エミュレータとデバッガの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


エミュレータとデバッガの主な違いは、エミュレータがあるコンピュータシステムを他のコンピュータシステムのように動作させるツールであるのに対し、デバッガはコンピュータプログラムのテストとデバッグを支援するツールであることです。

組込みシステムとは、ハードウェアとソフトウェアを組み込んで構成されるシステムのことです。

特定の機能を実行し、マイクロコントローラーやマイクロプロセッサーを使用します。

さらに、メモリ、ハードウェア、ソフトウェア、コンポーネントを接続するための周辺機器などを備えています。

また、センサー、アクチュエーター、アナログ-デジタル変換器、デジタル-アナログ変換器などが含まれています。

さらに、組込みシステムの開発をサポートするツールとしては、エミュレータとデバッガが主に挙げられます。

スポンサーリンク

エミュレータとは

エミュレータとは、あるコンピュータ・システムを別のコンピュータ・システムとして動作させるためのツールです。

ハードウェアエミュレータは、ターゲットシステムの環境を提供します。

また、マイクロコントローラ、RAM、関連するインターフェイス回路で構成されています。

Main Difference - Emulator vs Debugge

ターゲット・システムをエミュレートする回路は、特定のターゲット・システムおよびプロセッサに依存しません。

例えば、電子回路のICに故障が発生したとする。

ICを配置する代わりに、エミュレータを使用してその動作を確認することが可能である

動作に問題がなければ、実際のアプリケーションを実装することができます。

全体として、エミュレータは柔軟性があり、システムの開発を容易にします。

デバッガとは

デバッガとは、プログラムのテストやデバッグを支援するツールです。

組込みソフトウェアは、ホストマシンで開発されます。

この開発工程を経て、実行可能なコードに変換されます

そして、ターゲットマシーンに組み込まれます。

組込みシステムのデバッグには、3つの要件があります。

それらは次の通りです。

実行制御 – プロセッサとメモリを起動、停止、ピークにする機能

メモリ置換 – ROMベースのメモリをRAMに置き換え、コードのダウンロードと修復サイクルを迅速かつ容易に実行できること

リアルタイム解析 – リアルタイム・トレース解析により、コードの流れをリアルタイムに追うことができます。

デバッグシステムには、2つのプロセスが必要です

テストプログラムとデバッガです。

つまり、ターゲット内のデバッグカーネルと、それと通信するホストアプリケーションです。

デバッガは別プロセスとして実行し、デバッガを実行するための実行単位を別に用意することが重要です。

エミュレータとデバッガの違い

定義

エミュレーターとは、あるコンピュータ・システムを他のコンピュータ・システムのように動作させるためのハードウェアまたはソフトウェアのことです。

 これに対し、デバッガとは、他のプログラムや対象となるプログラムのテストやデバッグを支援するコンピュータ・プログラムのことである

これがエミュレータとデバッガの基本的な違いです。

使用方法

エミュレータは、ホストシステムでターゲットシステム用に設計されたソフトウェアや周辺機器などを動作させるためのものです。

一方、デバッガは、コンピュータ・プログラムのエラーを特定し、修正するのに役立つ。

この点もエミュレータとデバッガの違いと言える。

結論

組込みシステムの開発を支援するツールとして、エミュレータとデバッガがあります。

エミュレータとデバッガの基本的な違いは、エミュレータはコンピュータ・システムを他のコンピュータ・システムのように動作させるためのツールであり、デバッガはコンピュータ・プログラムのテストとデバッグを支援するツールであることです。

タイトルとURLをコピーしました