アートとクラフトの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アートとクラフトの大きな違いは、アートが再現できないのに対し、クラフトは再現できることです。

アートは自分の感情や感覚を創造的に表現するものであるのに対し、クラフトは特定の才能から生み出される究極の創造的で具体的なアウトプットです。

世の中にある多くのものの創造性や美しさは、芸術的な方法で表現することができます。

アートとクラフトは、そのような創造的でユニークな美しいアウトプットの2つです。

しかし、アートとクラフトの間には明確な違いがあります。

アートとは

しかし、オックスフォード大学の辞書によると、アートとは「人間の創造的な技術や想像力を、絵画や彫刻などの視覚的な形式で表現・応用し、主にその美しさや感情的な力によって鑑賞されるべき作品を生み出すこと」と定義されています。

このように、アートとは、個人の感情や感覚を美しい芸術的な方法で表現することと定義することができる。

いくつかの定義

世界の著名な芸術家たちが、芸術をこのように定義しています。

“芸術の目的は、私たちの魂から日常生活のほこりを洗い流すことである” – パブロ・ピカソ

「芸術とは、ある人間が意識的に、ある外的徴候によって、自分が生きてきた感情を他者に伝え、他者がその感情に感染し、またそれを経験すること、このことからなる人間の営みです。

図1:パブロ・ピカソの「鏡の前の少女

このように、芸術は広い意味で人の思考、感情、欲望を表現するものであり、その人の人格を洞察する表現でもあるのです。

このように、芸術は個人の心の中にあるものであり、他の人には再現できない独自の価値を持つものといえます。

また、芸術は後天的な才能よりも、生まれつきの才能に大きく左右される。

芸術は、絵画、彫刻、詩など、さまざまなメディアで構成される。

しかし、「芸術」という言葉に関連する最もポピュラーなメディアは絵画です。

また、芸術家は、職人が事前に何を作っているかを知っていて、最終的な作品を予測できるのとは異なり、最後まで作品の仕上がりを予測することができません。

その結果、芸術が最後に生み出すものは、誰かの心に響くような感情表現となる。

その結果、完成度の高いユニークな作品になるのです。

スポンサーリンク

クラフトとは

簡単に言えば、工芸とは、手で物を作る技術を伴う活動であると説明することができます。

そのためには、創造的な思考と、特定の工芸スタイルに対する一定のスキルが必要です

したがって、工芸品には職人のスタイルと才能が最も重要な要素です。

図3:陶磁器の工芸品

また、工芸の大きな特徴は、単に機械を使う技術ではなく、職人の技や手の技が高度に要求されることで、そのため「手工芸」とも呼ばれる。

また、美術品とは異なり、個人の感性に左右されることがないのも工芸品の特徴です。

しかし、工芸品のユニークさは、職人の創造性に依存することがあります。

また、才能と熟練の技、そして豊かな経験が、工芸品の完成度を高めていくのです。

図4: ジュエリークラフト

工芸品の種類

世界にはいくつかの工芸の種類があります。

それらは次のように分類される。

  • 織物工芸
  • 木工芸
  • ペーパークラフト
  • 陶器・ガラス工芸
  • 宝飾品

さらに、職人技は多くの人が趣味として、また職業として実践しています。

工芸品は文化遺産の象徴であると同時に、創造的な手仕事に長けた人々にとっては、良い起業家産業でもあるのです。

その最たる例が、陶磁器産業とセラミック産業です。

アートとクラフトの共通点

  • 創造的な表現方法です。
  • 芸術も工芸も完璧を目指すには、ある程度の才能が必要です。

アートとクラフトの違い

定義

芸術は、誰かの感情や欲求を視覚的に表現するユニークな方法であり、工芸は、創造的なものを手作業で作る創造的な方法です。

したがって、これが芸術と工芸の基本的な違いです。

複製または複写

芸術と工芸の大きな違いは、複製です。

芸術はユニークで、より個人的なものであるため、再現や複製はできない。

これに対して工芸は、同じ才能を持つ別の人が、特定の工芸作品の同じスタイルを踏襲することによって、再現することができます。

このように、芸術は個性的ですが、工芸は複製が可能なため、個人的な観点からはそれほど個性的ではありません

才能とスキル

芸術と工芸の重要な違いは、芸術は生まれつきの才能に左右されるのに対し、工芸は才能と技術が経験によってよく磨かれ、特定のスタイルに従って形成される必要があるという点です

さらに、才能とスキルは、工芸の必需品です。

エモーション

芸術の核は感情表現であり、工芸の核は手で作ったものを創造的にアウトプットすることである

この点も、美術と工芸の大きな違いです。

芸術と工芸の違いとして、価値も重要です。

美術品には情緒的な価値があり、工芸品には魅力的で創造的な価値があります。

結論

芸術と工芸は似ているようでいて、明確な違いがあります。

どちらも個人が世に送り出すことができる創造的で美しいアウトプットです。

しかし、芸術はより個人的な感情のユニークな表現であるのに対し、工芸は技術や才能の具体的なアウトプットです。

したがって、芸術と工芸の主な違いは、芸術が再現できないのに対し、工芸は再現できることです。

タイトルとURLをコピーしました