ブログ記事の長さはどれくらいがいいのか?データから読み解く

スポンサーリンク
スポンサーリンク

質の高いコンテンツを定期的に書くことは、検索エンジンでの知名度を上げるために効果的な方法です。しかし、記事の長さがランキングに影響を与えることもあります。

では、ブログ記事の長さはどのくらいがよいのでしょうか?

検索エンジンの結果に関する最近の研究をいくつか見てみると、ブログ記事の理想的な長さを判断することができます。この知識は、検索エンジン最適化(SEO)戦略全体を向上させるのに役立ちます。

この記事では、最近のデータに基づいて、SEOに理想的なブログ記事の長さについて説明します。そして、長い記事を分解して、より魅力的なコンテンツにするためのヒントを紹介します。さあ、はじめましょう

スポンサーリンク

ブログ記事の長さはどれくらいがいい?

記事の長さは、多くの場合、トピックや公開するコンテンツの種類によって決まります。例えば、デジタルマーケティングに関する詳細な記事は、速報性の高い記事よりも当然ながら多くの語数が必要になります。

一方、ハウツー系の記事の長さは、関連する方法やステップの数によって決まります。

ブログ記事の長さを決めるには、ターゲットとする読者も重要な役割を果たします。WordPressに関連する問題の迅速な解決法を探している読者には、短く、要点を押さえたコンテンツが必要でしょう。

しかし、読者が包括的なガイドやチュートリアルに興味を持っている場合は、できるだけ多くの情報を提供したいと思うでしょう。

また、SEOを考慮することも重要です。例えば、Yoast SEOでは、通常の投稿は300ワード以上(1500文字以上)を推奨しています。

Yoast SEO recommendation for how long should a blog post be

コーナーストーン・コンテンツ(すべての訪問者に見てもらいたい核となるページや投稿)については、推奨される最小文字数は4500文字です

投稿が短すぎると、Googleなどの検索エンジンに「薄いコンテンツ」と見なされてしまう可能性があります。このような記事は、読者にほとんど価値を提供しないため、Googleに無視される(あるいはペナルティを受ける)ことになります。

同時に、投稿が長すぎると、ユーザーエクスペリエンス(UX)に悪影響を及ぼす可能性があります

特に、最初の数段落で探している答えが見つからない場合、訪問者の中には長い記事で敬遠する人もいるかもしれません。

記事の長さについての研究結果

Googleは、定期的にアルゴリズムの更新を発表しています。これらは、検索結果の品質と関連性を向上させるために設計されており、通常、サイトのユーザー体験などの要因を対象としています。さらに、Googleはコンテンツの質にも注目しています。

過去には、Googleは3,000語以上の長文記事を好んでいました。しかし、最近のデータでは、検索エンジンが短いコンテンツを優先するようになったことを示唆するものもあります。

Backlinkoは最近、1180万件のGoogle検索結果を分析し、Googleの最初のページの結果の平均が1,447語を含んでいることを発見しました。それでも、他の情報源はより多くの単語数を推奨しています。

HubSpotのデータによると、ブログ記事の理想的な単語数はさらに少し多く、約2,250~2,500語です。(日本語では、5000文字程度)

HubSpotは、この長さの記事が最もオーガニックなトラフィックを持ち、最も多くのバックリンクを集めていることを発見しました。

一方、Googleはしばしば、語数はランキング要因ではないと述べています。SEO Mythbustingのビデオの中で、Googleの開発者支持者であるMartin Splitt氏は、50語でも2000語でも、ユーザーのクエリーの意図を満たすことに焦点を当てるべきだと述べています。

ある検索クエリの上位結果が約2,000ワード(10,000文字)であれば、それはそのユーザーの意図を満たすための理想的なワード数であることを示唆しています。したがって、すべての記事の文字数を固定的に設定するのではなく、ある程度の柔軟性を持たせておくとよいでしょう。

ブログ記事の長さは、記事の性質やユーザーの意図によって決定されると思われます。そのため、新しいコンテンツを作成する際には、ターゲットキーワードの上位競合をチェックし、同じような長さのものを作成することをお勧めします。

高い文字数で魅力的な投稿をする方法(4つのコツ)

これまで見てきたように、パフォーマンスの高い投稿は1,500~2,500語の範囲に収まっていることが多いようです。このことから、長い記事は、より多くのオーガニックトラフィックをあなたのウェブサイトに導くのに役立つ可能性があることが示唆されます。

しかし、記事の長さは考慮すべき点の1つに過ぎません。ここでは、読者と検索エンジンのために、より良いコンテンツを作るためのヒントをいくつか紹介します。

  1. 検索意図に注目する
  2. 量より質を優先する
  3. コンテンツを消化しやすい大きさに分解する
  4. 画像やその他のメディアを使用する

1. 検索意図にフォーカスする

先にも述べたように、Googleは特定の検索クエリに対して最も関連性の高いコンテンツを表示しようとします。つまり、検索エンジン結果ページ(SERPs)で優れたパフォーマンスを発揮するためには、検索意図を満たすコンテンツである必要があります。

この用語は、ユーザーが特定のキーワードやクエリを入力したときに、何を見つけようとしているのかを指します。

An example of a search query with relevant results

例えば、「ブログの始め方」という検索キーワードをターゲットにしている場合、記事の内容は、読者がすべてのプロセスを段階的に説明するのが理想的です。

この場合、一般的な記事よりも文字数が多くなるかもしれませんが、ユーザーの意図を十分に満たすためには必要なことかもしれません。

一方、ユーザーが「共有ホスティングとは何か」を知りたがっている場合、より短い記事でこの質問に答えることができます。このシナリオでは、簡単な概要や説明でユーザーの意図を十分に満たすことができるかもしれません。

2. 量より質を優先する

Googleは、直接的に長さを考慮しないかもしれませんが、質の高いコンテンツを優先しています。ウェブマスターガイドラインによると、ページは有益で正確な情報を提供し、関連するキーワードを含んでいる必要があります。

ユーザーの意図を汲み取ることの重要性については、すでに見てきたとおりです。しかし、あなたの記事がGoogleの品質基準を満たすためにできることは他にもあります。例えば、以下のようなことが挙げられます。

  • 読者にとって価値のある記事を作成する。
  • キーワードの詰め込みや重複コンテンツのようなブラックハットを避ける。
  • ブログの関連記事へのリンクを含め、関連するソースにリンクアウトする。

バックリンクは、ページの品質を示すもうひとつの指標です。しかし、第三者のウェブサイトからリンクを獲得することは、特にブログを始めたばかりの方には少し難しいかもしれません。

そこで、他のブログへのゲスト投稿を検討するとよいでしょう。例えば、あなたのウェブサイトの関連記事へのリンクを含む有益な記事を投稿することができます。

理想的なのは、大量のトラフィックを持つ権威あるウェブサイトでコンテンツを公開することです。

質の高いコンテンツは、ニッチな分野で権威と信用を築くのに役立ちます。これは、Googleのランキングを上昇させ、忠実な読者や顧客のオーディエンスを成長させるのに役立ちます。

そのため、文字数よりもページの中身に力を入れた方がいいかもしれません。

3. コンテンツを消化しやすい大きさに分解する

長い記事を書く場合は、読みやすく、続けやすいコンテンツにすることをお勧めします。特に小さな画面で記事を読んでいる場合、大きなテキストの塊は読者を簡単に遠ざけることができます。

これは、コンバージョンやSEOにマイナスの影響を与える可能性があります。

コツは、コンテンツを小さく消化しやすいセクションに分割することです。そのための効果的な方法をいくつか見てみましょう。

  • 短い文章と小さな段落を使用する。
  • メイントピックにはH2見出し、サブトピックにはH3〜H6見出しを使用し、コンテンツを複数のセクションに分割します。
  • リストや引用などの要素を取り入れて、コンテンツにちょっとした変化をつける。

ブロックエディタを使用している場合、セパレータやカバーブロックを使用して、大きなセクションの間に区切りを作成することができます。

Example of cover block in WordPress

これらのヒントは、基幹となるコンテンツを書くときに特に役に立ちます。コーナーストーンの記事は通常、通常の記事よりも長く、より詳細です。また、ユーザーをサイトの他の記事やページに誘導するためのリンクも含まれます。

そのため、このような重要な記事は、わかりやすくすることが大切です。そうすることで、訪問者が記事全体を読み(あるいは少なくともざっと目を通し)、記事内のリンクをクリックすることを促します。

Yoast SEOを使用している場合、このプラグインは、記事の読みやすさを向上させるための推奨事項をいくつか教えてくれます。例えば、セクションや文章が長すぎる場合は、それを知らせてくれます。

Yoast

基幹コンテンツのような深い記事を書く場合、文字数に制限されたくありません。できるだけ多くの情報を、必要なだけの文字数で提供したいものです。また、構成が明確であれば、直帰率を下げ、エンゲージメント(クリックスルーを含む)を高めることができます。

4. 画像やその他のメディアを使う

画像は正しく使用すれば、コンテンツをより面白く、魅力的なものにすることができます。また、記事のメインセクションの区切りとして使用することもできます。

長編の記事には、より多くの写真が必要になる場合があります。しかし、多くのメディアファイルを含めると、ページの表示速度が遅くなり、直帰率が高くなる可能性があります。したがって、記事で使用する画像は圧縮することをお勧めします。

さらに、画像にはaltテキストを追加するとよいでしょう。これにより、スクリーンリーダーを使用するユーザーに写真の内容を伝えることができるため、Webサイトをよりアクセスしやすくすることができます。

Example of alt text

また、altテキストは、検索エンジンのクローラーに、コンテンツに関する追加情報を提供します。これにより、検索エンジンは画像を正しくインデックスすることができ、記事のランキングを向上させることができます。

さらに、関連する動画をコンテンツに組み込むこともできます。これは、長いチュートリアルやハウツー記事を書いている場合に、特に効果的です。たとえば、トラブルシューティングのプロセスを短い映像で紹介し、文章で書かれた説明と一緒に見せることができます。

画像と同様、動画はページの表示速度を低下させる可能性があります。そのため、動画をウェブサイトに直接アップロードするのではなく、投稿に動画を埋め込むとよいでしょう。

例えば、YouTubeチャンネルに動画をアップロードし、YouTubeブロックを使って記事に挿入することができます。

YouTube embed block

メディアとテキストをうまく組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。これは、長文コンテンツのランキング向上にもつながります。

結論

しかし、Googleはしばしば、記事の長さをランキング要因として考慮しないと表明しています。むしろ、その焦点は、コンテンツの関連性と品質にあります。

つまり、「ブログ記事の長さはどれくらいにすべきか」という質問に対する短い答えは、必要なだけ長くすればいいということです。

タイトルとURLをコピーしました