沖積扇状地とデルタの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

扇状地と三角州の大きな違いは、扇状地が水に運ばれた物質が堆積して形成されるのに対し、三角州は河口で河川に運ばれた土砂が堆積して形成されるという点です。

沖積扇状地と三角州は、水の流れによって運ばれてきた物質が堆積してできた地形であり、沖積扇状地と三角州は、水の流れによって運ばれてきた物質が堆積してできた地形を指す。

一般に、扇状地は山などの高台に、デルタは海に近い場所に形成される。

スポンサーリンク

沖積扇状地とは

沖積扇状地は、水によって運ばれた物質が堆積してできた三角形の地形です。

このような物質は「沖積層」と呼ばれる。

これらは通常、未固結の堆積物です。

一般に、このような地形は、山などの標高の高い場所に形成される。

これは、これらの地域では、短い距離で急激に勾配が変化するためです。

このような地形の急激な勾配のため、これらの地域を流れる川は流速が速く、そのため粗大な物質が流れにとどまることができる。

河川が平坦な地域に到達すると、流れは土砂物質を移動させるエネルギーを失う。

そして、最終的に土砂は地表に広がり、扇状地が形成される。

沖積扇状地は、近位扇状地、中間扇状地、遠位扇状地の3つに大別される。

図1: 沖積扇状地の例

沖積扇状地は、様々な大きさのものが存在する。

例えば、扇状地の基底部はメートル単位、扇状地の端部はキロメートル単位の大きさの扇状地が存在する。

また、2つ以上の扇状地が組み合わさって、連続したエプロンを形成することもあります。

沖積扇状地は、砂漠地帯に多く見られる。

これは、砂漠では、近くの丘陵地帯で雷雨による鉄砲水が発生することが多いためです。

しかし、ネパールのコシ川のように、湿潤な地域でも形成されることがあります。

また、沖積扇状地は洪水に見舞われることが多く、時には通常の洪水よりも危険な状態になることもあります。

デルタとは

デルタ(河川三角州)とは、河川の水によって運ばれた土砂が堆積してできた地形です。

河口(河川が海につながる地点)で形成される地形です。

河川の水流が河口を出て、海などの流れの遅い水域に入るときに堆積するのです。

また、河口だけでなく、湖や海、貯水池、まれに他の河川と合流する場所にも形成される。

図2:デルタの構造

この堆積物の形状や大きさは、流域のプロセスや受け入れ側のメカニズムに依存する。

また、受け皿となる水域の大きさ、形状、位置もデルタの形成に影響を与える。

古代から今日に至るまで、水域の近くには必ず農耕地があるため、これらの河川デルタは人類の文明において非常に重要であった。

さらに、これらの地形にはさまざまな動植物が生息しているため、生態学的にも重要です。

沖積扇状地とデルタの違い

定義

沖積扇状地は、水から運ばれた物質が堆積してできた、三角形の形をした地形です。

これに対し、デルタや河川デルタは、河川の水によって運ばれた土砂が堆積することによって形成された地形です。

所在地

扇状地は山岳地帯に、三角州は海洋地帯に形成される

標高

扇状地は標高が高いが、三角州は標高が低い。

フォーメーション

また、沖積扇状地は高速の水流に伴う粗大物質の堆積で、三角州は流水域と非流水域が出会うことで発生する土砂の堆積で形成される。

サイズと形状

扇状地の大きさは様々であるが、その形は常に三角形です。

デルタは通常、扇状地よりも小さく、その形状は、動いている水域と動いていない水域の性質によって異なる。

結論

扇状地と三角州は、土砂の堆積によって形成される地形です。

扇状地と三角州の大きな違いは、扇状地が水によって運ばれた土砂が堆積して形成されるのに対し、三角州は河口で川によって運ばれた土砂が堆積して形成される点です。

タイトルとURLをコピーしました