大腿骨と上腕骨の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


大腿骨と上腕骨の主な違いは、大腿骨が上肢の長骨であるのに対して、上腕骨は上腕の長骨であることです。

また、大腿骨の長さと平均直径は上腕骨より大きいです。

また、大腿骨は人体で最も大きな骨であり、上腕骨は人体で2番目に大きな骨です。

つまり、大腿骨と上腕骨は人体の中で最も大きな長骨なのです。

大腿骨と上腕骨は、人体で最も大きな長骨であり、四肢の上部に単独で存在する。

主な対象分野

  1. 大腿骨とは
         – 定義、解剖学、機能
  2. 上腕骨とは
         – 定義、解剖学、機能
  3. 大腿骨と上腕骨の類似点とは?
         – 共通する特徴の概要
  4. 大腿骨と上腕骨の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

骨端、骨幹、大腿骨、上腕骨、長骨、上肢

スポンサーリンク

大腿骨とは

大腿骨(だいたいこつ)は、四肢動物の後肢の近位骨です。

人体で最も長く、強い骨です。

大腿骨は1,800〜2,500ポンドの力に耐えることができます。

また、簡単に骨折することはありません。

一般に、大腿骨は体重を支える役割を担い、主に脛骨の方に体重を移動させる。

大腿骨 – 解剖

大腿骨は長骨であり、骨幹と2つの骨端からなり、股関節と膝関節で隣接する骨と連結している。

図1: 大腿骨の解剖学的特徴

大腿骨は、上端が長く、球の2/3の形をしている。

また、その軸はほぼ円筒形をしている。

さらに、前に凸で後ろに凹んでいる。

これに加えて、大腿骨の下端はより大きく、立方体の形をしている。

また、顆と呼ばれる2つの長方形の突起からなる。

上腕骨とは

上腕骨は、上腕の長い骨です。

一般に、肩から肘まです。

直立した状態で体重を支えることはありませんが、人体で2番目に長く、最も強い骨です。

上腕骨 – 解剖学

上腕骨は、大腿骨と同様に、骨幹部と2つの骨端があります。

図2:上腕骨を中心とした長骨の一般的な解剖学的構造

さらに、上腕骨の上端は、肩甲骨および鎖骨と関節を形成し、胸郭を形成する。

一般に、上腕骨の頭部は半球状をしています。

 また、大結節と小結節は、縦方向に伸びる深い溝である上腕二頭筋溝によって隔てられています。

 一方、上腕骨軸は三角形から円筒形で、前外側、前内側、後方の3つの面を持ちます。

上腕骨軸の解剖学的特徴としては、三角筋の挿入部位である三角結節、橈骨神経が深部血管とともに通過する浅い斜めの溝である橈骨溝、栄養動脈が上腕骨に入る前内側面の栄養孔が挙げられます。

Main Difference - Femur vs Humerus:図3 上腕骨 – 解剖学的特徴

さらに、上腕骨の下肢は肘を形成し、下肢の前面には3つの窩があります。

それらは、肘の伸展時に尺骨の肘頭突起を受け入れる肘頭蓋窩、肘の最大屈曲時に尺骨の冠状突起を受け入れる冠状窩、肘の最大屈曲時に橈骨の頭部を受け入れる橈骨窩です。

これらに加えて、後面の解剖学的特徴として、橈骨の頭部と関節する帽状窩と尺骨と関節する転子窩があります。

大腿骨と上腕骨の類似点

  • 大腿骨と上腕骨は、人体の上肢にある対応する長骨です。
  • 大腿骨と上腕骨は、人体の上肢に相当する長骨で、上腕に単独で存在する最も長く、最も強い骨です。
  • 大腿骨と上腕骨は、人体の上肢に相当する長骨で、上腕部に単独で存在する最も長く最も強い骨です。
  • 骨端は、骨の両端にある広い部分で、内部に赤い骨髄を持つスポンジ状の骨で満たされています。また、骨端線は骨幹部で骨端線と合流し、骨端線を含む狭い部分となります。
  • 骨幹部は、骨の近位端と遠位端の間にある筒状の軸です。基本的に髄腔は黄色い骨髄で満たされた空洞の領域です。  また、その壁はコンパクトボーンで構成されており、硬くて密度が高い。
  • 一方、骨内膜は、髄腔を覆う繊細な膜状の組織です。骨の成長、修復、リモデリングは骨内膜で行われます。
  • 骨膜は髄腔の外側の線維性の膜で、血管、神経、リンパ管などを含み、コンパクトな骨に栄養を与えています。  また、腱も靭帯も骨膜に付着しています。ただし、骨端が他の骨と接して関節を形成している部分には骨膜は存在しない。
  • 関節軟骨は、関節の骨端部を覆って摩擦を減らし、衝撃吸収材として機能しています。

大腿骨と上腕骨の違い

定義

大腿骨は大腿部または後肢上部の骨で、股関節と膝関節を形成し、上腕骨は上腕部または前肢の骨で、肩と肘関節を形成します。

発生状況

大腿骨は上肢の長骨、上腕骨は上腕の長骨です。

長さと平均直径

また、大腿骨の長さと平均直径が最も大きく、上腕骨は長さと平均直径が比較的小さい。

大きさと強さ

実は、大腿骨は人体の中で最も大きく、最も強い骨であり、上腕骨はそれに次ぐ大きさで、最も強い骨です。

上肢

大腿骨の上肢には、頭部、頸部、2つの転子および隣接する構造があり、上腕骨の上肢には、丸い頭部、細い頸部および結節と呼ばれる2つの短い突起があります。

ヘッドとネックの長さ

さらに、大腿骨の頸部は長く、頭部が非常にはっきりしているのに対し、上腕骨の頭部および頸部は比較的短い。

ヘッドの形状

大腿骨の頭部は球体の約2/3、上腕骨の頭部はほぼ半球状です。

上肢の関節部

さらに、大腿骨の骨頭は骨盤の寛骨臼と関節して股関節を形成し、上腕骨の骨頭は肩甲骨と鎖骨と関節して胸郭を形成している。

骨格の解剖学

大腿骨の骨幹は細長く、ほぼ円筒形であるのに対し、上腕骨の骨幹は三角形から円筒形で、前外側、前内側、後方の3つの面を持ちます。

下肢

大腿骨下肢には上顆をはさんで2つの顆があり、上腕骨下肢には2つの上顆、2つの突起(関節突起と帽状突起)、3つの窩(橈骨窩、冠状窩、肘頭蓋窩)があります。

コンディショニング

大腿骨の顆はかなり大きく、上腕骨の顆は比較的小さいです。

下肢の関節部

大腿骨の下肢は脛骨と膝頭と関節して膝関節を形成し、上腕骨の下肢は下腕の2つの骨、橈骨と尺骨と関節しています。

ワイトベアリング

また、大腿骨は直立した状態で体重を支える役割を担っていますが、上腕骨は直立した状態では体重を支える役割を担っていません。

結論

大腿骨は上肢の長骨で、最も長くて丈夫です。

基本的に首が長い。

また、大腿骨の上端は関節で骨盤を形成し、下端は関節で膝関節を形成している。

一方、上腕骨は人体で2番目に長く、強い骨で、上腕に発生する。

一般に、上肢は胸郭を形成し、下肢は肘関節を形成するために関節を形成する。

したがって、大腿骨と上腕骨の主な違いは、その大きさ、強度、および関節の形です。

タイトルとURLをコピーしました