フィンブリアとピリエの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


フィンブリアとピリの主な違いは、フィンブリアが細胞の基質への接着を担うのに対し、ピリは細菌の抱合時の接着と水平方向の遺伝子伝達を担う点です。

ビンブリアとピリは、バクテリアの表面から伸びる2本の糸状の構造体です。

この2つの構造は、細菌細胞の中でそれぞれ異なる機能を担っている。

 さらに、フィンブリアはグラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に存在し、ピリはグラム陰性菌にのみ存在する。

また、1つの細胞に存在する毛細血管の数は10本以下であるのに対し、フィンブリアは数百本も存在する。

主な対象分野

  1. フィンブリアとは
         – 定義 構造、役割
  2. 毛細血管とは
         – 定義、構造、役割
  3. 糸状菌と毛細血管の共通点
         – 共通点の概要
  4. 糸状菌と毛状菌の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

付着物、細菌、糸状構造物、ビンブリア、水平遺伝子伝達、毛細血管

フィムブリアとは

グラム陽性菌、グラム陰性菌の表面に見られる短い糸状の構造物。

また、その主な機能は、細菌を基質に付着させるための細い構造物です。

しかし、鞭毛のように細菌細胞の運動には関与していない。

また、受容体も持っていない。

さらに、菌のクラスター形成にも重要な役割を果たしている。

What is the Difference Between Fimbriae and Pili:図1:ビンブリア

赤痢菌dysenteriaeは、小腸の表面に付着するのに役立つフィンブリアを形成する細菌の一例です。

スポンサーリンク

ピリとは

毛細血管は、グラム陰性菌の表面にのみ存在する、やや長く、太く、硬い糸状の構造物です。

細菌の有性生殖法である「菌体付着」と「菌体間の遺伝子伝達」の両方を行う「菌体結合」を助ける。

細菌間の結合では、ある細菌の少ない遺伝子が、毛細管を通じて別の細菌に移される。

そして、このような遺伝子移動は水平遺伝子移動と呼ばれる。

また、有性生殖に関与する毛細血管を性毛細血管と呼ぶ。

一方、ウイルスの受容体を持つ毛細血管もあります。

さらに、IV型繊毛は運動力を発生させることができ、ぴくぴくとした運動性を生み出す。

大腸菌と淋菌は、毛細血管を持つ2種類の細菌です。

フィムリアと毛細血管の類似性

  • ビンブリアとピリは、細菌の表面から伸びる2本の糸状の構造体です。
  • どちらもタンパク質で構成されている。
  • また、両者とも鞭毛よりも短い。
  • さらに、この2つの構造は、細菌細胞が様々な構造物に付着するのに役立っている。
  • グラム陰性菌には、ビンブリアとピリの両方が存在する。
  • また、両者とも抗原性があり、宿主の免疫反応を引き起こすことができる。

フィムブリアとピリの違い

定義

フィンブリアは細菌の細胞から発生する毛のような小さな繊維を指し、ピリは細菌の表面にある毛のような極細繊維を指す。

従って、これがフィンブリアとピリの主な違いです。

発生状況

また、フィンブリアはグラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に存在し、ピリはグラム陰性菌に存在する。

番号

菌体1個あたり約200〜400個のフィンブリアが発生し、菌体1個あたり1〜10個のピリが発生するのみです。

構成

もう一つの違いは、フィンブリアがフィムブリリンタンパク質でできているのに対して、ピリはピリンタンパク質でできていることである

フォーメーション

フィンブリア形成に関わる遺伝子は細菌の染色体中に存在し、ピリ形成に関わる遺伝子はプラスミド中に存在する。

従って、この点もフィンブリアとピリの違いです。

長さ

もうひとつの違いは長さです。

直径

さらに、フィンブリアは細く、ピリは太い。

剛性

剛性もビンブリアと毛細の違いのひとつです。

毛細血管は剛性が高いが、線維束は剛性が低い。

機能

また、フィンブリエとピリの機能的な違いは、フィンブリエは基質に細菌を付着させるが、ピリは細菌の抱合を助けるということである

結論

フィンブリアは、グラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に見られる、短い糸状の構造体です。

細菌を基質に付着させるのに役立つ。

一方、毛細血管はグラム陰性菌に見られるやや長い糸状の構造で、細菌の結合を補助する。

従って、フィンブリアとピリの主な違いは、その機能と発生状況です。

タイトルとURLをコピーしました