人体計測と人間工学の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人体測定学と人間工学の大きな違いは、人体測定学は人体やその動き、特に計測に関する学問であるのに対し、人間工学は製品や環境を使う人に合わせて設計する科学分野であることです。

人体測定学と人間工学は、非常に関連性の高い分野です。

スポンサーリンク

人体計測とは

Anthropometrics refers to the study of the human body, especially in terms of its measurements. It involves the systematic measurement of the physical aspects of the human body, mainly measurements of body shape and size. It helps to understand the average measurements of the human form, usually in tabular form. We call these measurements anthropometric data.Key Difference - Anthropometrics vs Ergonomics

人体計測データは、デザイナーが製品を設計する際に役立ちます。

例えば、ドライヤーを設計する場合、使用者の平均身長や平均腕の長さなどを測定することで、ハンドルの形状や頭からの距離を決定することができるようになる。

また、特定の製品設計のために対象者を測定する場合、設計者は一般的に平均値(中間値)を最終的な測定値として導き出す。

人体計測は、家具デザイン、服飾デザイン、建築、人間工学など、さまざまな分野で重要な役割を担っている。

人間工学とは何か?

人間工学とは、製品や環境を使う人に合わせてデザインするための科学的な学問です。

製品を設計する際に人体計測データを取り入れ、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

例えば、ドアの取っ手を製造する際、手の寸法を利用して取っ手の形状や大きさを設計します。

家具や乗り物、洋服など、さまざまな製品をデザインする際にも、同じ理論が適用されます。

もしデザイナーが製品を設計する際に人体計測データを使用しなければ、ユーザーの不快感や痛み、あるいは怪我につながるかもしれません。

また、大きさ、形、重さ、操作の位置なども人間工学的な設計に寄与する測定値です。

また、人間工学では、生体力学(筋肉、力、筋力、レバー)、環境物理学(騒音、熱、寒冷、光、放射線など)のデータも利用します。

上の画像は、人間工学が人体計測データを使って、機器や職場と人間の相互作用を最適化する方法を示しています。

例えば、椅子の高さを調節することで快適な高さに設定でき、モニターの高さや角度を調節することで画面を見やすくし、目や首への負担を最小限に抑え、テーブルの高さによってキーボードやマウスに楽に手が届くようになっています。

さらに、人間工学は、製品、ワークスペース、余暇活動、あるいは健康と安全の設計にも関わってきます。

 例えば、腰痛は世界で最も一般的な労働障害のひとつであり、オフィスや建築現場、農業従事者などに影響を及ぼすと言われています。

しかし、人間工学は、さまざまな分野の測定やデータから、安全で快適な職場づくりを支援することができるのです。

人体計測と人間工学の違い

定義

人体計測学は、人間の身体とその動き、特にその計測に関する学問であるが、人間工学は、それを使う個人にマッチした製品や環境を設計するための科学的な学問分野です。

プロセス

人体測定が人体の物理的特性(身長、体重、体型、腕の長さなど)を体系的に測定するのに対し、人間工学は製品や環境の設計に人体測定データを取り入れることを意味します

例えば、人体測定では対象者の頭囲を測定して平均値を求め、人間工学ではこの頭囲の平均値を用いて安全なヘルメットを設計することがあります。

結論

人体計測学は人体の計測を含む研究であり、人間工学は人体計測データを製品設計に利用し、ユーザーエクスペリエンスを向上させる研究です。

人体測定と人間工学の主な違いは、その焦点と使用方法です。

タイトルとURLをコピーしました