ラメリポディアとフィロポディアの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ラメラリポディアとフィロポディアの主な違いは、ラメラリポディアが細胞の最先端にあるアクチンタンパク質からなる細胞骨格の突起であるのに対し、フィロポディアはラメラリポディアから伸びる細長い細胞質突起であることである

ラメラポディアとフィロポディアは、移動性細胞の前縁にある2種類の細胞質突起です。

ラメラポディア内では、アクチンリブはマイクロスパイクと呼ばれ、ラメラポディアを越えて伸びている場合はフィロポディアと呼ばれる。

ラメリポディアとは

細胞骨格を形成するアクチンタンパク質で、移動性細胞の前縁に存在する。

一般に、細胞内には2次元的なアクチンの網目構造があり、この網目構造が基質を横切って細胞全体を推進させる。

ラメリポディアには、マイクロスパイクと呼ばれるアクチンフィラメントのリブがあります。

これらのマイクロスパイクの一部は、ラメラポディアの境界を越えて広がっており、フィロポディアと呼ばれる。

また、アクチンが取り込まれる主要な部位は、細胞の細胞膜におけるアクチン核形成です。

Compare Lamellipodia and Filopodia - What's the difference?:図1:ラメラリポディアとフィロポディア

さらに、ラメリポディアは主にすべての移動性細胞で発生する。

例えば、カエルや魚の角化細胞は、上皮の上を10-20μm / minの速度で移動する。

しかも、傷の修復を迅速に行うことができる。

したがって、細胞の移動の際、ラメリポディアの主な機能は、細胞を前進させることである

移動する細胞では、ラメラリポディアの先端でエキソサイトーシスが起こり、アクチン重合によってラメラが前方に伸展し、細胞の前方が前進するのです。

スポンサーリンク

フィロポディアとは

フィロポディアは、移動する細胞において、ラメラポディアの先端から伸びる細長い細胞質突起です。

つまり、糸状体はラメラポディアを越えて伸びているアクチン肋骨です。

通常、糸状体はアクチンフィラメントと呼ばれるミクロフィラメントを含んでいる。

アクチンフィラメントは、アクチン結合タンパク質であるファシンとフィムブリンによって架橋されている。

図2:糸状体

さらに、糸状体は細胞移動において2つの機能を持つ。

すなわち、基質と接着し、細胞表面と結合する機能と、化学刺激性の手がかりを感知し、指向性のある運動へと変化させる機能です。

さらに、糸状体は細胞間相互作用においても重要な役割を担っている。

脊椎動物の創傷治癒過程では、成長因子が糸状体形成の刺激となる。

ラメラポディアとフィロポディアの類似性

  • ラメリポディアとフィロポディアは、移動性細胞の先端にある2種類の突起です。
  • これらは細胞移動組織に属している。
  • 主な機能は細胞の移動です。
  • 両者ともアクチンフィラメントの集合を必要とする構造です。

ラメリポディアとフィロポディアの違い

定義

一方、糸状虫は、一部の原生動物や胚細胞に見られるような、細長く先細りの仮足です。

意義

ラメラポディアは細胞の先端部にあるアクチンタンパク質からなる細胞骨格タンパク質の突起であり、フィロポディアはラメラポディアを越えて伸びる細長い細胞質突起です。

機能

通常、ラメリポディアは成長管の移動に関与し、フィロポディアは主に環境センサーとして機能する。

結論

ラメリポディアとフィロポディアは、移動する細胞の最先端に生じる2つのアクチンタンパク質構造体です。

一般に、ラメラリポディアとフィロポディアの形成は、細胞膜のアクチン核形成によって行われる。

その主な機能は、細胞の移動を助けることである

しかし、ラメラリポディアは細胞骨格タンパク質の突起であるのに対し、フィロポディアはさらに伸びている。

ラメラリポディアは細胞移動と細胞間相互作用に関与し、フィロポディアは化学向性の手がかりの感知に関与している。

したがって、ラメラリポディアとフィロポディアの主な違いは、その構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました