乾性壊疽と湿性壊疽の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


乾性壊疽と湿性壊疽の大きな違いは、乾性壊疽は糖尿病、動脈硬化、外傷、凍傷、けが、たばこ中毒などによって動脈血流が減少したり、閉塞したりすることによって生じるが、湿性壊疽は主に感染症に伴う静脈の閉塞によって生じるということである

また、乾性壊疽は比較的危険性が少ないのですが、湿性壊疽は敗血症を発症し、数日で死に至る危険性があります。

簡単に説明すると、乾性壊疽と湿性壊疽は、血液の供給不足によって引き起こされる組織死の一種である壊疽の2つのタイプです

重要なのは、それらに共通する症状として、皮膚の色が赤や黒に変わる、しびれ、腫れ、痛み、皮膚の破壊、冷たさなどがあることです。

主な対象分野

  1. 壊疽(えそ)とは
         – 定義、原因、症状
  2. 乾性壊疽とは
         – 定義、意義
  3. 湿性壊疽とは
         – 定義、意義
  4. 乾性壊疽と湿性壊疽の類似点とは?
         – 共通する特徴の概要
  5. 乾性壊疽と湿性壊疽の違いとは?
         – 主な違いの比較

Key Terms

乾性壊疽、壊疽、腫脹、組織死、湿性壊疽

ガングレインとは

壊疽は、組織の広い範囲への血流不足によって引き起こされる危険で致命的な状態になる可能性があります

したがって、その結果、組織が破壊され、最終的には死に至ります。

壊疽は、心臓から離れた足の指、指、足、手によく見られますが、内臓にも発生することがあります。

放置しておくと、壊疽が全身に広がり、ショック状態に陥り、命にかかわることもあります。

Main Difference - Dry vs Wet Gangrene

また、感染症、外傷、創傷治癒不良、動脈硬化、糖尿病、レイノー病、虫垂炎、ヘルニアなどの病歴があると、壊疽になることがあります。

一般に壊疽は、患部が赤や青、黒に変色し、しびれたり痛んだりすることで分かります。

また、壊疽には乾性壊疽、湿性壊疽、ガス壊疽、フルニエ壊疽などいくつかの種類があります。

このうち、乾性壊疽と湿性壊疽について、以下に説明します

このうち、ガス壊疽は、細菌感染により発生したガスが蓄積して起こるものです。

また、激しい痛みと発熱を伴い、皮膚を押すとプチプチとした音がするようになります。

一方、フルニエ壊疽は、生殖器や鼠径部が侵されます。

さらに、腸や胆嚢などの内臓も侵されます。

重要なことは、このタイプの壊疽の患者は、発熱、低血圧、激しい痛みを伴う典型的な重篤な状態になることです。

乾性壊疽とは

乾性壊疽は、局所的な組織死を伴う壊疽の一種で、最終的に組織が脱落するものです

 乾性壊疽の主な原因として、糖尿病、動脈硬化、タバコなどが挙げられ、これらは動脈閉塞を引き起こします。

滲出液や膿がなく、冷たく乾燥し、変色した付着物(「ミイラ化」とも呼ばれる)を生じることが多いため、乾性壊疽と命名されました。

通常、抗生物質と抗凝固剤の投与とともに、手術によって乾性壊疽を除去することができます。

スポンサーリンク

湿潤壊疽(しっせいえそ)とは


湿性壊疽も壊疽の一種で、敗血症を発症し、数日以内に死に至る最も危険なタイプである

細菌感染により静脈が閉塞し、組織が腫脹し、組織内にガスや細菌毒素が生成される。

滲出液や膿を出すことが多いので、”湿潤 “と呼ばれるようになりました。

また、湿性壊疽の初期の症状としては、腫れを伴う弓状の痛み、赤みを帯びた色や白っぽく見えるようになる、冷感、潰瘍化、亀裂のような感覚などがあります。

重要なことは、湿性壊疽は、局所のデブリードメントに続いて、即時の治療と入院を必要とすることです

乾性壊疽と湿性壊疽の類似性

  • 乾性壊疽と湿性壊疽は、血液の供給不足によって起こる壊疽の2つのタイプです。
  • どちらも腕や脚の組織が壊死するタイプです。
  • 主な症状は、皮膚の色が赤や黒に変わる、しびれ、腫れ、痛み、皮膚の破壊、冷たさなどです。
  • 手術、内科的治療、支持療法、場合によってはリハビリテーションが主な治療法です。

乾性壊疽と湿性壊疽の違い

定義

乾性壊疽は、動脈閉塞がある場合に発症し、壊死した組織が急激に局所的に乾燥するタイプの壊疽です。

一方、湿性壊疽は、患部組織の細菌感染によって起こる壊疽の一種を指す

メカニズム

乾性壊疽は動脈閉塞が、湿性壊疽は静脈閉塞が主な機序です。

キャラクター化

乾性壊疽の特徴は、乾燥、収縮、死んだ組織の黒色で、隣接する組織と炎症線によって明瞭に区別されることである

一方、湿性壊疽の特徴は、軟化、腫脹、水疱形成、腐敗、湿潤、暗色などです。

腐敗

乾性壊疽では血液がほとんど供給されないため腐敗は限定的であるが、湿性壊疽では臓器が血液で充満するため腐敗が顕著です。

分界線

乾性壊疽では健常部と壊疽部の接合部に境界線が存在するが、湿性壊疽では健常部と壊疽部の間に明確な境界線は存在しない。

バクテリアの生存率

乾性壊疽では細菌は生存できないが、湿性壊疽では多数の細菌が存在する。

処理

乾性壊疽は手術で治りますが、湿性壊疽は数日で死に至るので、早急に治療する必要があります

予後

乾性壊疽は敗血症が少ないため予後良好であるが、湿性壊疽は重篤な中毒のため予後不良です。

結論

乾性壊疽は、主に四肢に発生する壊疽の一種である

一般に、乾性壊疽の原因は、動脈閉塞が多い。

また、このタイプの壊疽の特徴として、死んだ組織が乾燥し、収縮し、黒色を呈することが挙げられる。

また、乾性壊疽は炎症の線が健康な組織とはっきり分かれているのが特徴です。

したがって、乾性壊疽の方が予後が良いとされています。

一方、湿性壊疽も壊疽の一種で、主に細菌感染により発生し、最終的には静脈閉塞を引き起こします

さらにその特徴として、軟化、腫脹、腐敗、暗色化などが挙げられます。

また、細菌感染が主な見分け方です。

したがって、湿性壊疽の予後は不良です。

このように、乾性壊疽と湿性壊疽の主な違いは、発生機序と特徴であることがわかります。

タイトルとURLをコピーしました