神経組織と神経系の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


神経組織と神経系の主な違いは、神経組織が動物の4種類の組織の一つで神経系を構成しているのに対し、神経系は神経と細胞の複合体で、さまざまな反応に応じて体の機能を調整するものである点です。

 さらに、神経組織には神経細胞や神経膠が含まれ、神経系には主に中枢神経系と末梢神経系が含まれます。

神経組織と神経系は、構造的にも機能的にも関連した2つの構成要素であり、機能の調整を担っています。

スポンサーリンク

神経組織とは何か

神経組織とは、神経系を構成する組織の一種です

神経組織には、主に神経細胞とグリア細胞またはニューログリアという2種類の細胞が存在します。

しかし、神経細胞は神経系の主要な構造および機能単位です。

神経細胞の主な機能は、神経系全体にインパルスを伝達することです。

さらに重要なことは、この伝達は神経細胞を通して電気的に、また2つの神経細胞の間の隙間で化学信号として行われることです。

さらに、典型的な神経細胞の主な構成要素は、細胞体、樹状突起、軸索、およびシナプス末端です。

ほとんどの神経細胞の軸索は、ミエリンによって絶縁されています。

これにより、インパルスの伝達速度が向上している。

また、神経細胞のシナプス末端には神経伝達物質があり、それがシナプス間隙に放出されると、シナプス後の神経細胞に活動電位が発生する。

さらに、神経細胞は軸索の数によって、単極性、双極性、多極性に分類される。

What is the Difference Between Nervous Tissue and Nervous System:図1 神経細胞とニューログリア

一方、ニューログリアは、神経組織における2番目のタイプの細胞です。

その働きは、神経細胞を支え、神経インパルスの伝達を助けることである

末梢神経系に存在するニューログリアは、シュワン細胞とサテライト細胞の2種類です。

また、中枢神経系に見られるニューログリアは、アストロサイト、オリゴデンドロサイト、ミクログリア、および上衣細胞です。

神経系とは

神経系は、神経細胞のネットワークです。

神経系の主な機能は、体の内外の刺激に反応して体の機能を調整することです。

体内の内部環境を一定に保つのにも役立っています。

また、外界の刺激にも対応できるようになっています。

さらに、神経系の主な構成要素は、脳、脊髄、神経、神経節、および受容器と効果器です。

また、神経系には中枢神経系と末梢神経系という2つの領域があります。

中枢神経系(CNS)には脳と脊髄が含まれ、末梢神経系(PNS)には体の末梢部分の神経ネットワークが含まれます。

CNSは情報の調整を行い、PNSはCNSに対する受容器や効果器の調整を行う。

さらに、PNSは体性神経系と自律神経系にさらに分類することができる。

ここで、体性神経系は随意的な機能を調整し、自律神経系は不随意的な機能を調整する。

神経組織と神経系の類似性

  • 神経組織と神経系は、身体の構造的・機能的な構成要素の2つのタイプです。
  • その構造的・機能的な単位は神経細胞です。
  • また、両者の主な機能は、体内および体外の刺激に応じた体の機能を調整することです。

神経組織と神経系の違い

定義

神経組織とは、動物の体内の4種類の組織のうちの1つで、脳、脊髄、神経を構成する組織を指し、神経系とは、体の各部分の間でインパルスを伝達する神経細胞や神経のネットワークを指します。

したがって、これが神経組織と神経系の主な違いです。

対応

さらに、神経組織は神経系を構成する組織の一種であり、神経系は身体の機能を調整する主要なシステムの一つである

構成

神経組織と神経系のもう一つの違いは、その構成です。

神経組織は神経細胞とニューログリアから構成され、神経系は脳、脊髄、神経から構成されます。

コンポーネント

最後に、神経組織は単極性、双極性、単極性の3種類の神経細胞から構成されているのに対し、神経系は中枢神経系と末梢神経系から構成されています。

したがって、この点も神経組織と神経系の違いと言える。

結論

神経組織とは、神経系を構成する組織の一種です

神経細胞とニューログリアから構成されている。

比較すると、神経系は体の機能の調整を担う体の複雑なシステムの一つです。

また、神経系には中枢神経系と末梢神経系の2つの主要な構成要素があります。

しかし、神経組織と神経系の主な違いは、その関係です。

タイトルとURLをコピーしました