Visual BasicとVisual C++の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Visual BasicとVisual C++の主な違いは、Visual Basicがオブジェクト指向プログラミング言語であるのに対し、Visual C++は統合開発環境(IDE)である点です。

Visual Basicは、マイクロソフト社が開発したユーザーフレンドリーなプログラミング言語です。

Visual Basic .NETがリリースされる前の最終バージョンはVisual Basic 6.0です。

一方、Visual C++は、C++プログラムの作成とデバッグに特化したIDEです。

Visual C++は、Visual Studio IDEの一部です。

スポンサーリンク

ビジュアルベーシックとは

Visual Basicは、マイクロソフト社が開発したオブジェクト指向のプログラミング言語です。

BASICプログラミングをベースにしている。

また、Boolean, Byte, Char, Date, Decimal, Double, Integer, Long, Short, Stringといった様々なデータ型をサポートしている。

What is the Difference Between Visual Basic and Visual C++

オブジェクト指向プログラミングをサポートしているため、Visual Basicではすべてがオブジェクトになります。

すべてのオブジェクトは、基本クラスであるObjectを継承します。

さらに、この言語では、カプセル化、継承などのオブジェクト指向の概念を実装することができます。

プログラマーは、クラス、オブジェクト、コンストラクタ、デストラクタなどを自分のプログラムで使用することができます。

さらに、Visual Basicは、ファイル、例外、イベント処理などの機能を提供します。

また、Visual Basicのプログラムからデータベースにアクセスすることも可能です

Visual C++とは

Visual C++は、Microsoft社が開発したC++言語をサポートするIDEです。

元々はスタンドアロン製品であったが、後にVisual Studioの一部となった。

主にC++コードの開発・デバッグをサポートする。

多くのアプリケーションは、正しく機能するために再配布可能なVisual C++ランタイムライブラリパッケージを必要とします

これらのパッケージは、アプリケーションとは無関係にインストールされます。

そのため、一度のインストールで複数のアプリケーションがこれらのパッケージを使用することができます。


Visual C++ 再頒布可能パッケージとランタイムパッケージは、多くのアプリケーションが使用する標準的なライブラリとして一般的にインストールされます

Visual BasicとVisual C++の違いについて

定義

Visual Basicは、Microsoft社が提供するCOM(Component Object Model)プログラミングモデル用の第3世代イベント駆動型プログラミング言語であるのに対し、Visual C++はC++プログラムを開発するためのMicrosoft社のIDE製品です。

したがって、これがVisual BasicとVisual C++の主な違いです。

使用方法

Visual Basicは、オブジェクト指向プログラミング、GUIアプリケーションのRAD(Rapid Application Development)、データベースへのアクセス、Webプログラミングをサポートします。

一方、Visual C++は、C++プログラムの開発およびデバッグを行うことができます。

これがVisual BasicとVisual C++のもう一つの違いです。

結論

簡単に説明すると、Visual Basicはプログラミング言語のことで、Visual C++はIDEのことを指します。

Visual BasicとVisual C++の主な違いは、Visual Basicがオブジェクト指向プログラミング言語であるのに対し、Visual C++は統合開発環境(IDE)であることです。

タイトルとURLをコピーしました