印象派とポスト印象派の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

印象派とポスト印象派の大きな違いは、印象派が19世紀末のフランスで起こった芸術運動であるのに対し、ポスト印象派は同じ世紀のフランスで印象派に呼応して起こった芸術運動であることです。

印象派とポスト印象派は、いずれも19世紀後半にフランスで起こった影響力のある芸術運動です。

しかし、後期印象派は前期の印象派に対抗して生まれたものです。

したがって、フランスで起こったこの2つの芸術運動の絵画には、区別できる芸術的特徴があるのです。

スポンサーリンク

印象派とは

印象派とは、19世紀末のフランスで、急速に変化する都市環境に対する芸術的反応として生まれた芸術運動です。

また、写実主義や自然主義といった従来の芸術様式を否定し、ヨーロッパに新しい絵画のあり方を提示した芸術様式でもあります。

Main Difference - Impressionism vs Post Impressionism 図1:クロード・モネ作「グルヌイユの水浴び

印象派という名称は、クロード・モネの絵画『印象・日の出』の題名に由来している。

印象派の画家たちは、過去の芸術や歴史・神話の物語にインスピレーションを得るのではなく、現代の風景や現代生活の風景、特にブルジョアの余暇やレジャーの場面を描きました。

印象派絵画の特徴のひとつは、光や雰囲気、被写体の動きなどの一瞬の効果を利用することです。

印象派の絵画の特徴は、光や雰囲気、被写体の動きなどの一瞬の変化を、色彩を混ぜずに大胆に表現していることである

図2:ピエール=オーギュスト・ルノワール「舟遊びをするパティ」の昼食会

印象派絵画の特徴

  • 混合色ではなく、鮮やかな色彩
  • ペインティングナイフやブラシを使った、のびのびとした大まかな筆づかい。
  • 光とその変化の正確な描写を重視。
  • 非日常的な視覚的角度
  • 近代化された都市生活からの主題
  • 被写体の自由なポーズと構図

ポスト印象派とは

ポスト印象派とは、1880年代(19世紀後半)にフランスで印象派に対する反動として起こった芸術運動です。

ポール・セザンヌ、ポール・ゴーギャン、フィンセント・ファン・ゴッホ、ジョルジュ・スーラなどの先駆的な画家たちがこの運動を主導した。

イギリスの美術評論家ロジャー・フライが「ポスト印象派」という言葉を生み出しました。

図3:フィンセント・ファン・ゴッホ作「星降る夜

ポスト印象派の画家の多くは、印象派の画家として出発し、その後、印象派の画風を否定し、独自の画風を創り出すようになります。

つまり、印象派が重視した光や色彩の自然な描写を否定し、光や色彩の自然な描写を重視したのです。

その結果、ポスト印象派は、印象派が重視した光や色彩の自然な描写を否定し、対象の感情を象徴的に描写することや、画風の秩序や構造を重視するようになったのです。

印象派の画家たちがパリの都市生活を題材にしたのに対し、ポスト印象派の画家たちの多くは、このスタイルから逸脱している。

印象派の画家たちがパリの都市生活から題材を得たのに対し、ポスト印象派の画家たちの多くは、パリの都市生活から離れたところで独自の画風を確立したため、彼らの題材選びは都市生活に支配されてはいなかったのです。

その証拠に、ポスト印象派の画家たちは、象徴的な表現に重きを置いている。

しかし、印象派と同様に、色彩もまた、感情的・美的な意味の担い手として、独立した形や構成になりうると考えていた。

図4:ジョルジュ・スーラ「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後」(点描によるポスト印象派の代表的作品)

また、ポスト印象派は印象派と異なり、単独で絵を描くため、さまざまな画風を生み出しますが、一緒に展覧会を開くことも多くありました。

その結果、ポスト印象派には次のような多様な画風が生まれました。

  • ジョルジュ・スーラの点描画。
  • ゴッホのジャポニスム的な画風。
  • ゴーギャンのシンセティズム(合成主義)。
  • ポール・セザンヌの絵画形態スタイル
  • アンリ・ルソーのプリミティヴィスム(原始主義)様式など。

しかし、象徴的なモチーフの使用、不自然な色彩、絵画的な筆致など、多様なスタイルを持ちながらも、ポスト印象派には共通した性質があります。

ポスト印象派の特徴

ポスト印象派の画家たちに共通する特徴は、以下の通りです。

  • 象徴的なモチーフを用いることで、象徴的かつ極めて個人的な意味を表現している。
  • 色彩の構造、秩序、光学的効果を維持する。
  • 不自然な色彩の使用
  • キャンバスの表面への絵の具の塗布における抽象的な形態とパターンへの集中
  • 画家的な筆づかい

さらにこの運動は、表現主義、フェミニスト芸術、モダニズムなど、後の芸術運動にも影響を与えた。

ポスト印象派の画家としては、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・セザンヌ、ポール・ゴーギャン、ジョルジュ・スーラ、アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック、ポール・シニャックなどが有名です。

C

Difference Between Impressionism and Post Impressionism

定義

印象派は、19世紀末のパリで、急速に変化する都市環境に対する芸術的な反応として生まれた芸術運動です。

一方、ポスト印象派は、印象派の反動として同世紀にフランスで生まれた芸術運動です。

したがって、これが印象派とポスト印象派の根本的な違いです。

特徴

印象派とポスト印象派の大きな違いは、その特徴にある。

印象派の特徴は、鮮やかな色彩、自然な筆づかい、変化する光の正確な描写、珍しい視角の使用、近代化された都市生活を題材としたものなどです。

しかし、ポスト印象派の作品には、点描主義、ジャポニスム、絵画形式、シンセティズム、プリミティヴィズムなど、画家によってさまざまな特徴があり、そのスタイルもさまざまであった。

人気アーティスト

印象派ではクロード・モネ、カミーユ・ピサロ、アルフレッド・シスレー、エドゥアール・マネ、アルマン・ギヨミン、ポスト印象派ではフィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・セザンヌ、ポール・ゴーガン、ジョルジュ・スーラ、アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック、ポール・シニャックなどが有名です。

人気作品

印象派の代表的な作品としては、クロード・モネの『印象、ソレイユ・レヴァン』、クロード・モネの『日傘の女』、ピエール=オーギュスト・ルノワールの『舟遊びパティの昼食』、エドゥアール・マネの『フォリー・ベルジェールのバー』、グスタフ・カイユボットの『パリ通り・雨の日』などがあります。

一方、ポスト印象派の代表的な作品としては、ゴッホの「星降る夜」、ポール・セザンヌの「トランプ遊び」、アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレックの「トワレット」、ポール・セザンヌの「青い服の女」、ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後に」などが挙げられます。

これも印象派とポスト印象派の違いです。

結論

印象派とポスト印象派は、いずれも19世紀末から20世紀初頭のフランスで起こった芸術運動です。

印象派は、急速に変化する都市環境に対する芸術的反応として生まれ、ポスト印象派は印象派に対する反動として生まれた。

したがって、これが印象派とポスト印象派の大きな違いです。

タイトルとURLをコピーしました