酵素活性と比活性の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


酵素活性と比活性の主な違いは、酵素活性が単位時間当たりに酵素によって変換された基質のモル数であるのに対し、比活性は全酵素の1ミリグラム当たりの酵素の活性であることである

さらに、酵素活性は与えられた条件下で存在する活性酵素の量を測定するのに対し、比活性は混合物中の酵素の純度を測定する。

酵素活性と比活性は、酵素活性を測定する2つの酵素単位です。

酵素アッセイによる酵素活性の測定は、酵素阻害だけでなく、酵素の動力学の研究にも重要です。

スポンサーリンク

酵素活性とは

酵素活性とは、単位時間あたりに酵素によって変換される基質の量をモル単位で表したものです。

酵素活性のSI単位はkatalで、mol S-1に等しい。

しかし、これはかなり大きな単位であるため、最もよく使われる単位は酵素単位(U)です。

1Uは1μmol min-1に相当する。

特に、酵素の天然標的基質については、カタル単位が想定されている。

しかし、ゼラチンや乳タンパク質などの標準化された基質に対しても、同様に酵素活性を測定することができる。

ここで、酵素活性の単位は、それぞれゼラチン消化単位(GDU)、牛乳凝固単位(MCU)となる。

図1: 基質濃度による酵素活性の変化

さらに、基質濃度は酵素活性に影響を与える。

酵素活性は基質濃度の上昇に伴い、ある時点まで上昇する。

その後、一定となる。

また、特定の酵素には、最適な活性を示すpHと温度があります。

従って、酵素の活性は与えられた条件に依存します。

従って、この測定は与えられた条件下での酵素の活性を決定することができます。

特定活動とは

比活性とは、全酵素の1ミリグラムあたりの酵素の活性を指します。

つまり、この測定値によって、混合物中の酵素の純度がわかる。

比活性は、酵素活性を全酵素の質量で割ったものに等しい。

したがって、比活性の一般的な単位はμmol min-1 mg-1です。

SI単位は、katal/kg。

What is the Difference Between Enzyme Activity and Specific Activity 図2:酵素活性と酵素の利用率

混合物中の活性酵素の量は、活性部位滴定により求めることができる。

ある基質濃度における酵素の比活性は、純粋な酵素では定数となる。

また、酵素の分子量を用いて、酵素のターンオーバー数を求めることも可能です

ここで、酵素のターンオーバー数とは、酵素が1秒間に行う触媒作用の回数のことである

酵素活性と比活性の類似性

  • 酵素活性と比活性は、酵素の活性を測定する2つの酵素単位です。
  • どちらの測定値も、混合物中の利用可能な酵素を決定するために重要です。
  • さらに、酵素の動力学や酵素阻害の研究にも重要です。

酵素活性と比活性の違い

定義

酵素活性とは、活性な酵素の存在量を測定するもので、特定されるべき条件に依存するものです。

したがって、これが酵素活性と比活性の主な違いです。

測定

酵素活性が単位時間当たりに酵素によって変換された基質のモル数であるのに対し、比活性は全酵素の1ミリグラム当たりの酵素の活性です。

重要性

酵素活性と比活性のもう一つの違いは、酵素活性は与えられた条件下で存在する活性酵素の量を測定し、比活性は混合物中の酵素の純度を測定することである

SI単位

酵素活性のSI単位はカタルであるのに対し、比活性のSI単位はカタル/kgです。

したがって、これも酵素活性と比活性の違いです。

共通単位

また、酵素活性の共通単位はU、比活性の共通単位はμmol min-1 mg-1です。

結論

酵素活性とは、単位時間当たりに酵素によって変換された基質の量をモル単位で表したものです。

ある時点で混合物中に存在する活性な酵素の量を測定するものです。

一方、比活性は、全酵素 1 mg あたりの酵素の活性です。

これは、混合物中の酵素の純度を測定するものです。

しかし、酵素活性と比活性の主な違いは、酵素活性測定の種類にあります。

タイトルとURLをコピーしました