ActiveMQとRabbitMQの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ActiveMQとRabbitMQの主な違いは、ActiveMQはJava言語で書かれたオープンソースのマルチプロトコルをサポートするメッセージブローカーであり、RabbitMQはErlang言語で書かれたオープンソースのマルチプロトコルをサポートするメッセージブローカーである点です。

メッセージブローカーは、送信者のメッセージを正式なメッセージプロトコルから受信者の正式なメッセージプロトコルに変換するのに役立つ中間コンピュータプログラム・モジュールです。

さらにメッセージブローカーは、コンピュータや通信ネットワークにおいて、さまざまなアプリケーションが定義されたメッセージを交換することで互いに通信できるようにするのに役立ちます。

全体として、ActiveMQとRabbitMQの2つが一般的なメッセージブローカーです。

スポンサーリンク

ActiveMQとは

ActiveMQは、オープンソースのメッセージブローカーです。

2004年にLogicBlaze社がオープンソースのメッセージブローカーとしてActiveMQを開発したのが最初です。

2007年にApache Software FoundationがActiveMQの商標とコードを取得しました。

ActiveMQは、Java Message Service (JMS)クライアントで構成されている。


複数のクライアントやサーバーをサポートすることが可能である

さらに、コンピュータクラスタリングのような機能は、通信を管理するのに役立ちます。

また、ActiveMQには、ActiveMQ 5 “Classic “とActiveMQ Artemisという2つのバージョンがあります。

ActiveMQ 5 “Classic “は、JNDIを含むJMS 1.1フルクライアント実装のプラガブルアーキテクチャです。

また、永続化のためにKahaDBとJDBCのオプションが用意されています。

さらに、分散負荷のためのブローカーネットワークも用意されています。

ActiveMQ Artemisは、イベントドリブン型メッセージングアプリケーション向けの高性能なノンブロッキングアーキテクチャです。

JNDIを含む完全なクライアント実装のJMS 1.1および2.0を含んでいます。

また、負荷を分散させるための柔軟なクラスタリングがあります。

さらに、プロトコルにとらわれない強力なアドレスモデルや、容易な移行も可能です

ActiveMQは複数の利点を提供します。

様々な言語とプラットフォームをサポートしています。

その中には、C、C++、Python、.NETなどがあります。

  さらに、Advanced Message Queuing Protocol (AMQP)を使って、マルチプラットフォームアプリケーションを統合することが可能です

また、ウェブソケット上のSTOMP(Streaming Text Oriented Messaging Protocol)を利用して、ウェブアプリケーション間でメッセージ交換ができることも重要な利点の一つです。

さらに、IoTデバイスの管理にも役立ちます。

全体として、あらゆるメッセージング要件に対応することができます。

RabbitMQとは

RabbitMQは、オープンソースのメッセージブローカーです。

当初は Advanced Message Queuing Protocol を実装するために設計されました。

その後、STOMPやMQTTなど様々なプロトコルに対応するため、プラグインアーキテクチャで拡張されました。

RabbitMQの共通機能としては、以下のようなものがあります。

同期メッセージング – 複数のメッセージングプロトコル、メッセージキューイング、確認応答の配信をサポートしています。

開発者の体験 – Java、PHP、.NET、Pythonなど様々な言語でのクロスランゲージメッセージングを開発することが可能です

また、Docker、Puppet、Chefを使用してアプリケーションをデプロイすることができます。

分散デプロイメント – 様々なゾーンやリージョンを持つ分散環境をサポートします。

さらに、高可用性とスループットを実現するために、クラスタとしてデプロイすることも可能です


エンタープライズとクラウドのサポート – プラグイン可能な認証と認可のサポートがあります

また、アプリケーションをパブリッククラウドやプライベートクラウドに簡単にデプロイすることが可能です

ツールとプラグイン – 他の企業システムとの連続的な統合と統合のためのツールがあります。

これにより、RabbitMQの機能を拡張することができます。

管理および監視 – さらに、RabbitMQを管理および監視するためのHTTP-API、コマンドラインツール、およびUIがあります。

ActiveMQとRabbitMQの違い

定義

ActiveMQはJavaで書かれたオープンソースのメッセージブローカーで、完全なJava Message Service(JMS)クライアントで構成されている。

一方、RabbitMQは、もともとAdvanced Message Queuing Protocolを実装したオープンソースのメッセージブローカーです。

つまり、ここがActiveMQとRabbitMQの根本的な違いです。

開発者

ActiveMQの開発元はApache Software Foundation、RabbitMQの開発元はPivotal Softwareです。

ライセンス

また、ActiveMQはApache License 2.0、RabbitMQはMozilla Public Licenseとなっています。

言語

ActiveMQとRabbitMQの主な違いは、ActiveMQがJavaで書かれているのに対し、RabbitMQはErlangで書かれていることです。

結論

簡単に説明すると、ActiveMQとRabitMQは広く使われている2つのメッセージブローカーです。

ActiveMQとRabbitMQの主な違いは、ActiveMQはJava言語で書かれたオープンソースのマルチプロトコルをサポートするメッセージブローカーであり、RabbitMQはErlang言語で書かれたオープンソースのマルチプロトコルをサポートするメッセージブローカーであることです。

全体として、それらは両方とも産業プロトコルをサポートしています。

したがって、ユーザーは、言語とプラットフォームの広い範囲で利点を得ることができます。

タイトルとURLをコピーしました