倫理規定と行動規範の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


倫理規定と行動規範の主な違いは、倫理規定は企業が何が正しいか間違っているかを判断するためのモラルの基準であり、行動規範は特定の状況における適切な行動を説明する一連の規則や規定であることである

倫理規範と行動規範は、多くの人が同じものだと思い込んでいますが、2つの異なる文書です。

倫理規範は意思決定の方法を説明する文書であり、行動規範は従業員がどのように行動しなければならないかを規定するものです。

実際には、行動規範は倫理規範から直接形成され、会社のコアバリューを反映したものです。

スポンサーリンク

倫理規定とは

Code of ethics is a standard of morals by which a company makes decisions about what is right or wrong. Therefore, a code of ethics in a company helps its employees to understand the difference between right and wrong and use that understanding to make decisions. In brief, the code of ethics helps companies to conduct business with honesty and integrity.Main Difference - Code of Ethics vs Code of Conduct

さらに、倫理規定には通常、会社の価値観、会社がその価値観とビジョンをどのように実行する計画かの詳細、倫理基準とその達成方法に関する従業員へのガイダンスが含まれます。

また、法律の遵守、グリーンビジネスの推進、機密保持やプライバシーポリシーなども、倫理規範に含まれる場合があります。

行動規範とは

行動規範とは、特定の状況において受け入れられる行動を説明した規則や規制のことです。

ほとんどの企業には行動規範があります。

企業における行動規範は、専門家が組織内でどのように行動すべきかを説明するものです。

基本的に、適切な行動と不適切な行動が何であるかを決定するものです。

さらに、一般的に、ビジネスにおける主な法的、倫理的、コンプライアンス上のリスク領域をカバーしています。

また、一般的な分野としては、以下のようなものがあります。

  • 労働環境 – 機会均等、ハラスメント、薬物乱用、暴力、安全に関する方針など。
  • 会社の資産の保護 – 知的財産の保護、会社財産の使用、情報セキュリティなど。
  • 利益相反 – インサイダー取引、借入金など
  • 出席と時間厳守
  • 賄賂や汚職の禁止など

さらに、行動規範では、会社の倫理規範を実践するために、社員が何をしなければならないかを説明しています。

言い換えれば、行動規範は倫理規範の実践です。

行動規範は、実は、倫理規範から直接形成されており、会社のコアバリューを反映しています。

行動規範を読んでみたい方は、このグーグルの行動規範をご覧いただくと、非常に読みやすく、理解しやすいと思います。

倫理規定と行動規範の関係

  • 行動規範は、倫理規範を実践するためのものです。
  • 行動規範は、企業の倫理規範を実践するために、従業員が何をすべきかを説明するものです。

倫理規定と行動規範の違い

定義

倫理規範とは、企業が何が正しいか間違っているかを判断するための、価値観や道徳観に基づいた一連の原則であり、行動規範とは、特定の状況における適切な行動を説明する一連の規則や規制のことである

基本情報

倫理規範は意思決定の方法を説明する文書であり、行動規範は従業員がどのように行動すべきかを規定するものです。

フォーカス

倫理規定が価値観に焦点を当てるのに対し、行動規範はルールやコンプライアンスに焦点を当てます。

スコープ

また、倫理規範は行動規範よりも範囲が狭い。

アクセス

また、行動規範は通常、従業員しかアクセスできませんが、企業の倫理規範は一般に公開されています。

結論

倫理規定と行動規範は、多くの人が同じものだと思い込んでいるが、2つの異なる文書です。

倫理規定と行動規範の主な違いは、倫理規定は、企業が何が正しいか間違っているかについての判断を下すための道徳の基準であるということです。

しかし、行動規範は、特定の状況における適切な行動を説明する一連の規則や規定です。

タイトルとURLをコピーしました