建設的批評と破壊的批評の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


建設的な批判と破壊的な批判の主な違いは、その伝え方です。

建設的な批判とは、思いやりと助けのある態度で与えられる批判であり、破壊的な批判とは、誰かを傷つけたり侮辱したりする意図で与えられる批判です。

批判には大きく分けて建設的なものと破壊的なものの2種類があります。

建設的な批判と破壊的な批判の違いを見極めることで、受けた批判に対処することができます。

主な対象分野

  1. 建設的批評とは
         – 定義、特徴
  2. 破壊的批評とは
         – 定義、特徴
  3. 建設的批評と破壊的批評の違いとは
         – 主な違いの比較
スポンサーリンク

建設的批評とは

建設的な批評とは、具体的で実行可能な提案を含むフィードバックを与える有用な方法です

これらの批評は通常、改善のための提案であり、物事をより良く行う方法を特定しています。

さらに重要なことは、建設的批評には肯定的なコメントと否定的なコメントの両方が含まれる場合があるということです。

その最大の特徴は、反対意見ではなく、友好的で親切な態度で提供されることです。

さらに、このタイプの批判は、項目や組織全体について一般的なフィードバックを提供するのではなく、明確な問題または一連の問題に焦点を当てます。

全体として、建設的な批判は、明確で、具体的で、実行可能なものです

チームワークや共同作業において、建設的な批判はパフォーマンス水準を上げ、維持するための貴重なツールです。

Main Difference - Constructive vs Destructive Criticism

例えば、記事やエッセイを批判する場合、書き手の長所と短所をコメントし、書き手が文章を改善して前に進めるように促します。

このような建設的な批評を前にして、書き手は批評家に感謝し、改善を始めるのが理想的でしょう。

破壊的批判とは?

破壊的批判とは、誰かを傷つけたり侮辱したり、誰かの創造、名声、評判、自尊心を破壊することを意図して行われる批判のことです。

この種の批判は、悪意を持って相手を傷つけることもあり、うつ病や怒り、攻撃性につながることもあります。

破壊的批評の特徴

  • 傷つけ、困らせることを意図している
  • 曖昧で非特異的
  • 個人攻撃のように感じられる(例:作品そのものではなく、その作品の作者を批判している)

簡単に言うと、破壊的な批判は、破壊的で有害なものです。

この種の批判は通常、無知の立場から行われます。

批評家の主な目的は、創作者を困らせたり傷つけたりすることです。

したがって、作品を改善するための提案やヒントがあるわけではありません。

さらに、もしあなたが誰かから破壊的な批評を受けたら、冷静さを保ち、怒ったり傷ついたりしないようにしてください。

一番の対処法は、無視することです。

建設的な批評と破壊的な批評の違い

定義

建設的な批判とは、思いやりと親切心をもってなされる批判であり、破壊的な批判とは、誰かを傷つけたり侮辱したりする意図をもってなされる批判です。

意図

建設的な批評の主な意図は、人が自分の作品を改善するのを助けることであり、破壊的な批評の主な意図は、作り手を傷つけ、困らせることである

批判された部分

建設的な批評は、作品の欠点や作り手の長所・短所に焦点を当て、破壊的な批評は、作品の作り手に焦点を当てることがあります。

ヘルプ

建設的な批評が改善のための提案やヒントを提供するのに対し、破壊的な批評はそのような手助けを一切しない。

批評の本質

また、建設的な批判は具体的で明確、かつ実行可能であるのに対し、破壊的な批判は曖昧で非具体的である

評論家

建設的な批評をする人はその分野の専門家であり、破壊的な批評をする人はその分野の知識があまりない人です。

批判への対応

建設的な批評を受けたら、その批評家に感謝し、その批評家の提案を参考に自分の作品を改善するよう努めなければなりません。

しかし、破壊的な批判を個人的に受け止め、それを動揺させるべきではありません。

無視するようにし、そのことで怒ったり傷ついたりしないようにしましょう。

結論

結論として、建設的な批判と破壊的な批判の主な違いは、その伝え方です。

建設的な批判は具体的で明確、かつ実行可能であるのに対し、破壊的な批判は曖昧で非具体的です

さらに、建設的な批判は改善のための提案やヒントを提供しますが、破壊的な批判はそうではありません。

タイトルとURLをコピーしました