EntityとAttributeの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


エンティティとアトリビュートの主な違いは、エンティティがRDBMSのデータを表す実世界のオブジェクトであるのに対して、アトリビュートはエンティティを記述するプロパティであることです。

リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)は、リレーショナルモデルに基づくデータベース管理システムの一種である

RDBMSはデータを効率的に保存・管理し、簡単にアクセスできるよう支援する。

RDBMSはデータをテーブルやリレーションに格納する。

各テーブルは列と行で構成されています。

データベースを作成する前に、データベースを設計することが不可欠です。

ER 図は、その作業を支援するものです。

ER 図に関連する概念として、エンティティとアトリビュートがあります。

スポンサーリンク

エンティティーとは

エンティティとは、RDBMSでデータを表現する実世界のオブジェクトのことです。

たとえば、大学管理システムを想定する。

そこには、学生、講師、コース、試験などの情報が格納されている。

学生、講師、コース、試験はデータベースのテーブルとなる。

学生テーブルのレコードは、エンティティと呼ばれます。

それは、単一の学生のオブジェクトを表します。

同様に、講師テーブルのレコードは、エンティティです。

これは、1人の講師オブジェクトを表します。

これらのエンティティは、強いエンティティと呼ばれます。

もう一つのエンティティタイプとして、弱いエンティティがあります。

弱いエンティティは、他のエンティティに依存します。

例えば、試験のエンティティは、コースのエンティティに依存します。

つまり、弱いエンティティです。

ER図では、エンティティを矩形で表現することができる。

また、弱いエンティティは、二重の長方形の枠を使って表現することができます。

アトリビュートとは

属性とは、エンティティを記述するプロパティです。

もう一度、大学管理システムの例を見てみましょう。

学生エンティティは、学生ID、名前、年齢、住所、GPAなどの属性を持っています。

コースのエンティティは、コースID、コース名、期間などの属性を持っています。

さらに、試験エンティティは、試験番号、日付、開始時刻、終了時刻などの属性を持つ。

このように、属性にはさまざまな種類があります。

それらは以下の通りです。

単純な属性 – 単純な属性をさらに分割することはできません。

複合属性 – 単純な属性を複数組み合わせたもの。

例)-名前は、ファーストネーム、ミドルネーム、ラストネームで構成される。

住所は、家屋番号、通り名、市区町村などから構成される。

単一値属性 – 一つの値しか持つことができない。

多値属性 – この属性には複数の値を設定することができます。

派生属性 – この属性はRDBMSでは利用できないが、他の属性を使ってこの属性を見つけることができる。

例:生年月日から年齢を求めることができる。

ER図では、属性を楕円で表現する。

派生属性は、楕円の内側に点線の楕円を描いて表現する。

また、多値の属性は二重の楕円で表わされる。

データベースでは、テーブルのカラムが属性となる。

エンティティとアトリビュートの違い

定義

エンティティとは、RDBMSにおいて情報をモデル化して保存するためのオブジェクトであり、アトリビュートとはエンティティを定義するための特徴です。

したがって、これがEntityとAttributeの主な違いです。

機能性

さらに、EntityとAttributeのもう一つの違いは、EntityがRDBMSの主要な対象を表すのに対して、Attributeはその対象を記述することである

テーブル

また、エンティティはテーブルの行またはレコードであるのに対し、属性はテーブルのカラムです。

結論

RDBMS は最も広く利用されているデータベース管理システムの一つです。

しかし、データベースを開発する前に設計することが必要である

ER図にはEntityとAttributeが関係する。

EntityとAttributeの大きな違いは、EntityがRDBMSのデータを表す実世界のオブジェクトであるのに対して、Attributeはエンティティを記述するプロパティであることである

タイトルとURLをコピーしました