SNRIとSSRIの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な違い – SNRIとSSRIの違い

SNRI(セロトニン・ノルエピネフリン再取込阻害薬)とSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)は、うつ病や不安障害の治療に用いられる2種類の薬剤の一種です

両者とも、脳の神経細胞によるセロトニンやノルエピネフリンなどの神経伝達物質の再取り込みを阻害し、気分を高揚させ、体内のエネルギーレベルを上昇させます。

従って、SNRIとSSRIはどちらも抗うつ薬とみなすことができます。

SNRIとSSRIの主な違いは、SNRIが慢性的な神経痛の治療に使用されるのに対し、SSRIはうつ病や不安症の治療に使用されることです。

どちらの薬も効果が出るまで数日から数週間かかります。

しかし、SNRIもSSRIも薬物中毒になることはありません。

SNRIとは

SNRI(セロトニン・ノルエピネフリン再取込阻害薬)は、脳の神経伝達物質に作用する抗うつ薬で、うつ病や慢性疼痛の治療に用いられます。

脳の神経細胞によるセロトニンとノルエピネフリン両方の再取り込みを阻害する作用があります。

セロトニンとノルエピネフリンは、ともにポジティブな感情に関連します。

ノルエピネフリンは、より具体的には、覚醒とエネルギーに関連しています。

したがって、SNRIは、大うつ病性障害、不安障害、気分障害、ADHD(注意欠陥多動性障害)の治療に使用することができます。

また、線維筋痛症、糖尿病、更年期障害に伴う神経痛などの慢性的な神経障害性疼痛の治療にも使用されます。

図1に、うつ病のサイクルと抗うつ薬の効果を示します。

図1:うつ病のサイクル

副作用

SNRIは、SSRIよりも多くの副作用を引き起こす。

これらの副作用は、自殺念慮の出現、呼吸障害、睡眠障害、じんましん、体重減少とともに出血のリスクの増加です。

また、SSRIよりも忍容性が低いです。

この副作用は急に中止すると不眠症やめまいなどの離脱症状に発展することがあります。

SSRIとは

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)とは、脳の神経細胞によるセロトニンの再取り込みを阻害する抗うつ剤のことを指します。

幸福感や喜びはセロトニンに関連しています。

SSRIによってセロトニンの再取り込みが阻害されると、脳内で利用可能なセロトニンの量が増加します

これは、シナプス間隙の神経伝達物質レベルを増加させ、ニューロンの発火を減少させる。

したがって、SSRIは中等度から重度のうつ病の治療に使用することができます。

また、不安障害、パニック障害、OCD(強迫性障害)、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療にも使用することができます。

シナプス間隙における神経伝達物質の作用を図2に示します。

図2:シナプス間隙における神経伝達物質の働き

副作用

SSRIの副作用はSNRIより軽いが、自殺願望、興奮、出血のリスク増加、勃起不全を生じることがあるので、早急に注意が必要である

SNRIとSSRIの類似点

  • SNRIとSSRIは、うつ病や不安障害の治療に用いられる2種類の抗うつ薬です。
  • SNRIとSSRIは共に、脳の神経伝達物質に作用する。
  • SNRI、SSRIともに、脳の神経細胞によるセロトニンやノルエピネフリンなどの神経伝達物質の再取り込みを阻害し、気分を高揚させ、体内のエネルギーレベルを向上させる。
  • SNRI、SSRIともに、薬効を発揮するまでに数日から数週間かかります。
  • SNRI、SSRIともに、薬物中毒のような効果は見られません。
  • SNRIとSSRIは、医師の助言なしに突然中止するべきではありません。

SNRIとSSRIの違い

定義

SNRI:SNRI は、人の気分に影響を与える脳の神経伝達物質に作用する抗うつ薬を指します。

SSRI:SSRIは、脳内のセロトニンの再取り込みを阻害する抗うつ薬を指します。

作用する神経伝達物質の種類

SNRI:セロトニンとノルエピネフリン両方の再取り込みを阻害する。

SSRI:SSRI はセロトニンの再取り込みを阻害する。

障害の種類

SNRI: SNRIは、大うつ病性障害、不安障害、気分障害、ADHD(注意欠陥多動性障害)の治療に使用することができます。

SSRI:SSRIは、中等度から重度のうつ病、不安障害、パニック障害、OCD(強迫性障害)、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に使用されることがあります。

副作用

SNRI: SNRIはSSRIより複雑な副作用を引き起こす。

SSRI:SSRIは副作用が少ない。

トレレーション

SNRI:SNRIの方が耐性が低い。

SSRI: SSRIはSNRIより耐性があります。

コスト

SNRI:SNRIの方が費用対効果が高い。

SSRI: SSRIは費用対効果が低い。

結論

SNRIとSSRIは、うつ病や不安神経症の治療に使われる2種類の薬です。

どちらも、ポジティブな感情をつかさどる神経伝達物質であるセロトニンとノルエピネフリンの再取り込みを阻害する作用があります。

SNRIは、慢性的な神経障害性疼痛の治療にも使用することができます。

SNRIとSSRIの主な違いは、うつ病と痛みの治療における役割です。

タイトルとURLをコピーしました