キヌアと米の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


キヌアと米の主な違いは、キヌアは穀物ではなくガチョウの種子であるのに対し、米は穀類であることです。

さらに、米が不完全なタンパク源であるのに対し、キヌアは完全なタンパク源であること。

さらに、キヌアは炭水化物の量が少なく、低炭水化物ダイエットに適しているのに対し、米は長年にわたってクリーンな炭水化物の主要な供給源となっています。

キヌアと米は、主に食事の炭水化物源として利用できる2種類の食品です。

その栄養価の違いから、それぞれ異なるダイエットプランに適しています。

主な対象分野

  1. キヌアとは
         – 定義、栄養価、重要性
  2. 米とは
         – 定義、栄養価、重要性
  3. キヌアと米の類似点とは
         – 共通点の概要
  4. キヌアと米の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

炭水化物、食物繊維、低炭水化物ダイエット、微量栄養素、タンパク質、キヌア、米

スポンサーリンク

キヌアとは

キヌアはガチョウ科の植物の種子です。

穀物と同じように調理して食べます。

キヌアは、1カップあたり8gと、より多くのタンパク質を含んでいます。

また、キヌアは完全タンパク源でもあります。

つまり、キヌアには9つの必須アミノ酸がすべて含まれているのです。

従って、ベジタリアンがタンパク質の必要量を満たすのに最適な食材です

What is the Difference Between Quinoa and Rice_Figure 1 図1: キヌア

さらに重要なことは、キヌアには鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、マンガン、亜鉛、セレンなどの微量栄養素が豊富に含まれているということです。

また、DNAの合成や脳細胞の情報伝達に必要な葉酸も豊富に含まれています

さらに、キヌアは炭水化物の量も少なくなっています。

1カップあたり39gです。

そのため、減量に重要な低炭水化物ダイエットに適した食材です。

しかし、キヌアに含まれる食物繊維の量は少なく、1カップあたり5gとなっています。

 もう一つの欠点は、カロリーが比較的高いことです。

 調理したキヌア1カップあたり222キロカロリーです。

とはいえ、キヌアは多くの点で米のような他の穀物に勝っています。

したがって、キヌアは米の代用品として適しているのです。

ライスとは

米は、アジア原産の湿地草Oryzasativaの種子から得られる穀物です。

米の品種は大きく分けて白米と玄米の2種類があります。

玄米は籾殻を取り除いたもので、白米は籾殻、糠、胚芽をすべて取り除いたものです。

そのため、食物繊維や栄養価は玄米にしか残りません。

しかし、どちらのお米もクリーンな炭水化物源として考えることができます。

図3:米

一般的に、玄米1合には45gの炭水化物が含まれています。

また、食物繊維は1カップあたり6g含まれています。

つまり、食物繊維が豊富なのです。

通常、食物繊維は消化を良くし、消化器官の満腹感を長く保ち、腸内の善玉菌を増やします。

したがって、糖尿病のリスクを減らすことができるのです。

重要なのは、米のカロリーが少なく、1カップあたり218キロカロリーであることです。

そのため、ダイエットにも向いているのです。

しかし、米1合には4〜5gのタンパク質しか含まれていないため、タンパク質の供給源としてはあまり良くありません。

また、米は不完全なタンパク質の供給源です。

さらに、玄米はマグネシウム、リン、マンガン、セレンなどの微量栄養素の良い供給源です。

しかし、カルシウム、銅、亜鉛の含有量は少なくなっています。

さらに、血流を促進し、神経機能をサポートし、皮膚に栄養を与えるビタミンであるナイアシンも豊富に含まれています。

キヌアと米の共通点

  • キヌアと米は炭水化物の供給源です。
  • また、どちらもある程度のタンパク質を含んでいます。
  • さらに、どちらも食物繊維が豊富です。
  • さらに、どちらも他の微量栄養素も豊富です。
  • さらに、どちらも穀物であり、グルテンフリーです。
  • さらに、両方とも一年草です。

キヌアと米の違い

定義

キヌアとは、旧世界の穀物が伝来する以前から広く栽培されていたヒサカキの種子を食用とするものを指し、米とは、東南アジアの一年草のデンプン質の種子を調理して食用とするものを指します。

従って、これがキヌアと米の大きな違いです。

植物

キヌアはガガイモ科の植物(Chenopodium quinoa)の種子であり、米は沼沢草の種子(Oryzasativa)です。

で栽培されたものです。

また、キヌアはアンデス地方で、米はアジアの温暖な気候で栽培されている。

穀物

キヌアと米の重要な違いは、キヌアが穀物でないのに対し、米は穀物であることです。

カロリー

キヌアと米のもう一つの違いは、キヌアのカロリーがやや高いのに対して、米はキヌアよりカロリーが低いことです。

タンパク質含有量

さらに、キヌアには多くのタンパク質が含まれており、米には少ないタンパク質が含まれています。

タンパク質の種類

さらに、キヌアは完全なタンパク質の供給源であるのに対し、米は不完全なタンパク質の供給源です。

したがって、これはキヌアと米の大きな違いです。

炭水化物

キヌアは炭水化物の含有量が少なく、米は炭水化物の含有量が多い。

このこともキヌアと米の重要な違いです。

繊維

また、食物繊維の含有量もキヌアと米の違いのひとつです。

キヌアにはかなりの量の食物繊維が含まれており、米にはやや多めの食物繊維が含まれています。

微量栄養素

キヌアにはより多くの微量栄養素が含まれ、米にはかなりの微量栄養素が含まれています。

ビタミンB群

キヌアと米のもう一つの違いは、キヌアには葉酸が、米にはナイアシンが豊富に含まれていることです。

結論

キヌアとは、穀物と間違えて考えられているガチョウの種子のことです。

完全なタンパク質と鉄分を含む微量栄養素が豊富に含まれています。

 しかし、炭水化物の量は少ない。

一方、米は一般的な穀物の一種で、炭水化物や食物繊維を豊富に含んでいる

しかし、キヌアは炭水化物の含有量が少ないため、低炭水化物ダイエットにおいて米の代わりになります。

したがって、キヌアと米の主な違いは、栄養価の高さです。

タイトルとURLをコピーしました