説得と操作の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


説得と操作の主な違いは、通常、説得は肯定的な結果を連想させるのに対し、操作は、一般的に、否定的な結果を連想させることです。

同様に、説得の意図は、操作が悪と負の意図を持っている間、より高貴で、正です。

人はさまざまな方法で他人に影響を与えることができます。

このように、説得と操作は、特に言葉を使って相手に影響を与える、あるいは相手と話をする2つの方法です。

この二つは、全体としては共通の見通しを持っているが、その影響や結果は異なっている。

スポンサーリンク

説得とは

説得とは、人々に何かをさせたり、信じさせたりする行為であり、それは通常、肯定的な結果をもたらす。

したがって、誰かがあなたに何かをするように説得している場合、通常それは人生においてポジティブな結果をもたらすものです。

したがって、この用語は、信仰の重要性が強調される宗教的な文脈で最も頻繁に使用され、宗教指導者が説いたことを信じて行動するように他人を説得します。

Main Difference -  Persuasion vs Manipulation

もし誰かが「それは彼/彼女が私を説得したからだ」と言うなら、それは誰かがその人に何かをするように導き、その人が最終的に良い結果を得たことを意味します

従って、操作と違って、説得には悪意がないのです。

マニピュレーションとは

マニピュレーション(Manipulation)とは、「手を使って、または機械的な手段で、特に巧みに扱う、または操作する」という意味の名詞です。

しかし、特に、巧みな、不公平な、あるいは陰湿な手段で、特に自分にとって有利になるように誰かをコントロールしたり、もてあそんだりする行為のことを指します。

このように、「操作」は、特に自分の利益のために、他人を惑わせ、犠牲にし、騙すという意図を含んでいます。

したがって、誰かに操られると、最終的に大きな害と危険にさらされることになります。

同様に、誰かが他人が自分を操っていると非難する場合、それは他人が自分をひどく扱ったり、騙していると訴えていることを意味します

従って、操ることは本質的に悪であり、不道徳です。

人を操るということは、相手に何かを失わせたり、騙したりして利益を得ようとする利己的な欲望があることを示します。

説得と操作の類似性

  • 説得と操作は、他者に影響を与える方法です。
  • どちらも、人を他の人の技術や権威に従わせ、従属させるものです。
  • また、説得と操作を行うには、巧みで積極的である必要があります。

説得と操作の違い

定義

説得とは、人々に何かをさせたり信じさせたりする行為で、通常、肯定的な結果をもたらす。

一方、操作とは、巧みな、不公平な、あるいは陰湿な手段で、特に自分にとって有利になるように人をコントロールしたり翻弄したりする行為です。

このように、これらの定義は、説得と操作の主な違いを説明しています。

意図

説得と操作のもう一つの大きな違いは、説得の意図が高貴で積極的であるのに対し、操作の意図は邪悪で非道徳的であることである

影響・成果

説得された人は、結果として何か良いものを得ることができますが、操られた人は、操った人から被害を受けたり、ひどい仕打ちを受けたりすることになります。

したがって、この点も説得と操作の重要な違いです。

信頼

説得と操作のもう一つの違いは、信頼です。

説得は相手への信頼を築くことができるが、操作は相手への信頼を破壊してしまう。

所属

Persuasionは宗教的な用語に関連し、Manipulationは不道徳な行為や邪悪な行為などに関連するものです。

結論

説得と操作はどちらも相手に一定の影響を与えることを意味するので、この2つの言葉は同義語だと考える人がいるが、それは絶対に間違っている。

その点では似ているように見えるが、両者には考慮すべき重大な相違点があります。

つまり、説得と操作の大きな違いは、説得がポジティブな結果を連想させるのに対して、操作はネガティブな結果を連想させることである

したがって、説得の意図はより高貴でポジティブなものであるのに対し、操作の意図は邪悪でネガティブなものです。

タイトルとURLをコピーしました