RAWとJPEGの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


RAWとJPEGの主な違いは、RAW形式がJPEG形式より多くのデータを保持できることです。

写真家は、RAW形式またはJPEG形式で写真を撮影することができます。

RAW形式は、JPEG形式よりも多くのデータを含んでいます。

そのため、LightroomやAdobe Photoshop、Photomatix Pro 3などの編集ソフトウェアで作業する場合、JPEGファイルよりもRAWファイルの方が多くの編集を行うことができます。

シャドー、ホワイトバランス、ハイライトは、JPEGよりもRAW形式の方がより正確です。

簡単に言うと、RAWファイルはJPEGファイルよりもサイズが大きいです。

スポンサーリンク

RAWとは

RAWとは、デジタルカメラや映画フィルムスキャナなどのイメージセンサーから取り込んだデータを最小限の処理でまとめた画像ファイルです。

デジタル機器の機種によって、さまざまなRAW形式があります。

これらの画像は加工されていないため、そのままプリントすることはできません。

そのため、ユーザーがRAWファイルをJPEGファイルに変換して印刷する必要があります

また、RAWファイルをそのまま見ることはできません。

まず、閲覧するために加工が必要です

さらに、RAWファイルを開いたり編集したりするには、専用のソフトウェアが必要です

そのため、そのようなソフトウェアがパソコンにインストールされていない場合は、閲覧・編集することができません。

JPEGとは

JPEG は、非可逆圧縮されたデジタル画像のファイル形式です。


ストレージサイズと画質のトレードオフを選択することで圧縮を調整することが可能です

JPEG は 10:1 の圧縮率ですが、画質が多少低下することがあります。

JPEGはJoint Photographic Experts Groupの略です。

JPEGファイルは.jpgまたは.jpegのファイル拡張子を持っています。

図1:RAWとJPEGの比較

JPEGに関連するファイル形式はいろいろあります。

JPEG/Exifは、デジタルカメラなどの画像取り込み機器で使用されています。

JPEG/JEIFは、写真画像を保存し、WWW上で転送するものです。

これらのバージョンは両方とも単にJPEGと呼ばれています。

通常、JPEG/JFIFは最大65435×65535ピクセルの画像サイズに対応しています。

RAWとJPEGの違い

定義

RAWとは、デジタルカメラ、映画フィルムスキャナ、その他のイメージスキャナのイメージセンサーから取得したデータを最小限の処理で保存した画像ファイルです。

これに対し、JPEGは、デジタル画像を非可逆圧縮する方式が一般的な画像ファイル形式です。

これがRAWとJPEGの根本的な違いです。

情報

RAWファイルとJPEGファイルの主な違いは、RAWファイルの方がJPEGファイルよりも多くの情報を含んでいることです。

ファイルサイズ

また、JPEG形式のファイルサイズは、RAW形式よりも小さくなります。

RAW形式のファイルサイズが25472KBの場合、JPEG形式のファイルサイズは5877KBに相当します。

必要なメモリ容量

このように、RAWファイルはJPEGファイルよりも多くのメモリ容量を必要とします

圧縮率

RAWとJPEGのもう一つの違いは、RAWが非圧縮ファイルであるのに対して、JPEGは圧縮ファイルであることです。

保存と転送にかかる時間

JPEGファイルは、RAWファイルよりも保存や転送にかかる時間が短くなります。

読みやすさ

JPEGは、ほとんどの画像処理ソフトで読める標準的なフォーマットです。

これに対し、RAWファイルを開いたり編集したりするには、専門的な変換アプリケーションが必要です

したがって、この点もRAWとJPEGの重要な違いと言えます。

印刷と共有

RAWとJPEGのもう一つの違いは、RAW形式は印刷や共有のためにJPEGなどの画像形式に変換する必要があるのに対し、JPEGは印刷や共有に便利な形式であることです

人気度

また、RAWよりもJPEGの方が人気があります。

使いやすさ

その上、RAWよりもJPEGファイルの方が使い勝手が良い。

結論

写真家は、RAW形式とJPEG形式のいずれかで写真を撮影することができます。

RAWとJPEGの主な違いは、RAW形式がJPEG形式よりも多くのデータを保持できることです。

簡単に言うと、RAWは圧縮されていない大きなファイルで、JPEGは圧縮された小さなファイルです。

タイトルとURLをコピーしました