病態生理と病態形成の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


病態生理と病因論の主な違いは、病態生理が特定の病気や怪我に関連した生理的プロセスを記述するのに対し、病因論は病気の発生を記述することである

さらに、病因論とは、病気の原因や成り立ちを記述する医学の学問分野です。

病態生理学と病因論は、病気の特徴を説明する医学の学問分野です。

病態生理と病因論は密接な関係にあるため、具体的な事例を用いないとその違いを明確にすることは難しい。

スポンサーリンク

病態生理とは

病態生理とは、特定の疾患に対応して体内で発揮される生理的なプロセスのことである

病理学と生理学の収束です。

病態とは、病気になっているときの身体の状態を集めたものであり、生理とは、宿主の身体で働く仕組みを表したものです。

したがって、病態生理とは、病態の中で宿主に生じる異常な機能変化を記述するものです。

このような機能変化が、症状の出現につながる。

What is the Difference Between Pathophysiology and Pathogenesis_Figure 1:図1 中腸上皮を移動するマラリア胞子虫

また、病態生理には、急性期、慢性期、再発性など、さまざまな病態があります。

感染症を考える場合、その病態生理は2つの段階に分けて考えることができる。

それは、コロニー形成と病態です。

宿主に侵入した病原微生物が増殖することをコロニー形成という。

このとき、宿主の免疫系はコロニー形成に対してさまざまな免疫反応を起こす。

そして、これが炎症のような様々な病態生理を引き起こします。

炎症の症状としては、発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能低下などがあります。

次に、病態に関する病態生理は、病原微生物の種類によって異なります。

 例えば、破傷風の症状には、顎のけいれん、筋肉のけいれん、筋肉のこわばり、発作、発熱、発汗などがあります。

病態生理とは

病態とは、病気の発症に至る生物学的メカニズムのことである

病因と病態進行は、病因の2つの主要な側面です。

また、病因とは病気の原因や成り立ちを表すものです。

また、組織や細胞環境の特性は、疾患の進行に重要な要素となる。

発病のメカニズムには、炎症、感染、悪性腫瘍、組織破壊などがあります。

従って、簡単に言えば、微生物が感染を起こすための機構が病原体です。

感染症では、病原微生物が体内組織に侵入し、その内部で増殖する。

これが感染症の起源、すなわち病因となります。

次に、病原微生物は宿主の免疫反応を回避するために、さまざまな機構を利用します。

このため、病原微生物は宿主の内部で生存・増殖し、健康な組織へも侵入していきます。

このように、病原性微生物は宿主の内部で進行していきます。

病態生理と病態形成の類似性

  • 病態生理学と病態発生学は、病気の特徴を説明する医学の分野です。
  • 病気を説明するときは、まず病因が先です。次に、病態生理は病気の発生を説明する。そして、病態生理は病気の生理的な過程を説明するものです。
  • また、病気の予防、管理、治療には、病態生理と病因論の両方が重要です。

病態生理と病態形成の違い

定義

病態生理とは、病気や怪我に伴う生理的プロセスの乱れを指し、発症とは、病気の発症の仕方のことである

これらの定義により、病態生理と病態形成の主な違いを説明する。

意義

また、病態生理と病態形成のもう一つの違いは、病態生理が疾患によって生体に及ぼされる機能的プロセスを記述するのに対し、病態形成は疾患に至る連鎖を記述する点です。

結果

病気を説明するとき、病態生理は病因の後に来るが、病原は病因の後に来る。

したがって、この点も病態生理と病因論の違いです。

結論

病態生理とは、特定の疾患に対して生体内で発揮される生理的なプロセスのことである

一方、病因論は、病気の発生を説明するものです。

また、病因論は病気の起源や原因を記述するものです。

したがって、病態生理と病因論の大きな違いは、それぞれの医学分野がどのような事象を記述しているかです。

タイトルとURLをコピーしました