GIT PullとGIT Fetchの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


GIT PullとGIT Fetchの主な違いは、GIT Pullコマンドはリモートリポジトリの変更点をダウンロードし、それらの変更点をマージしてローカルリポジトリに保存するのに対し、GIT Fetchコマンドはリモートリポジトリの変更点をマージせずに取得することができる点です。

大規模なソフトウェアを開発する際には、バージョン管理システムを使用することが重要です。

ソースコードに加えられた変更を追跡するのに役立ちます。

GITは、プロジェクトの状態をリポジトリに保存する、人気のあるバージョン管理システムです – 変更が行われるたびに。

さらに、安全、堅牢、高速、軽量であることが特徴です。

GitHubは、GITバージョン管理リポジトリ用のウェブベースのホスティングサービスです。

FetchとPullは、GITの2つのコマンドです。

スポンサーリンク

GIT Pullとは

リポジトリとは、プロジェクトに関連するすべてのファイルを保存するためのデータ空間です。

各開発者は、作業コピーとして自分専用のワークスペースを持つことができます。

これはローカルリポジトリと呼ばれます。

開発者は、変更点をリモートリポジトリに転送することができます。

そして、開発者はこれらのリポジトリに対して、必要に応じて操作を行うことができます

GIT Pullコマンドは、リモートリポジトリの変更点をダウンロードし、それらの変更点を結合してローカルリポジトリに格納します。

さらに、このコマンドは、開発者がリモートリポジトリで行われた変更でリポジトリを更新したい場合に便利です。

さらに、GIT pullはGIT Fetchを先に実行し、その後GIT mergeを実行するのと似ています。

GIT Fetchとは

GIT は、変更点をスナップショットとして保存するのに役立ちます。

開発者がコードに何らかの変更を加えたとき、GITはスナップショットを取って保存します。

これらの変更はコミットと呼ばれます。

pushコマンドは、これらの変更をリモートリポジトリに保存するのに役立ちます。

さらに、GIT Fetchコマンドは、リモートリポジトリで行われた変更を取得し、ローカルマシンに格納することができます。

しかし、ローカルリポジトリに変更を加えることはありません。

GIT Pull と GIT Fetch の違い

定義

GIT Pullは、リモートリポジトリから最新の変更点をダウンロードし、それらの変更点をローカルリポジトリに自動的にマージするGITコマンドです。

一方、GIT Fetch は、リモートリポジトリからコードをプルダウンして、ローカルリポジトリのブランチを追跡する GIT コマンドです。

機能性

このように、GIT Pull と GIT Fetch の主な違いは、GIT Pull コマンドはリモートリポジトリの変更点をダウンロードし、その変更点をマージしてローカルリポジトリに保存するのに対し、GIT Fetch コマンドはリモートリポジトリの変更点をマージせずに取得する点です。

協会

GIT Pull は、GIT Fetch の後に GIT Merge を実行するのと同じようなコマンドです。

  しかし、GIT Fetch は単純なコマンドです。

使用方法

GIT Pullコマンドは、開発者がローカルのコードリポジトリに変更を加え、それを更新することを可能にします

これに対して GIT Fetch は、他の開発者によってプッシュされたコミットをローカルリポジトリに統合する前に知ることができるコマンドです。

したがって、この点も GIT Pull と GIT Fetch の違いと言えます。

結論

GIT PullとGIT Fetchは2つのGITコマンドです。

GIT Pull と GIT Fetch の主な違いは、GIT Pull コマンドはリモートリポジトリの変更をダウンロードしてマージし、ローカルリポジトリに保存するのに対し、GIT Fetch コマンドはリモートリポジトリの変更をマージせずに取得できることです。

  簡単に言うと、GIT Pull は GIT Fetch に続いて GIT merge を行います。

タイトルとURLをコピーしました