ホモフォビアとヘテロセクシズムの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ホモフォビアとヘテロセクシズムの主な違いは、ホモフォビアが同性愛者や同性愛に対する不合理な恐怖や嫌悪であるのに対し、ヘテロセクシズムは異性愛が社会の文化的規範であるという前提に基づいて、同性愛者に対して組織的に偏見と偏見を持つことである

私たちの多くは、ホモフォビアとヘテロセクシズムという言葉を同じように使っていますが、これらは2つの異なる概念です。

ホモフォビアは個人の感情であるのに対し、ヘテロセクシズムは組織的な偏見と抑圧です。

しかし、ホモフォビアの感情は、最終的にヘテロセクシズムにつながる可能性があります

スポンサーリンク

ホモフォビア(同性愛嫌悪症)とは

ホモフォビアとは、同性愛や同性愛者に対する不合理な恐れのことです。

実際、ゲイ、クィア、レズビアン、バイセクシャルの人々に対する憎悪、恐怖、不信、不快感などが含まれることがあります。

また、ホモフォビアは、最終的に同性愛者に対する偏見、差別、暴力につながることもあります。

さらに、ホモフォビアは、否定的な態度、嫌悪、偏見など、さまざまな形態をとることがあります。

このほか、ホモフォビアという言葉は、1960年代後半にアメリカの心理学者ジョージ・ワインバーグによって作られたものです。

制度化されたホモフォビアは、国家が推進するホモフォビアや宗教的なホモフォビアを指す。

一方、内面化されたホモフォビアは、自分自身が同性に惹かれる経験を持つホモフォビアのことを指す。

さらに、ホモフォビアにはさまざまな起源があります。

保守的な宗教的信念に由来する場合もあれば、子どもの頃にそのような概念を教えられたためにホモフォビア的な考えを持つ人もいる。

ヘテロセクシズムとは何か

ヘテロセクシズムとは、異性愛が社会における正常な性的指向であるという前提のもと、同性愛者に対して偏見や偏見、差別を行う制度のことです。

具体的には、異性愛が社会的・文化的規範であり、異性愛者はゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーよりも優れているという前提から、異性愛主義は発生する。

これは実際、異性愛者以外のアイデンティティ、行動、関係を拒絶し、スティグマとする信念と実践のシステムです。

これは制度的な偏見であり、性差別、階級差別、人種差別などのスペクトラムに該当する。

世界のほとんどの国で、同性愛は異常な行為であり、犯罪行為とさえ見なされてきました。

ほとんどのゲイやレズビアンの人々は、同性愛に付随する汚名や偏見のために、自分の性的指向を家族や友人に秘密にしておくことを余儀なくされていました。

人々が同性愛を受け入れるようになったのは、ごく最近のことです。

ホモフォビアとヘテロセクシズムの関係

  • ホモフォビアとヘテロセクシズムは、どちらも同性愛者を差別する概念です。
  • さらに、同性愛に対する恐怖や嫌悪であるホモフォビアは、最終的にヘテロセクシズムという制度的抑圧につながることがあります。

ホモフォビアとヘテロセクシズムの違い

定義

ホモフォビアとは、同性愛や同性愛者に対する不合理な恐怖や嫌悪のことであり、ヘテロセクシズムとは、異性愛が社会的・文化的規範であるという前提に基づく、同性愛者に対する組織的な偏見・偏見のことである

基本情報

ホモフォビアは、同性愛に対する誤解、無知、恐怖から生じることがあります。

一方、ヘテロセクシズムは、異性愛が社会の文化的規範であり、異性愛者はゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーの人々よりも優れているという思い込みから生じるものです。

自然

また、ホモフォビアは一般的に個人の感情を指すのに対し、ヘテロセクシズムは組織的な偏見や抑圧を指す。

結論

私たちの多くは、ホモフォビアとヘテロセクシズムという言葉を同じように使っていますが、これらは2つの異なる概念です。

ホモフォビアとヘテロセクシズムの主な違いは、ホモフォビアが同性愛者や同性愛に対する不合理な恐怖や嫌悪であるのに対し、ヘテロセクシズムは異性愛が社会の社会的・文化的規範であるという前提に基づいて、同性愛者に対して組織的に偏見と偏見を持つことである

タイトルとURLをコピーしました