言うと、人の倫理的な行動規範のことです。

この道徳的な観点での行為の善悪の質を定義する主な側面は、その特定の行為を行う人の意図です。

したがって、道徳はその行為や出来事の外的行為と内的動機の双方に関わる。

このように、倫理や宗教の教えなどの社会的概念は、ある地域や国での道徳基準を作る上で直接影響を与える。

そのため、国家が制定する法律とは異なり、道徳を制定するのはこれらの社会的概念です。

しかし、道徳は法律の出現にも強い影響を与える。

例えば、法律で違法とされる犯罪やその他の行為は、道徳で不道徳とされるものです。

したがって、道徳は、法の出現の基礎となるものです。

また、法律は、法律に違反し、他人の生活に不都合を生じさせた者を罰するが、不道徳な生活や不道徳な行為をした者に対しては、そのような罰はない。

しかし、道徳は、すべての不道徳な行為には、実行者がいつか受けなければならない否定的な結果が伴うという事実を強調する。

したがって、法律とは異なり、道徳における規則や規制は、義務や行為ではない。

代わりに、彼らは信念と実践です。

法と道徳の関係

  • 道徳は法律に影響を与え、不道徳な行為が法律で違法と見なされる理由を倫理的に説明します。したがって、道徳は、ある国における理想的な一連の法律の基本的な基礎として位置づけられる。
  • さらに、道徳は人々の道徳的水準を高めることを目的としているが、法律の中核的な目的もまた同じものです。

法と道徳の違い

定義

法とは、特定の国や共同体が、その構成員の行動を規制するものとして認め、罰則を課すことによって強制することができる規則の体系です。

一方、道徳は、何が道徳的に正しく、何が道徳的に間違っているかを定義する一連の倫理原則です。

したがって、これが法律と道徳の主な違いです。

施行

法律は、国や国家、地域社会の統治機関によって執行されますが、道徳規範を執行するような重要な機関はありません。

したがって、これは法律と道徳の違いです。

憲法

また、法律と道徳のもう一つの違いは、法律が国の憲法を作るのに対し、道徳には憲法との直接的なつながりがないことである

エマージェンシー

また、道徳は理想的な法律のセットよりも前に出現した。

したがって、道徳は、ある共同体や国における法律の出現に影響を及ぼした。

制裁と処罰

制裁と処罰も法と道徳の大きな違いです。

法律に違反した者には直接の罰があるが、不道徳な行為をした者にはそのような強制的な直接の罰はない。

効果

法は直接的で荒々しく罰するのに対し、道徳はその人の選択によって従ったり従わなかったりする。

しかし、法のこのような性質が、人々の道徳を保証しているのです。

だから、これも法と道徳の違いです。

結論

法と道徳は、どちらも人間の道徳的水準、ひいては人生を向上させるという同じ目的を共有しているため、関連している。

法と道徳の主な違いは、法が社会における人間の行動を規制するために国家によって施行される一連の規則や規制を指すのに対し、道徳は人間の倫理的行動規範を指すという点です。

また、不道徳な行為を行うことに対する道徳の罰のような施行がないのに対し、それらの違反に対する罰が法律によって施行されています。

タイトルとURLをコピーしました