ピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの主な違いは、ピノサイトーシスが選択的なプロセスではないのに対し、受容体介在型エンドサイトーシスは選択的なプロセスであるということです。

さらに、ピノサイトーシスは単に細胞膜を通過して起こるのに対し、受容体介在型エンドサイトーシスは受容体の補助を受けて起こります。

小胞を形成して細胞内に物質を取り込むエンドサイトーシスには、ファゴサイトーシス、ピノサイトーシス、受容体介在型エンドサイトーシスの3つの方法があるのです。

ピノサイトーシスの別名は「細胞飲み」であり、受容体介在型エンドサイトーシスは同じくクラスリン介在型エンドサイトーシスと呼ばれている。

スポンサーリンク

ピノサイトーシスとは

ピノサイトーシスとは、エンドサイトーシスの一種で、細胞内に液体を溶質とともに取り込むという単純な方法である

そのため、「セルドリンク」とも呼ばれる。

細胞飲用では、細胞の細胞膜が液体を取り囲み、ピノソームと呼ばれる小胞を形成して侵入し、細胞質へと挟み込む。

さらに、小胞内の液体は細胞質内に吸収される。

そして、溶質とともに残った小胞は、消化酵素によって中身が分解されるリソソームと融合する。

しかし、ピノサイトーシスは、エンドサイトーシスの一つであるファゴサイトーシスと比較すると、ATPというエネルギーを大量に必要とする

受容体介在型エンドサイトーシスとは?

受容体介在型エンドサイトーシス (RME) は、溶質を選択的に細胞内に取り込むエンドサイトーシスのもう一つの方法です。

この方法では、受容体が分子の選択に関与しています。

栄養物やタンパク質のような特定の溶質を認識した後、クラスリンという大きなタンパク質分子が内形質膜にピットを形成する役割を担っている。

そして、このピットは細胞質内でコーティングされた小胞に芽生える。

このプロセスの重要な点は、細胞内への液体の侵入をごく一部しか許さないことである

また、このプロセスにはクラスリンが関与しているため、このタイプのエンドサイトーシスはクラスリン媒介性エンドサイトーシスとも呼ばれる。

一般に、受容体介在型エンドサイトーシスは、ほとんどの種類の細胞で行われているエンドサイトーシスの主要な方法です。

このプロセスによって細胞内に取り込まれる重要なタイプの分子には、ホルモン結合分子、トランスフェリンなどの鉄結合タンパク質、低密度リポタンパク質コレステロール担体などがあります。

ピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの類似性

  • エンドサイトーシスには、ファゴサイトーシス、ピノサイトーシス、受容体介在型エンドサイトーシスの3つの方法があります。
  • いずれも細胞膜を介したエンドサイトーシスです。
  • また、いずれの方法も、細胞膜から細胞内に拡散しにくいタンパク質などを取り込むのに重要な方法です。
  • しかし、これらの方法は細胞エネルギーの要求が高く、能動輸送法に分類される。

ピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの違い

定義

ピノサイトーシスとは、細胞膜から小胞が出芽することで液体を細胞内に取り込むことを指し、受容体介在型エンドサイトーシスとは、特定の分子を細胞内に取り込むエンドサイトーシス機構を指す。

これが、ピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの主な違いです。

という呼び名もあります。

さらに、ピノサイトーシスはセルドリンキングとも呼ばれ、受容体介在型エンドサイトーシスはクラスリン介在型エンドサイトーシスとも呼ばれる。

主な構成要素

さらに、ピノサイトーシスは主に液体を取り込み、受容体介在型エンドサイトーシスは主に溶質を取り込む。

レセプターの関与

ピノサイトーシスと受容体介在エンドサイトーシスのもう一つの違いは、細胞膜上の受容体が受容体介在エンドサイトーシスに関与するのに対し、受容体はピノサイトーシスに関与しないことである

選択性

また、ピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスで大きく異なるのが選択性です。

ピノサイトーシスは選択的なプロセスではないのに対して、受容体介在型エンドサイトーシスは選択的なプロセスです。

溶質摂取量

このほか、細胞外液中の溶質はピノサイトーシスによって細胞内に入り、選択された溶質は受容体媒介エンドサイトーシスで受容体に結合して細胞内に入り込む。

ベシクル形成

ピノサイトーシスでは細胞膜の侵入によって小胞が形成されるが、受容体介在型エンドサイトーシスでは細胞膜の内部への出芽によって小胞が形成される。

したがって、この点もピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの違いと言える。

効率性

ピノサイトーシスは効率の悪いプロセスですが、受容体介在型エンドサイトーシスは効率の良いプロセスです。

これもピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの違いです。

結論


ピノサイトーシスはエンドサイトーシスの一種で、液体を細胞内に取り込む役割を担っている

また、選択的なプロセスではない。

したがって、異なる種類の溶質が液体と一緒に細胞内に入り込む可能性がある

しかし、受容体介在型エンドサイトーシスは、受容体を用いて、細胞内に取り込まれる必要のある分子を選択する

したがって、エンドサイトーシスの効率的な方法であるといえます。

このように、ピノサイトーシスと受容体介在型エンドサイトーシスの大きな違いは、その選択性です。

タイトルとURLをコピーしました