タイプ1ハイパーバイザーとタイプ2ハイパーバイザーの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


タイプ1とタイプ2のハイパーバイザーの主な違いは、タイプ1のハイパーバイザーがホストのハードウェア上で直接動作するのに対し、タイプ2のハイパーバイザーは他のコンピュータプログラムと同様にオペレーティングシステム上で動作することである

個々のシステムでアプリケーションを実行すると、リソースの浪費を招きます。

この問題を解決するのが、仮想化です。

実際、仮想化とは、サーバー、オペレーティングシステム、ネットワーク、ストレージデバイスの仮想バージョンを作成するプロセスです。

また、複数の実行環境間でリソースを分割することもできます。

さらに、仮想化に関連するものとして、ハイパーバイザーがあります。

これは、VMM(Virtual Machine Monitor)です。

つまり、仮想マシンを作成し、実行するものです。

ハイパーバイザーには、タイプ1とタイプ2の2種類があります。

スポンサーリンク

タイプ1ハイパーバイザーとは

ハイパーバイザーが単一または複数の仮想マシンを実行するコンピュータをホストマシンと呼びます。

また、各仮想マシンはゲストマシンとなります。

タイプ1ハイパーバイザーは、ベアメタルハイパーバイザーまたはネイティブハイパーバイザーと呼ばれます。

これは、ホストハードウェア上で直接実行されます。

さらに、ゲストOSを管理し、ハードウェアを制御します。

また、IBMが開発した最初のハイパーバイザーは、ネイティブハイパーバイザーでした。

これには、SIMMONというテストソフトウェアが含まれていました。

さらに、CP/CMSオペレーティングシステムも持っていました。

AntsleOs、Xen、XCP-ng、Microsoft Hyper V、VMware ESX/ESXi、Oracle VM Server for x86などが、第1種ハイパーバイザーの例として挙げられます。

タイプ2ハイパーバイザーとは

タイプ2のハイパーバイザーは、ホストOSハイパーバイザーと呼ばれています。

これらのハイパーバイザーは、他のコンピュータプログラムと同様に、オペレーティングシステム上で実行されます。

例えば、オペレーティングシステムがあるとします。

OSの上にハイパーバイザーがあります。

これは、別のOSを実行するためのエミュレータ環境を提供するものです。

  つまり、ゲストOSはホスト上の1プロセスとして動作する。

なお、VMware Workstation、VMware Player、VirtualBox、Parallel Desktop for Macなどが第2種ハイパーバイザーの例です。

Main Difference - Type 1 vs Type 2 Hypervisor

タイプ 1 とタイプ 2 のハイパーバイザーの違い

定義

タイプ1ハイパーバイザーは、ホストのハードウェア上で直接動作してハードウェアを制御し、ゲストOSを管理するハイパーバイザーであり、タイプ2ハイパーバイザーは他のコンピュータープログラムと同様に従来のオペレーティングシステム上で動作するものです。

したがって、これがタイプ1ハイパーバイザーとタイプ2ハイパーバイザーの主な違いです。

同義語

タイプ1のハイパーバイザーはネイティブまたはベアメタルハイパーバイザーと呼ばれ、タイプ2のハイパーバイザーはホストOSハイパーバイザーと呼ばれます。

機能性

機能面もタイプ1とタイプ2のハイパーバイザーの違いの1つです。

タイプ1のハイパーバイザーはホストのハードウェア上で直接動作し、タイプ2のハイパーバイザーは他のコンピュータプログラムと同様にオペレーティングシステム上で動作する。

AntsleOs、Xen、XCP-ng、Microsoft Hyper V、VMware ESX/ESXi、Oracle VM Server for x86などがタイプ1ハイパーバイザー、VMware Workstation、VMware Player、VirtualBox、Parallel Desktop for Macなどがタイプ2ハイパーバイザーとしてあげられるでしょう。

結論

結論から言うと、ハイパーバイザーは仮想マシンを作成し実行することができるものです。

ハイパーバイザーには、タイプ1とタイプ2の2種類があります。

タイプ1とタイプ2のハイパーバイザーの主な違いは、タイプ1のハイパーバイザーはホストのハードウェア上で直接動作し、タイプ2のハイパーバイザーは他のコンピュータプログラムと同様にオペレーティングシステム上で動作することです。

タイトルとURLをコピーしました