MySQLのBefore TriggerとAfter Triggerの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


MySQLにおけるBeforeとAfterトリガの主な違いは、Beforeトリガがテーブル上で特定のオペレーションが実行される前にアクションを実行するのに対し、Afterトリガはテーブル上で特定のオペレーションが実行された後にアクションを実行するということです。

MySQLは、ユーザーがリレーショナルデータベース内のデータを簡単に取得し、管理することができる一般的なDBMSです。

MySQLは、表形式でデータを保存します。

 ユーザーは、構造化照会言語(Structured Query Language, SQL)を使って、データに対して様々な操作を行うことができる。

一方、トリガーは、何らかのイベントが発生したときに自動的に実行または発火するストアプログラムです。

トリガーに対する応答は、トリガータイプによって異なる。

スポンサーリンク

MySQLにおけるトリガーとは何か

トリガは、特定のテーブルに対する挿入、更新、削除などの操作に応答する一連のアクションです。

トリガーは SQL 操作が実行されたときにアクティブになります。

さらに、データ整合性ルールを適用できる参照制約とチェック制約を使用してトリガーを作成することが可能です

さらに、トリガは他のテーブルを更新するのに役立ちます。

また、挿入または更新されたレコードの値を自動的に生成または変換したり、アラートを発行するなどのタスクも実行します。

MySQLのビフォアトリガーとは

ビフォアトリガは、挿入、更新、削除などの操作の前に実行されるトリガです。

ユーザはこれらのトリガーを複数のケースで記述することができます。

データベースへのデータの更新や挿入の前に、値をチェックしたり変更したりするのに役立ちます。

 また、ユーザー定義関数でコード化された他の非データベース操作を実行することも可能です

挿入操作の前のトリガの例は、以下の通りです。

CREATE TRIGGER trigger_name (トリガ名)

BEFORE INSERT

ON table_name FOR EACH ROW

BEGIN

  • 変数宣言

  • トリガコード

END

trigger_nameはトリガーを識別するために使用されます。

これは、作成するトリガの名前です。

BEFORE INSERT “文は、挿入操作を実行する前にトリガーを起動することを示します。

table_nameは、トリガが作成されるテーブルの名前を示しています。

これらのトリガは新しい値を更新します。

テーブルの古い値はそのまま残ります。

MySQLのアフタートリガーとは

アフタートリガーは、挿入、更新、削除などの操作の後に実行されるトリガーです。

ユーザはこれらのトリガーを複数のケースで記述することができます。

テーブルのデータを更新するために使用することができます。

また、ユーザ定義関数でコード化された非データベース操作を実行するために使用することもできます。

挿入操作の後のトリガの例は以下の通りです。

CREATE TRIGGER trigger_name

AFTER INSERT

ON table_name FOR EACH ROW

BEGIN

  • 変数宣言

  • トリガコード

END

trigger_nameはトリガーを識別するために使用されます。

これは、作成するトリガーの名前です。

AFTER INSERT “ステートメントは、挿入操作の実行後にトリガーが起動することを示します。

table_nameは、トリガーを作成するテーブルの名前を示します。

これらのトリガは、新しい値を更新します。

古い値はそのまま残ります。

MySQLにおけるBeforeトリガーとAfterトリガーの違い

定義

前トリガは、テーブル上で特定の操作が行われる前に自動的に実行されるトリガの一種である

対照的に、後トリガは、テーブル上で特定のオペレーションが発生した後に自動的に実行されるトリガの一種です

したがって、これらの定義は、MySQLの前トリガと後トリガの基本的な違いを説明しています。

使用方法

通常、Before トリガーを使用するのは、テーブルにデータを受け入れる前にバリデーションを行い、テーブルからデータを削除する前に値をチェックするためです。

しかし、通常、後トリガーを使用するのは、発生した変更によりテーブルのデータを更新するためです。

したがって、MySQLの前トリガと後トリガの主な違いは、それらを使用する場所です。

銀行アプリケーションでは、beforeトリガは値を削除する前にチェックするのに役立ち、一方afterトリガはaccountsテーブルの残高を更新するのに役立ちます。

結論

MySQLのBeforeトリガとAfterトリガの主な違いは、Beforeトリガがテーブル上で特定のオペレーションが実行される前にアクションを実行するのに対して、Afterトリガはテーブル上で特定のオペレーションが実行された後にアクションを実行することです。

タイトルとURLをコピーしました