レジスタとバッファの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


レジスタとバッファの主な違いは、レジスタがデータを高速に転送するためのプロセッサ内の一時記憶領域であるのに対し、バッファはデータを使用する前に保持するメインメモリ内の一時記憶領域である点です。

レジスタは、プロセッサに内蔵された高速なメモリ領域です。

さらに、コンピュータで利用できるレジスタの総数は、コンピュータのアーキテクチャによって異なり、マシンによっても異なる。

実際、レジスタの数が多ければ多いほど、プロセッサの性能を高めるのに役立つ。

一方、バッファは、プロセスやデバイスが使用できるようにデータを一時的に保持する主記憶装置の場所です。

スポンサーリンク

レジスターとは

レジスタとは、高速で小さな記憶装置のことです。

プロセッサはレジスタにデータを一時的に格納します。

これにより、ある場所から別の場所へのデータの保存と転送が可能になります

レジスタには、読み取り専用の操作を実行できるものと、書き込み専用の操作を実行できるものがあります。

さらに、レジスタのサイズはコンピュータのアーキテクチャによって異なることがあります。

レジスタは、受け取ったデータを記憶し、CPUの指示に従い必要な場所に送ります

Main Difference - Register vs Buffer

さらに、コンピュータ・システムで利用できるレジスタにはさまざまな種類があり、さまざまな演算を行います。

その一部を紹介すると、次のようになる。

プログラムカウンタ(PC)-次に実行されるべき命令のアドレスを保持する。

命令レジスタ(IR) – 現在実行中の命令のアドレスを保持します。

スタックポインタレジスタ(SPR) – スタックを管理します。

アキュムレータ・レジスタ(AX)- 算術と論理の中間結果を格納します。

データレジスタ(DR) – 算術演算の数値を保持します。

アドレス・レジスタ:一次メモリを間接的にアクセスする命令のアドレスを保持します。

ステータス・レジスタ-命令のステータス(実行の可否)を保持します。

汎用レジスタ – データとアドレスの両方を格納します。

浮動小数点レジスタ – 浮動小数点値を保持します。


ベクトル・レジスタ – ベクトル処理に必要なデータを保持します

Bufferとは?

バッファとは、入出力データの転送中にデータを保持するためのメインメモリ内の領域のことです。

コンピュータ内のプロセス間でデータを移動する際に便利です。

例えば、インターネットからビデオやオーディオファイルをダウンロードするときにバッファを使用します。

ファイルの20%程度がバッファに格納される。

その後、再生が始まります。

再生中、コンピュータはファイルの残りの部分を継続的にダウンロードする。

新しい部分もバッファに格納される。

同様に、ファイルはインターネットから直接ではなく、バッファの助けを借りて再生されます。

これにより、ネットワークトラフィックが大きいためにファイルがスキップされたり、停止したりするのを防ぐことができます。

レジスタとバッファの違い

定義

レジスタとは、コンピュータのCPUで利用可能な、素早くアクセスできる少量の高速ストレージのことです

バッファまたはデータバッファは、データをある場所から別の場所に移動する間に一時的に格納するために使用される物理メモリストレージの領域です。

したがって、これがレジスタとバッファの主な違いです。

所在地

なお、レジスタはCPU内にあり、バッファはメインメモリ内にある。

使用方法

レジスタは、プロセッサが処理のためにデータを一時的に保存し、ある場所から別の場所に転送することを可能にします

バッファは、データを使用する前に一時的に保存するのに役立ちます。

したがって、この点もレジスタとバッファの違いとなります。

結論

レジスタとバッファの主な違いは、レジスタはデータを高速に転送するためのプロセッサ内の一時記憶領域であり、バッファはデータを使用する前に保持するメインメモリ内の一時記憶領域であることである

タイトルとURLをコピーしました