ヴィーガンとクルーエルティフリーの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ビーガンとクルーエルティフリーの主な違いは、ビーガンは、製品に動物性原料や動物性副産物が含まれていないことを意味し、クルーエルティフリーは、製品の製造過程で動物を傷つけたり殺したり、動物実験を行っていないことを意味します

ビーガンとクルーエルティフリーは、製品にどの程度動物が関与しているかを示すラベルです。

しかし、この2つのラベルの境界線は、時に少し曖昧になります。

これらのラベルにはFDAの定義がないため、厳密な規制がなく、その違いは製品によって異なることがあります。

とはいえ、ヴィーガン・ラベルは製品に含まれる成分を、クルーエルティ・フリー・ラベルは製造工程を説明するものです。

スポンサーリンク

ビーガンの意味するところ

The vegan label can be seen in products that do not contain any animal ingredients.  This means that vegan products do not have any animal-derived ingredients. Moreover, the term vegan actually describes the ingredients in the product, not the production process.Difference Between Vegan and Cruelty Free

また、ヴィーガン製品は、動物由来成分を含まないことも重要です。

動物由来成分には、蜂蜜、蜜蝋、ゼラチン、ラノリン(羊毛脂)、スクワレン(鮫肝油)、アンバーグリス(鯨吐物)、胎盤(羊腸)などが含まれていることが多いです。

しかし、ヴィーガン製品の製造において、動物に害を与えていないことを保証するものではありません。

時には、ヴィーガン製品が動物実験されている場合がありますが、これはもちろんヴィーガンの精神に反するものです。

クルエルティフリーとは

クルエルティ・フリーというラベルは、生産工程を示すものです。

このラベルは、ある製品の生産または製造が、動物の殺傷や動物実験を伴わないことを示すものです。

つまり、クルーエルティフリー製品およびその基本成分は、その製造のどの段階においても動物実験を行っていないのです。

このラベルは、食品、化粧品、その他のパーソナルケア製品など、さまざまな製品で見かけることができます。

また、残酷でない製品であることを示すロゴは、組織や機関によって異なっています。

  • ヒューマンコスメティックスタンダードによるリーピングバニーラベル
  • Choose Cruelty-Free(化粧品、衛生・家庭用品、医薬品に適用されます。)
  • PETA (動物の倫理的扱いを求める人々の会)
  • IHTN ラビット

Main Difference - Vegan vs Cruelty Free

クルーエルティフリー製品とは、動物実験を行っていない製品ですが、動物由来の成分や副産物が含まれている場合があります。

そのため、これらの製品は本当にクルーエルティフリーなのか、という疑問が生じます。

ビーガンとクルーエルティフリーの違い

定義

ビーガンとは、動物性原料や動物性副産物を含まない製品であることを示し、クルエルティフリーとは、製品の製造過程で動物を傷つけたり殺したり、動物実験をしていないことを示します。

原材料と製造工程

ビーガンというラベルは、製品に含まれる成分を表し、クルーエルティフリーというラベルは、製造工程を表します。

自然

クルーエルティフリー製品は、動物実験を行っていませんが、動物由来の成分や副産物が含まれている場合があります。

同様に、ヴィーガン製品も、動物実験が行われている場合があります。

結論

ビーガンとは、製品に動物性原料や動物性副産物が含まれていないことを示し、クルエルティフリーとは、製品の製造において、動物を傷つけたり殺したり、動物実験を行っていないことを示します。

簡単に言うと、ヴィーガンのラベルは製品に含まれる成分を、クルーエルティフリーのラベルは製造工程を表しています。

これが、ヴィーガンとクルーエルティフリーの主な違いです。

タイトルとURLをコピーしました