仙骨と尾骨の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


仙骨と尾骨の主な違いは、仙骨は第5腰椎(L5)の下、腰骨の間にある大きくて平らな三角形の骨であるのに対し、尾骨は仙骨の下に位置することである

また、仙骨は5個の椎骨が融合したものであるのに対し、尾骨は3~5個の骨が融合したものです。

仙骨と尾骨は、脊柱の一番下にある2種類の骨構造です。

どちらの骨も小さな骨で構成されており、30歳を過ぎる頃には融合して強固な骨となります。

スポンサーリンク

仙骨とは

仙骨は、5つの仙椎(S1~S5)が融合してできたくさび形の骨です。

幼少期には、脊柱の中で個々の仙椎が椎間板で区切られているのが確認できる。

 しかし、20歳を過ぎると椎間板の骨化によって融合し、一つの骨となる傾向があります。

女性では仙骨の幅が広く、男性では第一仙骨が大きいことが特徴的です。

What is the Difference Between Sacrum and Coccyx 図1:仙骨

さらに、仙骨は骨盤腔の背面上部を形成している。

仙骨の両脇にある2つの突起(翼)を介して、腸骨とL字型の仙腸関節を形成し、関節を形成している。

また、仙骨は腰仙関節を介して第5腰椎と関節を形成しています。

さらに、仙骨の主な働きは、骨盤の背面を形成し、脊柱の下部領域を安定させ、体重を支えることである

Coccyxとは

尾骨(びこつ)は、人間の骨格の名残の構造物です。

胚の尾のような突起の名残りです。

その後、3〜5個の尾骨が融合してできた小さな三角形の骨となる。

重要なのは、これらの椎骨は脊柱の他の椎骨と比較すると、あまり発達していないことである

しかし、尾骨は脊柱の最終節を形成している。

しかし、尾骨は脊柱の最終節を形成し、仙骨とは仙腸関節を形成して上からしか関節がない。

また、尾骨は骨格の中で特別な機能を担っているわけではない。

しかし、脚を動かすときにわずかに動く。

 また、尾骨は、座るという動作に関わる3つの部位のうちの1つです。

つまり、腰骨の下の2つの部分と尾骨は、座っているときにバランスと安定性を提供する役割を担っている。

仙骨と尾骨の類似点

  • 仙骨と尾骨は、第5腰椎(L5)より下の椎骨の下部にある2種類の骨の構造です。
  • 一般的に、この2つの骨は小さな骨で構成されています。この小さな骨は、30歳までに融合して強固な骨量になります。
  • 骨盤の構成要素であり、三角形の形をしている。
  • また、脊柱の仙骨カーブを形成しています。
  • また、座る、立つ、歩くといった動作の際に機能する骨です。
  • また、体重を支える役割も担っています。
  • どちらも腰痛に関与している可能性があります。

仙骨と尾骨の違い

定義

仙骨は脊椎骨が融合してできた腰の三角形の骨で、骨盤の2つの腰骨の間にある。

一方、尾骨はヒトと一部の類人猿の脊柱の底にある小さな三角形の骨で、融合した旧脊椎骨が形成されている。

このように、仙骨と尾骨の主な違いはここにある。

フォーメーション

さらに、仙骨は5つの椎骨(S1~S5)が融合して形成されているのに対し、尾骨は3~5つの椎骨(C1~C5)が融合して形成されている。

このことも仙骨と尾骨の違いのひとつです。

所在地

さらに、仙骨と尾骨の重要な違いとして、その位置も挙げられます。

仙骨が腰骨の間にある第5腰椎(L5)のすぐ下にあるのに対し、尾骨は仙骨のすぐ下にある。

ジョイント

仙骨は腸骨とL字型の仙腸関節を形成し、仙骨は第5腰椎と腰仙関節を形成し、尾骨は尾骨角膜を介して仙骨と関節を形成しています。

ベストプラクティス(Vestigial Structures)

また、仙骨と尾骨のもう一つの違いは、仙骨は前庭構造でないのに対し、尾骨は前庭構造であることである

機能

また、仙骨は体重を支える機能と安定させる機能があり、尾骨は座るときに安定させる機能があります。

これも仙骨と尾骨の違いですね。

結論

仙骨は、第5腰椎のすぐ下にある骨の塊です。

また、腸骨と関節して骨盤を形成しています。

そのため、背骨の一番下で体重を支える機能と安定させる機能があります。

一方、尾骨は脊柱の最後尾に位置する。

骨格の中で目立った機能を持たないため、前時代的な構造と考えられている。

しかし、座っているときに体を安定させるのに役立っています。

仙骨と尾骨は、どちらも脊柱の一番下にある2つの骨です。

しかし、仙骨と尾骨の主な違いは、その構造と役割にあります。

タイトルとURLをコピーしました