エストロゲンとプロゲスチンの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


エストロゲンとプロゲスチンの主な違いは、エストロゲンが主要な女性ホルモンであるのに対し、プロゲスチンはエストロゲンとプロゲステロンの両方が配合された錠剤であることです。

エストロゲンとプロゲスチンは、錠剤の形で服用することができる2種類の性ホルモンです。

 さらに、エストロゲンは女性の第二次性徴の発達に関与し、プロゲスチンは月経周期の排卵を防ぐ。

スポンサーリンク

エストロゲンとは

エストロゲンは、女性の主要な性ホルモンです。


ステロイドホルモンの一種です

実際には、エストロゲンという言葉は、エストロン、エストラジオール、エストリオールを含む一群のホルモンを指します。

エストロゲンの合成は、子宮の両脇にあるブドウ大の卵巣で行われます。

さらに、副腎の脂肪細胞からも少量のエストロゲンが産生されます。

また、卵胞刺激ホルモン(FSH)は、エストロゲンの合成を調節しています。

図1: エストラジオール

さらに、エストロゲンの主な働きは、乳房、大腿筋、ヒップの肥大、わき毛や陰毛の発生、皮下脂肪や脂肪沈着など、女性の第二次性徴の発現です。

さらに、エストロゲンが少ないと、月経周期が短くなったり、膣の乾燥や薄毛、気分の落ち込みなどを引き起こすことがあります。

その上、エストロゲンのレベルが高いと、月経周期中の大量出血、疲労、体重増加、および線維嚢胞性乳房につながる可能性があります

一般的に、エストロゲンの濃度は、月経周期の中頃、排卵の時点で増加します。

エストロゲンは、経口避妊薬や更年期障害や月経障害の治療のために、人工的に製造されることもあります。

プロゲスチンとは

プロゲスチンは、エストロゲンとプロゲステロンが一緒になったピルです。

黄体ホルモンの主な働きは、月経周期の中頃に卵子が放出されるのを防ぎ、妊娠を予防することです。

ここで、ピルに含まれるエストロゲンの主な働きは、脳下垂体でのFSHとLHの合成を阻止することです。

また、周期の途中の破綻出血を防ぐ働きもあります。

一方、プロゲステロンは、LHの合成を阻止し、卵子の放出を防ぐ役割を担っています。

また、子宮内膜の厚さを増して卵子の着床を防ぎます。

卵子が精子と受精する能力を低下させます。

プロゲステロンは、子宮頸管粘液を濃くして、精子が子宮内に移動する能力も妨げます。

図2:プロゲステロン

プロゲスチンは、プロゲステロンのみの避妊薬よりも効果が高いです。

しかし、プロゲスチン錠剤に含まれる合成エストロゲンに反応して、アレルギーを起こす患者さんもいます。

そこで、プロゲステロンのみの避妊薬が効果的です。

エストロゲンとプロゲスチンの類似性

  • エストロゲンとプロゲスチンは、性ホルモンの一種です。
  • どちらも避妊薬として使用することができます。

エストロゲンとプロゲスチンの違い

定義

エストロゲンとは、女性の身体的特徴の発達と維持を促進する一群のステロイドホルモンを指し、プロゲスチンとは、妊娠を維持し、妊娠中の排卵を防止する天然または合成のステロイドホルモンを指します。

このように、エストロゲンとプロゲスチンの主な違いはこのように説明されます。

意義

エストロゲンとプロゲスチンのもう一つの違いは、エストロゲンホルモンはエストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類であるのに対し、プロゲスチンはエストロゲンとプロゲステロンの両方を含んでいることである

合成/天然

エストロゲンは天然ホルモンで、プロゲスチンは合成ホルモンの組み合わせです。

これがエストロゲンとプロゲスチンの大きな違いです。

重要性

また、エストロゲンは女性の第二次性徴の発達に関与し、プロゲスチンは主に卵の放出を防ぐ避妊薬の一種である

結論

エストロゲンは、女性の第二次性徴の発達に関与する女性ホルモンです。

エストロゲンには、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類があります。

一方、プロゲスチンは、エストロゲンとプロゲステロンの両方を含む合成ホルモン剤です。

卵の放出が妨げられるため、妊娠を防ぐことができます。

したがって、エストロゲンとプロゲスチンの主な違いは、その働きです。

タイトルとURLをコピーしました